写真に自分の影を入れない方法。ズームを使う。

写真を撮るときに、なんだか暗くなるということはよくあります。
自分の影に気をつけて撮る方法について書いてみました。

※影が入った写真撮の比較 by Google Pixel 5

写真に自分の影

写真、特に、近くのもの、小物を撮るときに、自分の影が入りがちです。

影が入って写真全体が暗くなることもあるでしょう。
光の向きを調整することでも解決できますが、そうもいかないこともあります。

撮った写真を補正することもできますが、影がかぶった部分だけを明るくするのは、それなりに大変です。
補正・加工が必要な場合も多いのですが、できる限り、撮るときにバシッと決めたほうがいいと私は思っています。

こういったときにはズームを使いましょう。

 

スマホを離してズームを使う

スマホを被写体からちょっと離して写真を撮れば、影が入りません。
離した分は、ズームして調整しましょう。
この場合だと、2.8倍にしています。

こうやって撮るとこんな感じです。
ズーム、つまり望遠側で撮れば、撮るものの形がゆがまないというメリットもあります。

別の被写体(ベーグル)で、距離を表現するとこんな感じです。
通常、このくらいで撮ることも多いでしょう。
見るからに影が入っています。

離すとこれくらい。
影は入りません。
真上に照明があるときは、ちょっと手前にずらす必要もあります。


ズームして(2.7倍)、

こんな感じに撮れます。

デジカメでも同様です。

デジカメなら望遠側へ

デジカメ(ミラーレス一眼)だと、ズームレンズのほうが近くのモノは撮りやすいです。
単焦点だと、70mm〜90mmくらいを使っています。

このくらいの近さだと、

やはり影が入ります。
この状態でズームしてもいいのですが、やはりちょっと影は入ってしまうので、カメラ自体を被写体から離したほうがいいでしょう。

これで焦点距離は24mmくらいです。

このくらいに離して撮ります。
場合によっては、椅子の上に立って撮ることも。

こんな感じに撮れます。
焦点距離は、ズームレンズ24−105mmの63mm。

こちらのほうがいくぶんおいしそうです。

食べ物は、だいたい望遠側で撮っています。

外食がほぼないので、自宅でばかりですが。

娘が妻とつくった海賊のパンケーキ。

私がホワイトデーのお返しにつくったキティちゃんクッキー。

娘と妻がつくったクッキー。
トッピングは娘。

私がつくった、ホテルでテレワークプランをしたときの弁当。
真四角に撮るのは、意外と難しく。
椅子の上から撮りました。

娘と妻がつくったカップケーキ。
これは、超望遠(400mm)で撮っています。
こうなると、影は絶対に入りません。

ブログやSNSで、小物、食べものの写真を撮るときに参考していただければ。

 



■編集後記
昨日は、ブログのための写真入門セミナーを開催しました。
動画も販売開始しています。
動画 ブログのための写真入門セミナー – タイムコンサルティング オンラインショップ
〜4/15 セールしています。

その後は、オフ。
娘と穴場の公園に行きました。
安定して空いていて、ありがたいです。
ベンチでアイスも。

「1日1新」
ブログのための写真入門セミナー開催

■娘(4歳0ヶ月)日記
ママとなにか話していると、「ママのいうとおり!」「ママのいうことにしていればまちがいない」と言います。
特に意見がわかれているわけでもないのですが。