早起きするのは少数派だから。少ないほうを選ぶ生き方。

それなりにデメリットもある早起きをやっているのは、少数派だからです。
少数派こそ違いをつくれます。

IMG 7520 2
※ウラジオストクにて iPhone 7 Plus

早起きしても仕事ができるとは限らない

「早起き」というと、いいイメージがあります。
私もそのいわゆる「早起き」をしているわけですが、早起きしているから仕事ができるとは限りません。

・朝起きても、日中の集中力が途切れたら、それほど効率的ではない
・冬の朝は、寒くて暗いので効率はかえって落ちることも
・夜のイベントに参加できない、起きてられない
・朝は予定が入らず電話も鳴らないというけど、終日そういう状況にもできる。ひとりだし。

その他こんなデメリットもあります。
・旅行に行ったときも、早く目が覚めてしまう(ロシアでも3時に目が覚めた)
・旅行に行ったときも、早く寝てしまう(昨日は20時頃には就寝。クルーズの夜のイベントはほぼ参加できず)
・旅行に行ったとき、朝食が待てない(6:30や7:00なので。今もりんごをもしゃもしゃ)
・娘(0歳7ヶ月)よりも早く寝てしまうことも多い
・夜、ゲームをしようと思っても眠くなる
・早朝から動き出すので、家族、チームメイトには迷惑なことも

と、いいことばかりではないわけです。

早起きは少数派

それでも早起きをやっているのは、メリットがあるからで、その1つは、少ないからです。
ひとりしごとだと、いつ起きてもいいし、何時から仕事をしても問題ありません。
むしろそれがひとりのいいところでしょう。

そんな中、早起きは少数派で、ざっと考えても3割くらいと思っています。
そのうち、「早起き」であることを発信している割合はもっと少ないものです。

少数派であるということは、違いがつくれます。
何かしら「違い」が必要なひとりしごと。
早起きで違いがつくれるなら安いものです。

ただし、少数派であっても、発信していないと意味がありません。
「実は」
「こっそり」
「自分もやっている」
というのは、ひとりしごとの世界では、やっていないも同じです。


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

何かしら少数派であるもの、違いになるものは、発信しておきましょう。
発信しないと、少数派であるかどうかもわかりません。
発信してみてわかることもありますし、発信するようになると周りをよく見るようになるので、「少数派」か「多数派」かがわかるようになるからです。

遅起きもおもしろいし、少数派

早起きをやっている理由が少数派だとするなら、少数派なら早起きでなくてもいいということになります。

遅起きも少数派でしょうし、おもしろいです。
先日、ひとりしごとで、「12時、13時に起きて仕事を始めています」という方がいらっしゃいました。
その方とは14時頃から19時すぎまで一緒に過ごし、早起きと遅起きが同時に過ごせる貴重な時間帯でした。
こういった少数派も面白いものです。

独立しているというだけで少数派ですが、さらに少ないほうを目指してみましょう。
それが違いになります。
「多数決」という言葉のせいで、多いほうがいい、安心するというイメージもありますが、決してそうではなく、違いがある、抜きん出るというのは、少ないからです。

その少数派は、両極端に位置しているので、
:新しいからいい、古いからダメ
・早いからいい、遅いからダメ
・大きいからいい、小さいからダメ
というわけではなく、どちらもありうる道ですし、共存できます。

EX IT

独立して、いい意味でレールから外れることができたのですから、より少ないほうを目指してみましょう。
少ないほうへ行けば、強みや武器も見つかるはずです。
大多数の中では競争しなければいけませんしね。


【編集後記】
昨日の朝、ロシア(ウラジオストク)に到着。
ツアーに参加し、市内を観光しました。
思ったより寒くありません。
久々の大地、楽しめました。

【10/31までに300kmラン】
+5.1km 194.2km

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

ウラジオストク
ウラジオストクの土産物屋
ウラジオストクのアイス
ウラジオストクでラン(デッキ)
ビールパッケージ

■スポンサードリンク

【昨日の娘日記】
初海外がロシア(ウラジオストク)となった娘。
将来ネタにできるかもしれません。

■スポンサードリンク



■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

■1日1新 Instagram
@1day1new
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』