1位ではなく「自分ひとりだけ」を目指す

選んでいただくためには、とびきりの1位になるよりも、「自分ひとりだけ」を目指したほうが現実的です。

s※マクロセミナーの会場にて by Leica M10

とびきりの1位なら選ばれる……けど

独立後、選んでいただくための1つの方法は、1位になることです。

・誰と比べても優れている
・誰よりもすごい
・客観的に見ても間違いなく1位
という状態をつくれば、何も苦労はないでしょう。
値段を安くする必要もありませんし、仕事に困ることもありません。

ただ、そんなことができるのかどうか。
私には無理です。
1位と自分でいうだけならかんたんですが、認められないと意味がないでしょう。
そして、その認められる基準も曖昧です。
同じようなことをしている人が集まる天下一武道会やコンテストがあれば別ですが、そういうものはありません。
また仮にそういうものがあって、1位になれるとしても、それまでにどのぐらいの年月がかかるかどうか。
1位になれるまで待っていたら、独立することはできませんし、独立して食べていくこともできません。

もちろん1位になるべく努力をするということは大事ではあるのですが、そこをだけを目指さないようにしたいものです。

 

自分ひとりだけが提供している状態をつくる

私は1位になるというよりは、「自分ひとりだけ」という状態をつくるようにしています。
私ひとりだけが提供しているものであれば、選ばれる確率は上がるわけです。
こっそりとそういったものをつくっています。
公表しているのでこっそりとではないのですが。

先日、開催したExcelマクロプログラミング入門セミナーも、そのひとつです。
マクロセミナーなんて、他でもやっていると思われるかもしれませんが、意外と数は少ないもので、私のようなスタンスでやっているものは、私が知る限りありません。
(どういったスタンスかは企業秘密ですが)

さらには、
・税理士がやっている
・自分が実践し、効率化していることをやっている
・しがらみがない
とか、
・ブログを通じて募集している
とかというものを組み合わせると、私ひとりしかやっていないものです。

セミナーで1位をとるということを考えると、なかなか難しいでしょう。
さらには前述したとおり、何が1位なのかというのは曖昧です。
・詳しいから1位なのか、
・長くやっているから1位なのか
・有名、大御所だから1位なのか
何ともいえませんし、お客様ごとに判断は違ってきます。

やっているのが「自分ひとりだけ」という状態は、それ以上でもそれ以下でもありません。
周りを見渡して「自分ひとりだけ」がやっているというものをつくってみましょう。
選ばれる確率は上がります。

自分ひとりだけがやっているものを複数つくっておけば、それだけその確率は上がるわけです。
確率とはやみくもに数打てばいいものでもなく、精度が高いものを、仮説を持って打つということが大事だと思っています。

自分ひとりだけはそんなに難しくない

じゃあ、その「自分ひとりだけ」というのは、難しいのかどうか。
実はそんなに難しくはありません。
マクロセミナーの例でいえば、地域を変えれば「自分ひとりだけ」になりますし、日にちを変えればそれで「自分ひとりだけ」になりますし、開催する人の性別、年齢が変わればそれで「自分ひとり」だけという状態はつくれます。

そして何よりも違いをつくる要素の大きなものは、「誰がやっているか」というものです。
人はそれぞれ顔や性格、今までやってきたこと、考え方などが違いますので、「自分ひとりだけ」がやっているという状態は、本来は、つくれるものではないでしょうか。

ただこの「本来は」というのが曲者です。
人はそれぞれ違うものであり、子供の頃だとその違いというのは顕著ではあるのですが、学校や会社、そして独立してからも職業や業種というものにとらわれてしまい、何かしら似通ってしまうものです。

そうなってしまうと、自分ひとりだけ違うことをするという勇気もなくなります。
同調することを求められますので。

その呪縛を解いて、自分なりのものを出していけば、「自分ひとりだけ」という状況をつくることはできます。
もちろん、「自分ひとりだけ」がやっているということを外に出さないと気づいてもらえませんし、その自分自身も外に出さないと認識されないものです。

だからこそ、自分がやっていることと自分自身を出していかなければいけません。
セミナーも告知しなければ誰も来ていただけないわけです。
セミナーの内容も外に出しておかなければ、判断できません。

「自分ひとりだけ」がやっている状態をつくる、そしてそれを外に出すというのは少なからず抵抗があるものですが、ちょっとずつやっていきましょう。
私がやっているセミナーの1つ、Excelマクロプログラミング入門セミナーは、2011年12月15日にはじめてやりました。
それから8年やっています。

最初にやったときは、周りでそういうことをやっている人はいなかったので、正直恐怖もありましたがちょっとずつ踏み出してきた次第です。

周りと違うことを出すのは、勇気がいることですが、慣れればそれが楽しみになります。
多くの中の1位より、「自分ひとりだけ」を目指してみましょう。

 



■編集後記

昨日は朝からアンパンマンミュージアムへ。
以前行った時より、かなり空いていました。
帰りにディズニーストアに寄り、スターウォーズのフィギュアをゲット。
細かく見ると似てませんが、雰囲気で。
全9作のキャラクターが勢ぞろいしています。

 

「1日1新」

LeicaM10 ホルスター ハンドグリップ
横浜 プリキュアストア
アンパンマンミュージアム ショップだけ

 

■娘(2歳)日記

アンパンマンミュージアムでは、ピーズでブレスレット(メロンパンナ、ロールパンナ)をつくり、ペロペロキャンディー(バイキンマン)、パン(ドキンちゃん、コキンちゃん)を食べました。
入館(1人2,200円。1歳以上)しなくても、ショップとレストランは楽しめるのでここだけでも十分です。