iPhone(iOS)とAndroid、MacとWindowsのどちらでも使えるサービス・アプリを使っておこう。

スマホ、PC、タブレットは、主に2種類のものがあります。
今後に備えて、どちらも使えるようにしておくのがおすすめです。

※自宅にて α7

スマホ(タブレット)、PCの選択肢

仕事に欠かせない、スマホ、PC。
スマホには、iPhone(iOS)とAndroid。
PCには、MacとWindows。

これらのどちらかを使っていることでしょう。
ただ、今後、もう片方が気になったり、魅力的な製品になったりして、もう片方を使うことがあるかもしれません。

私は、それぞれどちらも使っています。
どちらも使えるように身軽にしておき、選択肢を広げておいても損はありません。

特に、Appleの製品から他に移るときには注意が必要です。
Apple独自のサービス・アプリは多いからです。

どちらも使えるようにするには、共通している、
・Google
・Evernote
・Dropbox
・Adobe
・Micorosoft Office
などを使うのがおすすめです。

iPhone(iOS)とAndroid

iPhone(iOS)とAndroidを併用、切替するには次のような点に注意しましょう。

カレンダー

iPhoneでiCloud(Appleのサービス)のカレンダーを使っている場合、Androidでも見れないことはないのですが、少々やっかいです。
カレンダーは両方共通のGoogleにしておいたほうがいいでしょう。


■スポンサードリンク

カレンダーアプリ

iPhoneの名アプリ、MocaがAndroidにはありません。
これはいたしかなく、Androidでは純正のカレンダーを使っています。

IMG_0168

メール

これもiCloudメールをつかっている場合、Androidでも使えますが、Googleのメール、Gmailにしておいたほうが設定はかんたんです。

メールアプリは、両方ともInbox(Googleのメールアプリ)を使っています。
が、2019年3月にInboxがなくなるので、頭が痛いところです。

写真(フォト)・動画

iPhoneで、iCloud、フォトストリームを使っていると、Androidでも見るようにするのは大変です。
これもGoogleフォトにしておけば、両方で見ることができます。

音楽

意外にも、AndroidにもAppleMusicはあります。
両方で使うこともできますが、私は、ミュージックフリーの関係で、Amazonミュージック(両方で使える)、d-ヒッツに変更しました。
過去の音楽は、Googleミュージックを使ってストリーミングで聴いています。

音楽聞き放題SIM OCNのMUSICカウントフリー+独占アーティストが多いdヒッツ+αという組み合わせ。 | EX-IT

FastEver2

iPhoneの必須メモアプリ、FastEver2がAndroidにはありません。

ただ、同様のことはできます。
ウィジェットで、[Evernoteアクション]を選択し、[簡易ノート]と設定すれば、タップしてすぐにメモをがとれます。
Screenshot_20180927-134203

Androidは、Googleアシスタントが使いやすいので、声でEvernoteにメモすることが多いです。

口も使うAI仕事術。Google Home×経理・Evernoteメモ、Googleドキュメント×執筆。 | EX-IT

AppleWatch

iPhoneを手放すならAppleWatchも手放さなければいけません。
iPhoneがないと更新、設定ができないからです。
私がiPhoneを完全に離れるのは、AppleWatch問題が解決してからになります。
(Androidのスマートウォッチでいいのが出れば……)

LINE

LINEはやっかいなことに(セキュリティ面の理由でしょうが)、同じIDでは1つの端末でしか使えません。

両方でいつでも使えるというわけではないのです。
もう1つアカウントをつくって、それぞれに入れておくという手もありますが。

ストアで買ったアプリ

iPhone、Androidそれぞれのストアで買ったアプリは、もう片方では使えません。

MacとWindows

MacとWindowsだと次のような違いがあります。

スニペットツール

文字入力のスピードを格段に上げてくれるスニペットツール。
MacとWindowsを併用するなら頭の痛い問題です。
両方で使えるPhaseExpressがあるにはあります。
Windowsではメインで使っているスニペットツールです。

「!o」で「おはようございます」 スニペットツール(Dash・PhraseExpress)の登録パターン | EX-IT

プレゼンテーション

プレゼンテーションソフトは、AppleのKeynote、Microsoftのパワポがあります。
KeynoteはMacで使え、Windowsでは使えません。
Keynoteの使いやすさ、見やすさに惚れて、Macを買ったのは2010年のことでした。
ただ、その後パワポも進化し、今はそん色ありません。

Mac、Windows両方に対応しているパワポをメインに使う手もあるでしょう。
Keynoteファイルは、MacのKeynoteで開けば、パワポに変換できます。
文字やデザインが多少崩れるので、修正は必要ですが。
EX-IT

もし、WindowsでKeynoteファイルを開きたいなら、方法はあります。
1つは、拡張子の「.key」を「.zip」に変えて、展開すれば、

ex-it_02

中身のスライドを見ることができるのです。

image

ex-it_03

また、WindowsでiCloud.comにアクセスし、ログインして、ここのkeynote(Web版)で、該当のファイルを開けば、ブラウザで見ることこともできます。

ex-it_04

スプレッドシート

スプレッドシート、いわゆるExcelは、どちらでも使えます。
Office365(月額払うタイプ)なら、最新の状態にでき、WindowsでもMacでも使えるので便利です。

AppleのNumberはWindowsでは使えません。

Googleスプレッドシートは、もちろんどちらでも使えます。

文書作成

文書作成、Wordもどちらでも使えます。

AppleのPagesは、Windowsでは使えません。

Googleドキュメントは、どちらでも使えます。

マインドマップ

それなりに使っているマインドマップソフト。
MacでMindnodeというアプリを使っていましたが、Windowsでは使えないためやめました。
今は、Xmindを使っています。
これなら両方で使えるのです。

ストレージ

データを保管するクラウドのサービス、ストレージは、どちらでも使え、同期が速いDropboxを使っています。
MicrosoftのOneDrive、Googleドライブ、AppleのiCloudDriveもどちらでも使えますが、性能面でDropboxを選んでいるというところです。

ストアで買ったアプリ

Mac、Windowsそれぞれのストアで買ったアプリは、もう片方では使えません。

端末、OSを限らず使えるサービスやアプリは徐々に増えていますが、そうでないものもありますので、工夫してどちらにも対応しておきましょう。
いつなんどき、もう片方が気になりだすかわかりません。

Android→iPhone、Windows→Macの切り替えは、精神的に敷居が高く、iPhone→Android、Mac→Windowsと切り替えは、アプリやサービス的に敷居が高くなります。


■編集後記

昨日は、パワポ入門セミナーを初開催。
最後は、スライド&アニメーションをつくって、モニターに映し出していただくこともやりました。
パワポはこれからも広めていきたいなと。

次回の開催は未定ですが、ご要望あれば開催します。
セミナー要望フォーム

■昨日の1日1新
※詳細は→「1日1新」

パワポ入門セミナー開催
目黒 ブルーボトルコーヒー
目黒 博多劇場

■昨日の娘日記

最近は「おいでー」を覚え、興味があるものがあると、「おいでー」と呼ばれます。
かわいらしいのですが、あっちこっち寄り道で、全然進めません(^^;


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』