勉強×仕事の3ステップ

1261

仕事をしていくのに勉強は欠かせないものです。
どちらもとことんやるために、仕事と勉強をかけ合わせることを常に意識しています。

ss

※自宅にて Pixel 3

仕事と勉強のかけ合わせ

仕事だけをこなしていると勉強する時間がなくなります。
勉強だけをしていては仕事をする時間がなくなります。
限られた時間を有効に使うのであれば、仕事と勉強をかけ合わせて効率的にやっていくことが欠かせません。

独立後は、仕事をとことんやりたいでしょうし、勉強もとことんやりたいんでしょう。
食べることを意識しすぎると、勉強がおろそかになってしまいますし、目の前の勉強が楽しいと仕事をするのがおろそかになってしまいます。
そうではなく、どちらもとことんやるためには仕事と勉強のかけ合わせが大事です。

 

仕事×勉強の3ステップ

仕事と勉強をかけ合わせるために次のステップを考えています。

1 仕事に関係することを勉強

まずは、目の前の仕事に関することを勉強します。
たとえば、目の前の仕事を効率化するためにExcelのスキルが必要ならそれを勉強するわけです。
必要に迫られるので勉強しやすい、むしろ勉強せざるを得ない状況にならないと勉強しません。
(私は特に)
目の前の仕事でわからないこと、あいまいなことがあった場合も勉強できます。
この段階での勉強だと、ネットで検索する、個別に教えてもらうといったことが効率的でしょう。

 

2 1を深く勉強

目の前の仕事に関することを勉強した後は、それに関連することを肉付けしていきます。
先にこちらをやってしまうと、仕事よりも勉強の方にバランスが傾いてしまうので、さじ加減に気をつけましょう。(私もそうならないように気をつけています。)

そもそもどういうことなのか、全体を体系的に勉強する、似たようなことを勉強してみるといったことができます。
目の前の仕事以外の事例も見ておくと、より肉付けになるでしょう。

この段階での勉強だと、Amazonでその分野を検索して該当する本をひたすら読んでみるという方法やセミナーに出てみるという方法があります。

1の段階では目の前の仕事を効率化することを最優先しますが、その再現性を持たせるために、より深く勉強しておくというわけです。

3 勉強したい分野の仕事の依頼を受ける

目の前の仕事に関連することだけを勉強していては、勉強の範囲が狭くなってしまう可能性もありますし、勉強したいことが勉強できないかもしれません。
もし勉強したいなという分野があれば、その勉強に関連する仕事の依頼を受ければ、仕事と勉強のかけ合わせをしやすくなります。
こちらから企画、提案したりメニューを掲げたりすることで、勉強したい仕事の依頼を受けることができるわけです。
私が今掲げているメニューは勉強したいことでもあります。

勉強したい仕事の依頼を受ければ、それは目の前の仕事になりますので、勉強がより進み、さらに力がついてくるという好循環になるわけです。
力がつけば自信にもなりますし、違いをつくることにもなります。

勉強した分野の仕事の依頼ももちろん受けたいものです。

望む方向性の仕事の依頼を受ける力

勉強したい仕事の依頼を受けるといった、自分が望む方向性の仕事の依頼を受ける力は欠かせません。
そのためにどんなメニューをつくるか、どんなメニューをどこにあげるかというのは、常に意識しておきましょう。
店を構えていればそこにメニューを掲げればそれで済みますが、そうではない場合は何かしらメニューを知らせるというしくみが必要です。
「冷やし中華始めました」みたいな。

ネット上にメディアを持っておけば、メニューを出すのも楽です。

そして勉強にしたい仕事の依頼を受ける、最大最強のメニューとしては、自主開催セミナーがあります。
セミナーとは、勉強を提供するものではあるのですが、提供する側も勉強になるものです。
勉強になるというよりも勉強せざるを得ませんし、勉強していないとセミナーができません。

かといって「完璧に勉強できたからセミナーを告知する」のではタイミングが遅くなってしまいますし、完璧に勉強できるという段階は一生来ないものです。
ある程度勉強した時点でセミナーとして告知してそのセミナーまでにさらに勉強します。
そういった差し迫った必要性を自らつくっていかなければ勉強は進みません。
(私は特にそうなので、自らつくるようにしています)

知識やスキルの勉強だけではなく、自分の覚悟を決める・自分の気持ちを整理するという意味での勉強もできます。
仕事のメニューの1つとして、話す仕事=セミナーを持っておくというのは、勉強と仕事のかけ合わせの上でおすすめです 。

 



■編集後記

昨日は、引き続き宮崎。
台風で市内の一部冠水していましたが、うちは大丈夫でした。

「1日1新」

4人(両親、娘、私)で買い物

■娘(2歳)日記

前日、ケーキを買ったのに食べるタイミングを失い、寝ることに。
「今日は楽しかったねー」とその日の出来事を振り返ってると、「〇ちゃん、ケーキ食べてないよ」と思い出してしまいました。
さすがにその時間からは食べられないので、翌日無事食べました。

Spread the love