ゲーム(PS5、Switch、Xbox SeriesX)のダウンロード版とパッケージ版の違い、メリット・デメリット

ゲームソフトにはダウンロード版とパッケージ版があります。
その場合にはパッケージ版を買う主義です。

※Switchとゲームソフト by Panasonic G100

 

ゲームのダウンロード版のメリット

テレビゲーム、Switch、PS4、Xbox One X(S) のゲームソフトはパッケージ版(スイッチはカードその他はディスク)とダウンロード版があります。
(ダウンロード版のみのゲームもあります。)

ダウンロード版のメリットは。
・買えばすぐ手に入る=ダウンロードできる
・カードやディスクを入れ替えなくてよい
・ゲーム中の読み込みが速い場合がある
・セールで安くなる
・パッケージ版の置き場所がいらない
というものです。

発売日の0時から手に入り、プレイできますので(最近は事前にダウンロードできることもあります)、若かりし頃だったらダウンロード版を買うことも増えていたかもしれません
今は0時に起きていないことが多いですし、0時からゲームをしても眠くて0時半ぐらいには寝るでしょうから。

カードやディスクを入れ替えなくていいのは楽です。
リビングのテレビからは離れた位置に座っていますので、どっこいしょとカードやディスクを入れ替えに行かなくてすみます。

そしてダウンロード版は読み込みが速いということもあり、PS4や Xbox ではさほど感じませんが、Switchでは読み込みの速さを感じました。
ゼルダの伝説ブレスオブワイルドは、かなりいいゲームで長時間楽しむということもあったので、多いロード時間(読み込み)を少しでも短縮するため、ダウンロード版を買い直したくらいです。

Switchのダウンロード版はそうでもありませんが、PS4や Xbox のダウンロード版はセールでかなり安くなることがあります。
パッケージ版の中古と価格と比べて、安ければ買うことが多いです。

Xbox は日本国内では人気がないということもありパッケージ版も出回らず、中古市場でもそれほど値段が下がりません。
ダウンロード版をセールで買うことがほとんどです。
パッケージ版で持ってるのはほぼありません。
PS4、Switch だとパッケージ版の中古(Amazonやメルカリ)のほうが安いことが大半です。

その他、たとえばSwitchだとちょくちょくプレイするであろう JUST DANCE やフィットボクシングはダウンロード版で買いました。
ちょくちょくプレイできてませんが……。

ダウンロード版は置き場所がいらないというメリットもあります。

ダウンロード版にはこういったメリットもあるのですが、基本的にはパッケージ版を買う主義です。

 

ゲームのダウンロード版のデメリット

ゲームでパッケージ版を買う主義である理由は、ダウンロード版にはデメリットもあるからです。
そのゲームがつまらなかった場合や、クリアした場合にも売れません。
(基本的にクリアしたら売ります。高値のうちに)

ゲームソフトの金額は新品だと7,000円から8,000円。

ゲームによりますが、売ると3,000円から4,000円になります。
メルカリだと5,000円から6,000円で売れることも。

クリアしたゲームはだいたい売っていて、7,000円で買って数10時間楽しんで、4,000円で売れれば差額の3,000円で、数十時間遊んだことになります。
ゲームをそれほどお金がかからない趣味なのです。
(課金が必要なゲームを除く)。

つまらなかった場合も7,000円で買ってすぐ売れば5,000円で売れることもあるので、2000円の損失ということになります。

先日、評価の高いゲームを買いましたが、私には合わずすぐにメルカリで売ったところ、6,000円で買ったゲームが、6000円ちょっとで売れ、手数料を加味してもちょっと利益が出るくらいでした。

もちろん値崩れし打ってもそれほどの値段にならないこともあります。
クリアしたら売れるというのも楽しみだったりしますので、基本的にはパッケージ版を買っているわけです。

ダウンロード版のメリットがあるとしても。。

パッケージ版とダウンロード版の関係は、CD(音楽)、本そしてパソコンソフトなどにもいえます。
ただCDや本はゲームに比べると値段が高くなく、パソコンソフトは売るということがなかったり市場がなかったりしますので、ダウンロード版のデメリットが薄れます。

その他、ダウンロード版のデメリットは、保存する容量が必要なことでしょう。
Xboxでは、外付けHDD、SwitchでもSDカードを使っています。
PS4は、本体の容量で間に合うくらいしかダウンロード版を買っていません。

そして次世代のゲーム機、PS5(2020年11月12日発売)や Xbox Series X(2020年11月10日発売)は、ディスクドライブがなく、ダウンロード版しか楽しめないというバージョンも発売されるのです。

(現行のXboxもディスクドライブなし版はあります)

ゲーム機は、ディスクドライブありかなしか

ディスクドライブがあるかどうかの違いがあり、ディスクドライブがあればパッケージ版もダウンロード版も楽しめますが、そうでないものはダウンロード版しか楽しめません。

プレステ5だと
・ディスクドライブあり→49,980円+税
・ディスクドライブなし→39,980 円+税。

Xbox だと、
・ディスクドライブあり(Series X)→49,980円+税
・ディスクドライブなし(Series S)→32,980円+税。
さらには性能の違いもあります。

私はどちらもディスクドライブありを買う予定です。
(手に入れることができれば。PS5のAmazon先着には敗れ、抽選予約を申し込みます。)

ディスクドライブなしだと本体価格は安くはなりますが、ゲーム機を数年使うと考えるとパッケージ版が使えるディスクドライブありを買っておきたいものです。

性能差がある Xbox はなおさらでしょう。
今回も日本では人気がないのでしょうが、私はずっと Xbox シリーズは愛用しています。
これでしか楽しめないゲームもありますので。

現行機の Xbox Series X は 4KUHDを再生できます。
PS4、PS4Proは、再生できません。

ブルーレイよりも 4KUHDは、映像がさらにきれいです。
マーベルのアベンジャーズシリーズやスターウォーズ、ガンダム(逆襲のシャア、サンダーボルトは対応)などを楽しんでいます。

・4KUHD版が出ているソフトが少ない
・4K対応のTVがないと存分に楽しめない
・4KUHDはブルーレイよりも高い(3,000円ほど)
といったことは注意しなければいけません。
Xbox One XがPS4Pro・Switchより優れていること。4K・HDR・ドルビーアトモス・独占タイトル・下位互換性・4KUHD

次世代のPS5とXbox Series X はどちらも4KUHDが再生できます。
これを目当てにディスクドライブありを買ってもいいでしょう。

考え方によっては、すぐプレイできる、ディスクを入れ替えなくていいというダウンロード版のメリットが大きくなる場合もあるでしょうね。

参考にしていただければ。



■編集後記
昨日は、原稿チェック、打ち合わせ。
届いたマリオをちょっとだけやりました。
オンラインヨガは、最近サボりがちだったので、みっちり1時間。

「1日1新」
Switch スーパーマリオ3Dコレクション

■娘(3歳5ヶ月)日記
「ご飯のときに大事な発表があるよ」と言うと、とてもご飯まで待てず、「なになに?」と。
しかたなく発表しました。
発表内容には喜んでもらえたようです。

■YouTube更新情報
本の非効率な選び方 – YouTube