10時間半の船旅。ここも東京! 絶景の新島&新島トライアスロンレポート

25年ぶりの船旅で、新島へ行ってきました。
トライアスロンのためです。

DSC00870 

はるばる新島へ

<新島>は、東京から約160km、この位置にあります。
スクリーンショット 2014 05 11 15 06 37

正式名称は東京都新島村。東京都なんです。

東京から行く方法は、3つ。
・大型客船(フェリー)
・高速ジェット船
・飛行機
です。

高速ジェット船は、2時間20分、片道9,860円。

私たちは、伊豆諸島への快適な船旅をご提供する東海汽船株式会社です。
飛行機は、調布から出発して40分。 片道14,100円。
どちらも、レースが土曜日なので、土曜の朝に出発できます。

ただし、どちらも
・天候の変化に弱い(波が高い、霧が多いなど)
・トライアスロンバイクを積めない(宅配の必要)
という欠点があります。

今回は、フェリーを選びました。
船旅は、高校生の頃、修学旅行で、当時住んでいた宮崎から東京へ行った以来です。
船酔いでかなり苦しんだ思いがあります。

東京・竹芝桟橋を22:00に出発の便なので、20:30頃、荷物を背負い、バイクに乗って、竹芝桟橋へ。
早寝の私は22時まで起きてられるか、数日前から心配でした。
何もないときは寝る時間だからです(^^;)

バイクを解体して、輪行袋という袋に入れて、積み込み、22:00に出発しました。
(写真は翌日朝の様子です)
IMG 1735

解体せずに、そのまま載せる方法もありますが、1,500円かかります。

早朝の景色。
IMG 1723

翌朝8:35に新島へ到着。10時間半の船旅です。
IMG 1800
船酔いが心配でしたが、なんとか大丈夫でした。
朝方、揺れが激しく、念のため甲板に出たり、酔い止め(センパア)を飲んだり。
気休め&腹ごしらえに、買ってきていたおかしやゴントランのパンを食べていました。

船に自動販売機はありますが、何かお気に入りのものを持ってきておいた方がいいかもしれません。
もともと早起きの私は、やはり5時頃目が覚めますので、おなかもすきます。

これ1等??フェリーの部屋

フェリーは等級によって、部屋がわかれています。
等級と料金は、
2等 6,430
特2等 9,640
1等 12,850
特1等 16,060
特等 19,280
です。

土曜の8時に着いて13時からレースなので、ぐっすり寝る必要があります。
チケットをとっていただいた方から、1等と聞いていたので、楽しみにしていました。

船に乗り、ドアをあけると・・・
IMG 1801

「ん?部屋間違えたかな?」と思いつつ、全体を見渡すと、6組のふとんが敷かれてました。
間違いなく1等のようです。
IMG 1802

たまたま6人とも友人や知り合いだったのでよかったのですが、これで知らない人同士だともっと大変だったかもしれません。
船旅ってこういうものなんでしょうね。

翌朝、船内をうろうろしていると、船内の廊下だけでなく、甲板で寝ている方も。。。
IMG 1725

予約が間に合わなかったようなのですが、さすがトライアスリート。タフです。

今日の朝、乗り込んだときに船内を取材してみました。
2等の椅子席
IMG 1809

2等の和室。ここはつらいかもです。
毛布は船内にて100円で借りれます。
IMG 1812

特2等はベット
IMG 1804

特1等もベット。なにやらゴージャスな感じです。
IMG 1805

特等は、部屋があいてませんでした。

部屋には電源コンセントが少なく、こういったタップがあると便利です。

IMG 1816

スマホ・携帯は、途中途絶えることもありますが、ほぼ常時使え、テザリングを使えば、PCをネットにつなげることもできます。

帰りは、11:55に出発、19:45着なので、寝なくて済むし、2等でもいいかもしれません。
横浜着が18:00なので、横浜でおりることにしました。
1時間45分早く船から解放され、横浜(大桟橋)から自宅まで1時間で帰れるからです。

新島の絶景

新島は、海と山がきれいで、レースも楽しめました。
スイムも気持ちよく泳げましたし、バイクとランも適度にアップダウンがあり(「適度に」が大事。なくてもつまらないですし、ありすぎてもつらいです)、下り坂で見下ろす海は絶景でした。

新島は流紋岩という地質で、抗火石(こうがせき、コーガ石)といわえる珍しい石が採掘されます。
産出されるのは、イタリアのリパリ島と新島だけだそうです。
IMG 1790

その石を使った建造物も多く、楽しめました。
これはパルテノン温泉。天然の温泉がわいていて、水着着用・混浴です。
レース後、レースウェアのまま入りました。
IMG 1769

DSC00894

展望台もこんな感じです。

DSC00895

DSC00879

海もきれいでした。
レースで泳いだ海です。

DSC00904

DSC00863

DSC00902

島のあちこちに、モアイ像も。
Wikipediaによると、渋谷のモアイ像は、新島から寄贈されたそうです。
DSC00896

東京・新百景の1つ。羽伏浦海岸。
IMG 1787

IMG 1785

今日の朝(レース翌日)、5時すぎから友人たちとバイクで28km走って、あちこちで記念撮影も。
IMG 1780

この頂上への坂道がきつかったです。
レース翌日なんですが・・・・・・。
見えるのは式根島です。

IMG 1797

新島。フェリーだと大変かもしれませんが、ジェットフォイルなら2時間半。
サーフィンのメッカだそうですが、ふらっと遊びにいってもおもしろそうです。

船旅、帰りは揺れも少なく快適なので、船内がもっと充実してたらもっと楽しいかもしれません。
前に読んだこの本にも影響され、クルーズ旅行とか行ってみたい気もします。
それほど高くないらしいです。

おまけ

おまけとして、レース結果です。
スイム1.5km、バイク40km、ラン10kmのレースでした。
IMG 1764

398人参加で、トータルタイム2:41:16(206位)でした。
真ん中からちょっと下というのはずっとかわりません(^^;)
スイム 30:08 (263) バイク 1:17:21 (182) ラン 53:47 (226)

苦手のスイムが、大幅に改善しているのがうれしいです。
ちょっと距離が短かったことを差し引いても、いいタイムでした。
これまでは、38分〜40分かかっていましたので。

時期柄、水はつめたいのですが、13時スタートということもあり、なんとかなります。
念のため、4月の沖縄のレースでもつかったホットクリームを使いました。

透明度が高いため、バトルも少ないです。

その分、アップダウンがあったとはいえ、バイクとランがふがいない結果に終わりました。(^^;)
アップダウンは、ゆるく長い登りと、急な下り坂が中心で、爽快感があります。

島の方の応援も多く、楽しめるレースです。

次戦はまたまた船旅の大島トライアスロン。
楽しみにしています。





【編集後記】

昨日は新島トライアスロンにはじめて参加。
9時前にフェリーで到着、ホテルに荷物を置き、食事して13時にスタートというスケジュールでした。
海もきれいで、バイクコース、ランコースの景色もよく、タイムもよかったです。
特にスイムは、ベストの5分短縮。多少コースが短かったことを差し引いても好調でした(^_^)

【1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

新島トライアスロン