YouTube動画の収録→編集→公開の流れ

YouTube動画の収録から公開までの流れをまとめてみました。

※今日のYouTube撮影現場 by SIGMA fp

YouTube動画の収録

まず、朝のうちに、今日撮る動画のシナリオをつくっておき、全体の流れを考えます。
服装、紙、ひげを整え、カメラをセットし、収録。
基本的には、1回で撮り終えるようにしています。

詰まったりやり直したりしたところは、編集でなんとか。
完璧に収録することを目指すよりも、動画編集スキルを身につけたほうがいいかなと、その方向性で勉強しています。

カメラは、SIGMA fpにLeica ズマリット50mmF1.5をつけ、三脚にセット。
カメラにつけたSSDに録画します。

SIGMA フルサイズミラーレス一眼カメラ fp & 45mm F2.8 DG DN kit ブラック 937317

Samsung T5 1TB USB3.1 Gen2 (10Gbps, Type-C) 外付け SSD (ポータブル SSD) MU-PA1T0B/IT ディープ ブラック 国内正規保証品

今回は、パソコンの画面も収録しました。
使っているのは、カムタジアスタジオ2020です。
夏先取りセール・ポイントアップキャンペーン 12%OFF 【7/04まで新発売セール】TechSmith Camtasia2020 パッケージ Windows, Mac対応

YouTube動画の編集

カムタジアスタジオの動画を書き出します。
ここで時間が少々かかるので、その間に、

AdobePremiereProを開き、カメラで撮った動画を読込。

カメラの録画スタートと、カムタジアスタジオの録画スタートのタイミングが違うので、それを[同期]という機能で、合わせます。

この機能は感動モノです。


音は、カメラのではなく、カムタジアスタジオ(使わないときは、Premiereで録音)のものを使います。
パソコンにつなげてあるマイクでとった音のほうが、ノイズがなくきれいだからです。

テロップの追加や不要な部分の削除もやります。
どのくらい編集するかはそのときどきです。
今回は、途中で、カムタジアスタジオの画面収録の映像を組み合わせました。

動画(MP4ファイル)を書き出して、編集は終了です。

(YouTubeに直接アップするとエラーが出ることがあるので、ひとまず書き出しています)

それなりに時間がかかりますが、パソコンをパワーアップしたので、5分の動画で、1分ほどで書き出せるようになりました。

 

YouTube動画のアップ

YouTube動画のアップに備えて、動画の書き出しの間、準備します。
スクリーンショットを撮った画像を、AdobePhotoshopで加工。

こんな感じで背景もかんたんに削除できます。

サムネイルができたら保存。

動画の書き出しが終わったら、YouTubeStudioというページで、アップロードします。

ここでも時間がちょっとかかります。
混んでいるのか?いつもより時間がかかるときも。

その間に、サムネイル画像や動画の説明欄をつくっておきます。

動画の処理が終わったら、

 

動画の終了画面の設定。

ここはどれにするかいろいろ試し中で、ひとまず視聴者に適したコンテンツとチャンネル登録のボタンをつけています。

最後に公開して完了です。

収録、編集、アップで、待たされるのは、編集、アップ。
時間がかかるのは、編集です。
今日は、115分かかりました……。

効率化するとしたら、編集の部分でしょうね。
(外注するという手も)

YouTubeをやろうかなと思っている方の参考になれば。
公開までいかずとも、ひと通り経験するのもいいかと思います。

 

チャンネルはこちらです。
よかったらチャンネル登録していただけるとうれしいです。
ひとり税理士井ノ上陽一の自宅仕事術 – YouTube

 



■編集後記
昨日は、不要物を引き取りに来ていただきました。
それなりの値段になったので満足です。
ドローンも手放しました。
十分楽しみましたし、今は規制が厳しくなりましたし。

不要物の整理をしていたら、これはとっておこうというものも。
プロジェクターも結局残しました。
リアルセミナーはしばらくできないでしょうが、
また買うコストもそれなりなので。

「1日1新」
とある申請
AdobePremiereで新しいエッセンシャルグラフィック
高いドットコム 出張買取

■娘(3歳3ヶ月)日記

昨日は、尿検査でしたが、うまくいかず……。
トイレに行きたくない、行かなくていいと。
意識させすぎたかもしれません。

また後日トライします。

■YouTube更新情報
速読の秘訣 – YouTube