iPadで、PCファイルを開く方法ーiTunes、Dropbox、GoodReader、UPADー

PCのファイル(PDFなど)をiPadで見る方法は様々なものがあります。
そのうちおすすめのものを紹介します。
iPhoneでも同じことができます。
DSC00126

iPadでPCのファイルを開く方法

iPadでPCファイルを開くには、様々な方法があります。

ケーブルつないでiTunes

もっともシンプルなのは、PCとケーブルでつないでiTunesで転送する方法です。
iTunesのiPadメニューから[App]を選び、下の方で、アプリごとに[追加]をクリックし、
スクリーンショット 2014 01 10 11 41 13

PCのファイルを選択します。
スクリーンショット 2014 01 10 11 41 26

手元にケーブルがあり、PCもあれば、これが楽でしょう。

Dropboxで開く

PCでDropboxをインストールし、Dropbox内にファイルを入れておけば、iPadのDropboxでファイルを開くことができます。
PCとiPadで同じID(メールアドレス)でログインすることにより、同じDropboxにアクセスできるのです。
スクリーンショット 2014 01 10 11 58 40

iPadのDropboxで開いた後は、このようにさらに別のアプリで開けるようになります。
IMG 0019

Dropbox

無料
(2014.01.10時点)
posted with ポチレバ

私はこっちでやることが多いです。
ケーブルをつながなくても、できますからね。
もちろんネットにつながっていることが条件となります。
Appleのクラウド、iCloudを使うこともできますが、私は常時Dropboxを使っているのでiCloudはほとんど使っていません。

GoodReaderならオフラインでも見ることができる

Dropboxのしくみを使い、GoodReaderで開くのも便利です。
GoodReaderで一度開けば、オフライン(ネットにつながってない状態)でもファイルを見ることができます。
常にiPadに入れておきたいファイルを入れておいてもいいでしょう。
ケーブルをつなぐ方法だと、複数のファイルを一度に移動できます。
サイズの大きなファイルでも大丈夫です。

設定をしておけば、iPhoneのGoodReaderアプリから直接開くこともできます。

①GoodReaderを開き、[Connect]→[Connect to Servers]の[Add]をタップします。
IMG 0007

②一覧が出てきますので、Dropboxを選択します。
IMG 0008

③適当な名前をつけてください

IMG 0009

④ID、パスワードを入れると、Dropbox内のファイルを見れるようになります。
IMG 0010

IMG 0008

GoodReader for iPad

500円
(2014.01.10時点)
posted with ポチレバ

PDFに書き込むならDropbox→UPAD

PDFに手書きやペンで書き込みたいなら、UPADがおすすめです。
GoodReaderでも書き込めるのですが、書き込むモードとページ移動のモードを切り替える必要があり、ちょっと使いにくく感じます。

UPADへは、次のいずれかの方法で取り込みましょう。
・ケーブルをつないでiTunesで取り込む
・Dropboxで開いて、[このアプリで開く]でUPADを選ぶ。

書籍、原稿の校正、書類のチェックは、このUPADを使っています。
500円しますが、その価値はあります。
さんざん試した結果UPADにたどり着きました。

これまで、どれだけPDF加工アプリにお金を捨ててきたことか・・・(T_T)
ぜひ使ってみてください〜。

UPAD

500円
(2014.01.10時点)
posted with ポチレバ

・「UPAD」でiPadでの校正に再度挑戦したら、なんとかできました。 | EX-IT

今、税理士受験をするとしたら……PC活用勉強法 | EX-IT





【編集後記】
昨日は、個人事業主の方に法人化のコンサル。
昨日書いた記事は、その予習でもありました(^^)/

■スポンサードリンク

【1日1新】
※詳細は→「1日1新」
・マル秘ミッション2件
・事務所近くの和食屋初体験