営業に、お金をかけるか時間をかけるか

独立すると、営業は必須です。
その営業にお金をかけるか、時間をかけるかという方法があります。

IMG_4927

※カフェにて iPhoneX

「営業したくない」

「営業」ときくと、ネガティブなイメージがあります。

・いきなり電話がかかってくる
・いきなり家やオフィスにくる
・しつこい
・めんどくさい
・暑苦しい
・近すぎる
・売りつけられる
などなど、私も嫌いです。
営業をしてくる人は、嫌いなのですが、「営業」という言葉は使っています。
独立後には欠かせないからです。

営業マンの友人もいますし。
暑苦しいですが。


※だっこされて固まっている娘(4か月ごろ)。

「営業」全般がダメなのではなく、変な営業をしてくる人がダメなわけで、そこは切り分ける必要があります。

人は、嫌いな人にひっぱられる傾向がありますが、それはそれこれはこれで分けるべきでしょう。

私は「営業したくない」からという理由もあり、税理士を選びました。
実際、税理士事務所に勤めているときも営業らしい営業はやってなく、仕事がなんとなくあったのです。
ただ、独立するとなり、そうはいかんだろうと、営業に興味を持ち、勉強しようとしました。
売上ゼロで独立した以上、仕事がなんとなく増えるのを待ってはいられないからです。
とはいえ、嫌いな営業があるのも事実。
そうでない営業をやってきて、今もそうしています。

■スポンサードリンク

どんな営業をやるにせよ、売上につながる営業にお金をかけるか時間をかけていかなければいけません。

営業にお金をかける

営業にお金をかけるのであれば、

・広告(ネット、DM、看板、チラシなど)
・代行
そして、

営業マンを雇う

という方法があります。

ただし、ひとりしごとではそれほど余裕がありませんし、私もかけられません。
月に10万円、ネットに広告を出し、30万円の仕事をとれればいいのでしょうが、0だったらマイナス10万円です。
「1件とれれば元がとれる」というのは危険で(リスクではなく)、独立当初失敗しました。

DMはやったことがありますが、1件成約となり幸い元がとれたのでそこで撤退しています。
「受取拒否」と書かれて戻ってきたケース、大きな×がついてFAXで送られてきたケースがあり、凹んだからでもあります。
そのくらいで凹んではDMはできないのでしょう。

代行でいえば、HPを代行してもらう、ブログやメルマガを書いてもらう(出来合いの文章を使う)といったものも含まれます。
これもそれなりのお金がかかるもので、自分の意図しないものができあがり、結果的に自分の意図しないお客様・仕事が来てしまいがちです。

だいたいは、「お客様のために~」のような美辞麗句で飾られていて個性も何もありません。テンプレートですし。

自分で更新できるという触れ込みで、自分で文章を考えて入力するなら、そもそも代行を頼む効果は薄くなります。
HPは、当初そのような形でしたが、1年後自分で運営するようにしました。

紹介会社に依頼することも、営業にお金をかけることになります。
これも税理士業界で言えば、50%から75%の紹介手数料。
ネット広告よりも安くて確実とはいわれることもありますが、利益を考えると、いいお金の使い方とは思えません。
私は一切使わない主義です。

営業マンを雇うなんてそれこそ余裕がありません。

人件費以上の仕事がきてもそれをこなさなければいけませんし、こなせなかった意味はないでしょう。

こういったこともあり、営業でお金をかけるのではあれば、
・本
・セミナー
・コンサルティング
に絞っています。

1件とれれば…というものではなく、自分の知識やスキルを身につけるという趣旨です。
自分の営業スキルを磨けば、それは半永久的に使えます。
(メンテは必要ですが)

独立してはじめて買った本は『全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術』
でした。

営業と言いつつも、文章術を磨こうとしていたのです。
10倍売れるようになったどうかはなんともいえませんが、このころ売上が月5万円だったので、それから比べると10倍ではあります……。
それは、ブログを営業としていくことに決めていたからでもありました。

ブログだとサーバー管理費・ドメイン代だけで運営できます。
私の場合、年間2万円ほどで、お金はかかりません。
ただし、ブログも本を読むのもセミナーに行くのも、時間はかかります。

営業に時間をかける

営業のお金をかけたくない・かけられないのであれば、時間をかけるしかありません。

もちろん、前述したように、本やセミナー、コンサルティングで学ぶことは今でもやっていますが、それ以上に実践することに時間をかけています。

・ブログ

・HP

・ショッピングサイト(動画、音声)

などを自分でやると、めちゃくちゃ時間がかかり、お金以上に貴重な時間を使ってしまうものです。
しかし、私は、この時間を営業だけと考えていません。

営業だけにお金を使うことと同様に、営業だけに時間を使う余裕はないのではないでしょうか。
結果的に、営業自体をしなくなってしまい、新しい仕事ができないという負のスパイラルに陥ってしまいます。

商談を目的として無料相談(面談)や、別の商品を売るための無料セミナーをやらないのは、営業だけに時間を使うからであり、宣伝やお知らせのみの記事を書かないのも、営業だけに時間を使うからです。

営業以外も、こういったもののためにブログを書いています。
この記事でいえば、自分への覚悟でもありますし、楽しみでもありますし、インプットの促進でもありますし、思考の整理でもありますし、この図をつくるスキルアップでもあるわけです。
(パワポで円をつくり、色を半透明にし、ScreenPressoでスクリーンショットにしました)

EX-IT_05

そして、独立、独立後をサポートしていることから、この記事も営業要素はあります。ちょっとだけ。

無料でお送りしている、この冊子もつくるのに時間がかかっていますが、営業要素だけではなく、こういった冊子をつくるスキル、印刷発注のスキル、効率化のスキルなどを磨けています。
なによりも16ページに自分のことをまとめることによる
・自分の棚卸
・自分の見直し
・覚悟
などといった効果は絶大です。

どんどん拡大したい、拡大せざるを得ない(人件費と家賃のため)のでないのであれば、営業だけにお金と時間をかける必要はありません。
たったひとりだからこそ、限られたお金と時間を、営業も兼ねた、複数の意味があるものに投資していきましょう。
営業にお金をかけなければ仕事がこないわけではありません。

「営業に時間をかけるか、お金をかけるか」の答えは、「営業にも時間とお金をかける」ということになります。
しかも、その営業方法は自分で選べるということです。


【編集後記】
昨日は、日曜日のレースに向けて南紀白浜のホテルへトライアスロンバイクを発送しました。
ヤマトの料金改定で高くなってしまいましたが、致し方ありません。
娘も一緒に行きますし。

プールで、新ゴーグルのテストも。
上々です。
先日の横浜トライアスロンのナンバーシール(腕に貼り付ける選手ナンバーのシール)が取れきれてなく(取れにくいのです)、監視員の方から声をかけられてしまいました。
入れ墨と思われて。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

ニューゴーグルで泳いだ
とあるセミナー参加

【昨日の娘日記】
パイナップルを丸ごと買ってきてみせると、やけに喜んでいました。
なんでだろ?と思っていたら、保育園でのバッチに貼ってあるシールがパイナップルなんです。
なじみがあるんでしょうね。

■スポンサードリンク
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』