早起きのメリットを人生全体に。早起きを続ける理由。

早起きには多くのメリットがあります。
そのメリットを朝だけにしておくのはもったいないです。
IMG 5558 1
※朝日とお台場ユニコーンガンダム iPhone 7 Plus

早起きのメリット

早起きにはメリットがあります。
だからこそ、「早起きしたい」と思うわけですし、早起きに挑戦するわけです。

一般的に考えられるのは、
・通勤電車がすいている(道がすいている)
・ひとりの時間ができる
・電話がならない
・先手で仕事ができる
・モチベーションが上がる
でしょう。

ただ、ひとりしごとの場合は、人生全体の時間管理が欠かせず、時間管理ができます。
早起きにこだわらないという考え方もあるでしょう。

早起きのメリットを人生全体に広げる

早起きのメリットを人生全体に広げて考えてみました。

・通勤電車がすいている(道がすいている)
→通勤しなければすいている・すいていないも関係なくなります。
私は通勤していません。

・ひとりの時間ができる
→朝だけがひとりの時間というわけではありません。
日中にも夜にもつくることはできるはずです。
私は少なくとも1日は、予定をブロックして、ひとり時間をつくっています。

・電話がならない
→電話を使わなければ邪魔されません。
私は使っていませんし、一応アプリで通話はできますが、通知はオフです。

・先手で仕事ができる
→早起きしなくても先手で仕事ができます。
午前中にアポを入れない主義なので、少なくとも午前中は先手を打てるわけです。

・モチベーションが上がる
→モチベーションが上がる方法は、他にもあります。
ブログを書く、自分に合った仕事をやる、自分に合った仕事の依頼がくる、自分に合った人と付き合うなどです。
逆にモチベーションが下がるものは徹底して排除しています。


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


それでも早起きをする理由

こう書くと、「早起きしなくてもいいんじゃね」とも思いますが、私はそれでも早起きをしています。

それは次のような理由があるからです。

ひとり時間をかたまりでつくれる

午前中にアポを入れなければ、ひとりの時間を午前中に持てます。
9時から12時としたら、3時間。
早起きすれば、このひとり時間が増えます。
4時に起きれば、4時から9時の5時間。足すと8時間。

このかたまりでひとり時間をつくれることが大きなメリットです。
朝食や、娘と朝風呂入る楽しみで、中断はありますが、このかたまりがほぼ毎日つくるために早起きを続けています。

イメージがいい

「昼に起きて午後と夜に仕事をする」も「早朝に起きて仕事をする」も同じくらいの時間を仕事にするわけで、集中しようと思ったら夜でもできます。
ただ、早起きのほうが少数派で、なかなか継続しないこともあり、早起きのほうがどうしてもイメージがいいでしょう。

ひとりしごとの場合、イメージやどう見られるかは重要な要素です。
その1つになるなら早起きを続ける理由にもなります。

午後の自由度が上がる

早起きし、先手を打って仕事をすると、午後の自由度も上がります。
なんなら、遊んでもいいわけです。
昨日は、トライアスロンバイクのトレーニングにでかけました。
夏は朝走ったほうが多少は楽なのですが、冬は昼走ったほうが断然楽しいです。

もちろん、急な仕事の打ち合わせにも対応できます。
友人と「今日ランチ行こうか」と出かけることも。

そういった午後の自由度も上げるためにも早起きを続けています。

リスクヘッジになる

早起きしておけば、リスクヘッジになります。
仕事が切羽詰まってきても、早起きの習慣があれば、十分時間があり、体勢をたてなおすこともでます。

朝起きて体調が悪ければ、病院へ行くこともかんがられますし、その結果大事に至らないことも多いです。

原則として4時に起きるようにしておけば寝坊のリスクヘッジにもなります。
寝坊しても6時〜6時半には目がさめるので、まだまだなんとかなるからです。

トラブルはつきものですので、そのリスクヘッジとして早起きを続けています。

習慣を確実にこなせる

早起き+午前中アポなしで、習慣を確実にこなせます。
私がブログを毎日更新(今日で3,700日)できているのは、早起きのおかげです。
その他、
・経理
・タスク管理
・Evernote整理
・データ整理
・体重計測
・メルマガ
・やらないことリストをみる
・1日1新、娘日記をつける
といった習慣を、確実にかつ同じ時間帯にできるのは大きなメリットといえます。

早起きのメリットを人生全体で考えると、続けやすくなるのでおすすめです。
人生全体の時間をどう使いたいかを考えると、早起きは必然となります。

むしろ、人生全体を考えるきっかけに早起きはなりえるものですので、最初は、機械的にとにかく起きることからはじめて、ひとり時間をちょっとずつ増やしていくことからやってみましょう。

前述したように、必要なければ早起きをやらなくてもいいでしょうし、もし早起きできないなら「必要ないってことなんだろうな」と思うのも1つの考え方です。
このブログも必要だからやっていますし、運動も必要だからやっています。

今朝は早起きランに。
だいぶ完成に近づいてきました。変形もするようです。
9/24に稼働するのですが、その日に東京にいないのは、一生の不覚なり。。。
IMG 5563


【編集後記】

昨日は、役所に用事があったので、昼前後にトライアスロンバイクで往復30km。
ただ、さすが35℃、暑くて苦戦しました。
水を補給しつつなんとか。

帰宅してシャワー浴びて、その後個別コンサルティング。
予定通りではありましたが、遅れるわけにはいかないので車が少ない道を選び飛ばしに飛ばしました。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

法務局までトライアスロンバイクで
ナチュラルハウス ハンバーグ

【昨日の娘日記】

■スポンサードリンク

ちょっと重くなったなぁと思って、体重計ではかってみると6.8kgでした。
顔もちょっとふっくらして。
離乳食の影響かもしれません。
「ふっくらしたね」とは言わないようにしています。

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』