・Excelでデータを集計する方法ー最も速く確実なのはピボットテーブルー

Excelでこのような表を集計するには、様々な方法があります。
ここでは、「商品」別に売上金額を集計する事例を取り上げます
最も速いのは、やはりピボットテーブルです。
WS000000

1 プリントアウトして集計

表を集計するときに、最も手間がかかるのはプリントアウトして集計することです。
「こんなこと・・・・・・」と思われるかもしれませんが、意外と見かけます。
プリントアウトして、チェックしつつ、数字を拾っていく方法です。

IMG 1626

2 データを並べ替えて足していく

データを「商品」ごとに並べ替えて、SUM関数で足していく方法です。
かなり手間がかかりますし、操作ミスの可能性も高くなります。
もしデータが1万行あったら、大変です。
WS000001

3 「集計」機能を使う

Excelの「集計」機能を使う方法です。
Excel2007・2010では、[データ]タブ→[アウトライン]→[小計]をクリックします。
この「集計」の欠点は、集計したいデータごとに並べ替えないといけないことです。
そうしないと、正しく集計されません。

WS000002

このように集計することはできます。
項目が「○○ 集計」と表示されてしまうのも意外とネックです。
WS000003

4 SUMIF関数を使う

SUMIF関数は意外と難易度が高いスキルだと考えています。
正しく指定しないと、計算できません。

WS000004

このように集計できますが、前提として、「Excel、HDD・・・・・」といった商品のリストを準備しなければいけません。
これがまた手間がかかります。
WS000005


■スポンサードリンク


5 ピボットテーブルを使う

ピボットテーブルを使うと、すばやく確実に集計ができます。
操作手順は次のとおりです。
データのどこかにカーソルを置く(正しくデータが作成されていれば、どこでもいいです。)

[挿入]タブ→ピボットテーブルをクリックし、OKをクリック

集計したい項目にチェックを入れる。ここでは「商品」と「金額」

動画を作りましたので、ご覧いただけるとうれしいです。

1/30のピボットテーブル勉強会では、このような簡単な事例を取り上げます。

ピボットテーブルを全く使ったことのない方、ピボットテーブルってどんなものか知りたいという方でご都合の合う方は是非。
1/30 最初の山を乗り越えよう!ピボットテーブル勉強会

関連記事

★経営者向けメルマガ、先行登録受付中です→詳しくはこちらの記事で





【編集後記】
昨日、仕事の後、整体へ。
聞くところによると、筋肉が凝り固まって短くなっているとのこと(^_^;)
確かに最近、ひざがまっすぐ伸びないし、足首もかちんこちんが正座もできません・・・・・・。
やっぱり課題は柔軟性です。

【税理士井ノ上陽一Official Website】

「ひとりしごと」専門税理士

○税務会計相談、セカンドオピニオンについて→こちら

○セミナー・研修のご依頼→こちら

○執筆のご依頼→こちら

【Twitter】

【メルマガ】

平日に毎日配信! 『税理士進化論』

【著書】

『使える経理帳票―これ一冊でOK! Excel2010/2007/2003』

■スポンサードリンク

『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』