「センスがないもの」を続けるメリットー自信、コンテンツ、継続センスー

物事を続けるときに、「センス」が気になることが多いのではないでしょうか。
しかし、センスがなくても、やり続けることは、大きなメリットがあります。
スクリーンショット 2015 05 27 9 20 53

センスがあるのはうらやましい

”センスがある”
というのは、非常にうらやましいことです。

・持って生まれたもの
・これまでやってきたことの蓄積
により、他人よりうまくできることは確実にあります。

自分にセンスがないことは、切り捨て、強みを活かす方法もありますが、
・センスがなくてもやらざるを得ないこと
・センスがなくてもやってみたいこと
はあるはずです。

センスがなくても続ける

センスがなくても続けてきたことの1つとして、トライアスロンがあります。
運動神経がなく、球技が苦手で、センスをそれほど必要としないと思ったトライアスロン。
やはりセンスは必要でした。

冒頭の写真は、2010年7月にトライアスロンをはじめると決め、はじめていったレッスンの時の写真です。

TIスイムという、東京の都営新宿線船堀駅そばで行われるレッスンでは、流れる水槽で泳いで動画を撮ってくれます。

まったくセンスがなかったスイムを、なんとかしないと、トライアスロンは完走できません。
挑戦を決めてすぐに行きました。

・・・ところが、自分の予想以上にひどい出来で、どうみてもおぼれています・・・。
スクリーンショット 2015 05 27 9 42 42

その後も練習を重ねました(かなりの回数行っています)が、「海が怖い」という弱点とあいまって、ビリ近くになった大会も多いです。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


それでも、ちょっとずつタイムは上がり、標準的な1.5kmでは、
・2012年で、46分、42分、38分くらい。
・2013年に35分くらい
・2014年に33分くらい
となりました。
(速い人だと26分〜28分くらい)

泳げる距離も伸び、2013年には、スイムが3.8kmの大会を完走、2014年もスイム3.8kmバイク180kmラン42.2kmのアイアンマンを完走しています。

ただ、2014年に結成したチーム『ポセイ丼』のメンバーに比べると遅く、デビューしたての彼らに到底かないませんでした。

今年になり、さらにちょっとだけ速くなり、先日の新島トライアスロンでは、28分というタイム。

続けることで、なんとか人並みになってきましたが、5年もかかっています。

「センスがないもの」を続けるメリット

このブログも、約8年続けていますが、センスがあるともいえません。
半年で30万PV!、1ヶ月で10万PV!という声もよく聞く中、私の場合は、たとえば月間10万PVをこえるまで6年を費やしました。

そもそも、独立して8年になりますが、これ自体がセンスがあるとはいえません。
独立したばかりの方で仕事をとれ、すぐに活躍している方はやまほどいます。

Excelもセンスがあったとはいえず、5年くらい遠回りしました。

センスがなくても、それを続けるメリットはあります。
たとえ、5年、10年かかろうとも、確実にあるメリットで、次の3つです。

1 自信になる

センスがないものをあえて続けると、自信になります。
スイムなんて、ほんとおぼれていて沈んでいたのが、今はなんとか普通に完走できるようになりました。
ブログも多くの方(私にとっては)に読んでいただけています。

■スポンサードリンク

生きていく上で、自信は必要で、その自信を身につける1つの方法が、センスのないものを続けることです。
1つの物事で自信がつけば、それは様々な分野に波及していきます。

2 コンテンツとして提供しやすくなる

仮に、センスがあったら、簡単にこなすことができてしまいます。
そうなると、他者に対しても、「こんなのかんたん」「なんでできないの?」と思ってしまいがちでしょう。
(そうならない方もたくさんいますが)

私が続けてきたことは、すべてコンテンツとして提供しています。
スイムもチームメイトに伝えていますし、ブログ、Excel、そしてフリーとして生きていく術もです。
センスがないものこそ、提供しやすくなります。

3 続ける「センス」が付く

センスがないものは、続けなければいけません。
自分なりの工夫をして、努力しないと、うまくならないからです。

「センス」には、先天的なものと後天的なものがあると思っています。
後天的なセンスの1つは、続けるセンスではないでしょうか。

センスがあるものは、続けるのも楽ですが、そうでないものは続けるのに工夫が必要です。
続けることで、後天的な「続ける」センスが付きます。

ビジネス、プライベートに限らず、「センスがない」ものをあえて続けてみてはいかがでしょうか。

もちろん、「やりたいこと」であることが前提です。





■スポンサードリンク
【編集後記】
先日、11/15のさいたま国際マラソン(第1回)を申し込みました。
(滞在先の新島にて)
制限時間4時間というチャレンジングなレース、申込状況も過酷で、20分ほどで定員になったそうです。

チームメイトも無事申し込めたので、楽しみにしています。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

キンコーズでセルフプリント




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』