4,400円で集中力UP!遮音性抜群・音漏れしないイヤホンSHURE112

移動時、外出先での静寂を作ってくれる、SHUREのイヤホン。
エントリーモデルの安いタイプも試してみました。
Shure112

長年愛用、弱点も克服されたSHUREのイヤホン

SHUREのイヤホンは、長年愛用しています。
以前は、「断線しやすい」という弱点がありました(なんどか交換してもらったことがあります)。
最近のモデルは、コードも改良され、その弱点も克服しています。

メリットはなんといっても、
・外部の音をカットしてくれる遮音性
・音が漏れない
です。

反面、ちょっと高いのですが、最近は1万円を切るモデルも出てきています。
間違いなく投資する価値がある一品です。

一番安いSE112でも十分!

今回、一番安いモデル、SE112GR-Aを買ってみました。
Amazonで4,400円です。

これまで、高めのモデル SE535を使っています(現在Amazonで5万円ちょっと)。

その上のタイプもあるようです。

使い分けてみると、私の耳レベルでは、ほぼ違いがありません。
音楽を聴いているのは、SonyのハイレゾウォークマンZX1ですが、SE112もSE535もそれほど違いを感じませんでした・・・。
(人によっては違いがあるのかもしれません)
SE112の方が、音が軽いかなぁという感じはあります。

ウォークマンやiPhoneの音楽は圧縮されていますし、その影響もあるのでしょう。

アナウンス、人の声をカットするなら、SHURE

移動時の飛行機や電車内、カフェなどの外出先で、「快適な環境を作る」ことを考えると、ノイズキャンセリングイヤホンを考える方もいらっしゃるかもしれません。
私も実際に試してみましたが、ノイズキャンセリングは、ノイズ、つまり飛行機の「ゴォ・・」という音や、電車の「ガタンガタン」といった音に有効です。
音の周波数に関係があります。

人の声は周波数が違うため、ノイズキャンセリングイヤホンでは防げません。
先日、BOSEの方にも聞いてみたのですが、「人の声やアナウンスはあえて聞こえるようにしている」とも言っていました。
「仕事中に話しかけれても人の声が聞こえるよう」にと。

私は、移動時や外出先で、人の声が気になることが多いです。
(人の声にも好みがあります・・)
別に話を聞いているわけではありませんが、耳に入ってくると集中力が途切れます。
人の愚痴が聞こえてしまうのも嫌なので、その声をカットできるのはうれしいのです。
アナウンスも、電車内ではムダに音量が大きいこともあり、特に必要のない情報、注意だったりします(日本の電車は他国と比べてアナウンスがうるさいらしいです。実際にそう思います)
同じように音楽を聴いている人の音漏れも気になることが多いです。
トラブルにならないのかなぁ・・・と心配になったりします。

先日、イヤホンを忘れて外出したことがあり、そのときは、「電車内ってこんなにうるさいんだ・・・」と唖然としました。

電車や飛行機、カフェで仕事をするので、集中力のキープは欠かせません。

SHUREのイヤホンは、カナル(耳栓)タイプで、音楽が鳴らない状態でもある程度、音をカットし、音楽が鳴っていれば、音はほぼシャットダウンできます。
今、機内でブログを書いていますが、音楽のみが聞こえ、静かです。
(音楽の途切れたときにゴォ・・という音は聞こえます)
もちろん、アナウンスも聞こえませんが、通常なら問題ないでしょう。
電車で、次の駅が分からないというデメリットがあるといえばあります。

DSC02676

イヤーピース(耳に入れる部分)は大・中・小と3タイプついているのもうれしいところです。
耳の穴が小さく、通常のイヤホンは入りにくいことがあります。
DSC02677

音量を上げると、周りにもれていないか気になることがありますが、外部への音漏れもほとんでありません。
遮音性が高いイヤホンは他にもありますが、音漏れがする場合も多いです。
大きめのヘッドフォンなら遮音性は高くなりますが、持ち運びが大変になるので、その意味でもSHUREのイヤホンが気に入っています。

ただ、歩くときや走るときのイヤホンには適していません。
外の音が聞こえないと危険だからです。
歩くときは、音量を下げるようにしています。
(走るときは音楽を聴かない主義です)

人の声をカットしたい方は、エントリーモデルのSHURE112を試してみてください。





【編集後記】
今日は4時起きで(いつもどおりといえばいつもどおり)、羽田に向かっています。
那覇経由で宮古島に向かうためです。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

ツカモトエイム AIM-RC03