「食っていく」→「食べていく」。しっくりくる言葉をみつければうまくいく。

私の人生において、数少ない成功の1つは、言葉をみつけたこと。
その1つは、「食べていく」です。


※家族で「食べている」 by Sony α7SⅢ+Pentax 50mmF1.4

「食べていく」をみつけた

独立後、日々書いていて、なんかしっくりいかないことがあります。
それは、うまい言葉が見つからないときです。

ひとまず表現するのですが
・なんか違うな
・自分の言いたいこととはもうちょっとこうだな
・いい言葉が見つからない
ということもあります。
今でも。

今は、「食べていく」と表現していることもそうでした。
当初、「食っていく」「食う」としていたのですが、なんか違うなと。
独立後食べていくのは、楽ではなく、生半可な覚悟じゃダメですし、ハングリーさ・たくましさも必要です。
「食っていく」のほうがいいかなと思うこともありました。

ただ、ちょっと強すぎます。
うーんと思いつつ、日々書いているうちにたどりついた言葉が、「食べていく」でした。

しっくりくる言葉を見つける効果

なーんだと思われるかもしれません。
ただ、人により思いつく言葉、たどり着く言葉は違うもの。
2014年から2015年にかけて、この言葉にたどり着きました。

ブログをはじめてから、そして、独立してから7年〜8年たつ頃です。
そのしっくりくる言葉を見つけた頃と、食べていけるようになった頃は、だいたい一致します。
偶然ではないかなと。

しっくりくる言葉は、力になります。
自分なりの言葉を見出したいものです。

その他にも、こういった言葉はあります。
・「ひとり社長」
・「ひとり税理士」
・「雇われない雇わない生き方」
・「発信」
・「独立は楽じゃないけど楽しめる」
・「影響力で拡大」
・「経営管理」
・「鍛錬」
・「1日1新」
などなど。

言葉だけではなく、自分でフレーズをつくったものもあります。

最近は、「望む仕事」というのがしっくりくる言葉です。

「食べていく」と同時期に、「働き方」から「生き方」という言葉にもたどり着きました。

2015年7月に出したこの本は、「働き方」だったのです。
(今、変えたいけど、変えられず)
ひとり税理士の仕事術―雇われない・雇わない働き方 仕事も人生も楽しむ税理士

数年たって、気づくこともあります。

言葉を見つけるためには、言葉を見つけることができる仕事をしておきたいものです。

言葉を見つける仕事

言葉を見つける仕事とは、言葉を使う仕事。
「そんなん、全部そうじゃん」
と思われるかもしれません。

確かにそうで、言葉を使わない仕事などありません。
私がおすすめするのは、さらにその上をいく仕事です。

・書く仕事→ブログ、出版、メルマガなど
・話す仕事→セミナー、YouTubeなど

こういった仕事を日々やっておくと、言葉を磨くことができます。
自分が使った言葉に違和感があれば、修正し、自分がしっくりくる言葉を探し続けることができるのです。

そして、自分がしっくりくる言葉は、お客様にも伝わるものです。
むしろ、しっくりこない言葉は、お客様ではない方・お客様になりえない方にも伝わってしまいます。

しっくりくる言葉を見つけましょう。



■編集後記
昨日は、午後にリモート経理コンサルティング。
第1回でした。

その前に、皇居ラン。
3年ぶり、事故後初です。
3/22にランの許可がおり、ちょっとずつ走り、皇居ラン1周(5km)に挑戦。
無理せず、途中でやめてもいいと決めていましたが、なんとか。
右のハムストリング、膝の内側がちょっと傷んだので、フォームを見直さなければ……。
ひさびさの晴天の皇居。いい景色でした。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

井ノ上陽一(1日1新 by Leitz Phone 1)(@1day1new)がシェアした投稿

1日1新Kindle『1日1新』Instagram『1日1新』
交通事故後の皇居ラン
とあるビル

■娘(5歳)日記→Kindle『娘日記』・ Kindle『娘日記Ⅱ』
昨日は、注射。
パパが行けなく、ママと。
ちょっと泣いたようですががんばりました。
ご褒美に、大好きなうどんセットを。
3人で一緒に食べてから帰りました。

言葉

Posted by 税理士 井ノ上 陽一