仕事に活かすランチ。ランチまでの時間・ランチの時間を活用する

ランチ、お昼ごはんを、時間管理に活用しています。
会社員時代も、今も同じです。
IMG 2397
↑ル・パン・コティディアン日比谷のランチ。1,800円。パンはテイクアウトできます。食べきれないので

仕事中にとる食事、ランチ

朝、昼、晩という3食のうち、仕事中にとるのは、ランチです。
(朝、晩をとる場合もあるでしょうが)

他の朝食、夕食(ディナー)とは、意味合いが違ってきます。

ランチの時間が1時間として、月20日働くとすると、20時間。
1年だと、かなりの時間を費やすのがランチです。

これを仕事にうまく活用しない手はありません。

ランチまでの時間の活用

まずは、ランチの時間までをタイムリミットとして、活用します。

会社員時代も今も、ランチまでの時間、つまり午前中に重要な仕事を片付けることが多いです。
フリーとなった今は、よりその傾向が強まっています。

今やっているのは次の3つです。

1 ランチまでの時間をできる限り長くする

まずは、ランチまでの時間をできる限り長くします。
早起きをして、4時から仕事をすれば、12時まで8時間、5時からでも7時間確保できるのです。

通常、働く時間は8時間ですので、ランチまでで十分といえるでしょう。
(なかなかそうもいきませんが)
9時からだと、12時まで3時間しかありません。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


会社員時代は、この観点がなく、早起きはしていませんでした。
フリーの方にはおすすめです。
早起きのメリットの1つは、ここにあります。
(朝型、夜型の好みはあるでしょうが)

2 ランチまでの時間にはアポを入れない

さらに、ランチまでの時間には、原則アポを入れません。
まとまった時間を確保するためです。

個人的な予定やトレーニング(ストレッチ除く)も入れないようにしています。
朝活や、朝練も基本的にやりません。

自分の時間を作り、集中して仕事をこなすためです。

3 ランチまでの時間にやる仕事を決めている

ランチまでの時間にやる仕事も決めています。
・朝のタスク(情報整理、経理、データ整理など)
・メルマガ(平日毎日)
・ブログ
はランチまでにやるルールです。
その他、考える仕事、税理士業は、この時間にやっています。
執筆は今のところ、午後から夜にかけてやるタスクです。
(だからすすまないのかもしれませんが。。)

ランチの時間の活用

ランチまでの時間を有効活用するとともに、ランチの時間も活用しています。
ひとりでいるときは、だいたい作って食べることが多いです。

・ストレスなく
・おいしいものを食べる

のが、午後への活力になると考えています。
仕事の効率化には、メンタルが大事です。
おいしいものを食べた方が、午後の仕事に、よい影響が間違いなくあります。

今の環境だからできることですが、仕事の合間に、料理を作るのはいい気分転換にもなるのでおすすめです。
お米を釜で炊いたり、パンを焼いたりというのも、やっています。
(下ごしらえを午前中にやることも。。)
【関連記事】お米をおいしく食べる幸せ! 精米機≪匠味米≫&土鍋≪Bamboo!!≫&おひつ | EX-IT
リンク

その他、ランチ時に打ち合わせをすることも多いです。
予約又は、12時前に行き、ストレスなく、おいしいものを食べます。
ランチの場所の開拓もやっておくと、仕事の打ち合わせ時に役立つのでおすすめです。

■スポンサードリンク

夜は高いお店でも、ランチはリーズナブルなことがあります。
お店開拓に、ひとりでふらっと視察にいくことも多いです。

ランチは、「休憩」「食事」というよりも、「楽しむ」ことが大事だと考えています。
ひとりでも、誰かとでも「楽しむ」ことが、仕事にも、いい影響があるはずです。

だからこそ、会社員時代は、ランチの時間を、同僚や上司と過ごしませんでした。
多くの場合、楽しくなかったからです。
仕事の延長、愚痴になってしまうこともあったので、極力さけ、自分の時間として確保していました。
(友人とランチを楽しむケースも、もちろんありました)

会社員時代のランチの時間は、自由であり拘束されているものでもあり、不思議な時間です。
寝ていたり、ゲームをしていたり、ネットサーフィンをしていたときもありましたが、たいていは、

・仕事の改善を考える、残業しないためにその時間を作る
・税理士受験時代は勉強の時間に使う
・PC、特にExcelやプログラムの勉強、研究に使う

ということに使っていました。
このランチの時間にやっていたことが、今になって活きています。
8年6ヶ月の会社員時代、ランチの時間を考えると膨大な時間です。

この時間を確保するために、就職して2年目くらいから弁当持参でした。
最初は、適当に買っていったものを食べていましたが、適当に弁当を作っていく習慣になったです。
弁当があると、外食にいかなくてすむので、つきあわないていいし、お金もかからないし、店やメニューを選ぶ時間もかからず、待たされるストレス、おいしくないストレス、毎回同じところに行くストレスもありません。

弁当をもっていくというのは、極端ですが、ランチの時間の有効活用は、会社員、フリーにかかわらず、大事です。
人生で、ランチをする回数も限られています。

ランチを楽しめない、ランチの余裕がないということは、時間管理、タスク管理、仕事の進め方に何かひずみがある証拠でしょう。
フリーになってから、そういったことが多く、ランチを適当にすませていたので、「やらないことリスト」に「牛丼をたべない」を入れて矯正しました。

安くてすぐでてきて、満腹感が得られる牛丼をさけるようにしたのです。
(牛丼自体を否定するつもりはありませんが)

今日のランチを楽しみましょう。





■スポンサードリンク
【編集後記】

気になっていた『キングダム』を30冊、Tsutayaディスカスで借りて、読み進めています。
(一度に借りれるのが30冊)
『三国志』や『項羽と劉邦』などが好きなので、これもハマりました。

Kindleもありましたが、今回はレンタルで。
30冊で3,000円くらいです。
【関連記事】懐かしい漫画、読み逃した名作。漫画を読むならKindleよりTSUTAYA DISCAS | EX-IT
リンク

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

キングダム
Apple Watchのバンド交換
品川区へ住民税手続




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』