思いついたことを今日やらない。タスク管理・時間管理がうまくなるたった1つの秘訣。

タスク管理をする上で、最も効果があることは、「思いついたことを今日やらない」です。
この1つを守れば、いいトレーニングになります。
DSC05841
※オフィスにて DSC-RX100M3

うざい上司は、思いつきで物を言う

会社員時代、タスク管理を崩壊させていたものの1つは、上司ではないでしょうか。

「あ、そういえばあれやった?」
「そうそう、これやっといて」
「あー、これやんなきゃいけなかった」
と、思いつきで仕事を依頼されると、タスク管理の意味がなくなります。

ただ、これはしょうがないことなのです。
人は思いつくものなので、上司を責めることはできません。
そうはいっても邪魔なものは邪魔です。

その邪魔な上司がいない、ひとりしごと。
誰も邪魔しないはずなのですが、タスク管理がうまくいかないこともあります。

私も独立前、「おかしい・・上司がいないのになんでうまくいかないんだろ・・」と悩むときがありました。
その原因は自分だったのです。

上司がいなくても、自分が思いつきで行動していたら、それはタスク管理の邪魔になります。

自分の思いつきをどうコントロールするかがタスク管理の肝です。

「思いついたことを今日やらない」を徹底する

かといって、「思いつかない」ようにするのは無理な話。
私がやったのは、「思いついたことを今日やらない」というルールの徹底です。

「あ、あれやってなかった」と思いついてもそのときにやりません。
やりたくてもぐっと我慢します。
我慢してメモをして、それを翌日以降にこなすだけです。

もちろん、その日にやらないと致命的なものはその日にやります。
・お客様に迷惑をかけるもの
・その日が期限のもの
・すぐやらないとまずいもの
などは、あくまで例外です。

ただ、原則は、「思いついたことを今日やらない」とします。

たとえば

「あ、ホテルとらなきゃ」と思いついても今日やらずメモするだけです。
やるのは明日以降にします。

「資料作らなきゃ」と思いついても今日やりません。
作るのは明日以降です。

「○○買わなきゃ」と思いついても今日買いません。
Amazonでポチればすぐに帰るのですが、それでもルールは守ります。

このルールを徹底すると次のような効果があるのでおすすめです。
・思いついたことに邪魔されない
・その日の朝に明確にタスク管理するようになる
・今日やらなければいけないことを今日思いつかないようになる

徹底できるまで時間はかかりますが、このルールを徹底することを心がけた結果、タスク管理がうまくいくようになりました。

「思いついたことを今日やらない」をルールにしてみましょう。

自分で自分を邪魔しないようにする

ひとりだと、邪魔もないし、自分で決められるし、理論的には効率化のうえで最強のはずです。
それでも、効率化、タスク管理がうまくいかないのは、自分に問題があります。

・悩みがあると、効率が落ちる
・迷いがあると、時間をロスする
そして、
思いつきで行動すると、自分で自分を邪魔してしまうのです。

タスク管理というと、
・どんなツールを使えば便利か
ということを気にしがちですが、自分を制御する、自分が邪魔しないようにするほうが大事です。

なお、思いついたことをメモするしくみは、Evernoteで作っています。
【関連記事】iPhoneで記録→PCで整理・活用・アウトプット。自分だけのEvernoteシステムを作ろう
リンク





|

【編集後記】
来週の木更津トライアスロンに向けて、昨日はバイク練。
天気もよく、気持ちよく練習できました。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

コイズミ ドライヤー Monster
レインボーブリッジを自転車で
自宅、お台場を往復

■スポンサードリンク

■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』