「Zoomでやりましょう」と言われたら。Zoom超入門[Windows・Mac・iPhone・iPad対応]

Zoomをはじめてやる方に向けて、はじめ方・注意点をまとめてみました。

L1006156

※Zoom飲み会  by Leica M10

Zoomはクリックだけで参加できる

Zoomは、オンラインで会話できるツール。
「クリックするだけで参加できる」というのが特徴です。

ただ、はじめてのときは「クリックするだけ」ではありません。

それぞれのケース別に、Zoomのはじめ方をまとめてみました。
「Zoomでやりましょう」「Zoomしようよ」「Zoom飲み会しましょう」と言われてときに参考にしていただければ。

※次の項で紹介する、事前にアプリをダウンロードする方法がおすすめです。

Windows

まずは、Windowsパソコン。
このような招待メール(Zoom標準のもの)や、リンクが送られてきたら、クリックします。
予定時刻になる前にクリックしても会話はできませんが、設定はできますので、やっておいてもかまいません。

ミーディングIDやパスワードは、リンクをクリックする場合は必要ないものです。
(IDやパスワードで参加することもできます)

image

リンクをクリックすると、ブラウザで、次のような画面が表示されます。
なお、Zoomはところどころ、日本語訳がおかしいので、そういうものと思っていただければ。

この場合、次のように意訳しましょう。

・システムダイアログが表示されたら [Zoomミーティングを開く] をクリックしてください。

最初にリンクをクリックしたときは、次のようなシステムダイアログ(Zoomを開きますか?)は表示されません。

Screenshot_24

・ブラウザが何も表示しない場合、ここをクリックし、ミーティングを起動するか

これはZoomアプリをダウンロードしている場合の話です。
アプリをダウンロードしていても、システムダイアログが表示されない場合、クリックすれば、再度読み込みし、システムダイアログを表示できます。
つまり、「はじめて」(Zoomアプリをダウンロード、インストールしていない)の場合は、関係ありません。

・Zoomをダウンロードして実行します。

「はじめて」の場合はここに該当します。クリックして、ダウンロードしましょう。

Screenshot_20

ダウンロードして左下のアイコンをクリックし、インストールします。

 

Screenshot_21

その後、Zoomアプリが起動し、[コンピューターでオーディオに参加]で、参加できます。
(電話とコンピューターで参加でき、ほとんどのケースがコンピューター、つまりパソコンのはずです)

カメラがオンになるかどうかは、Zoomのホスト(主催者)の設定によるものです。
もし、費用なければ、下のツールバーの[ビデオの停止]を押しましょう。

Screenshot_23

2回目からは、リンクをクリック→ブラウザで次の画面になり、[Zoomで開く]で参加できます。

Screenshot_24

 

 

 

Mac

Macで、Zoomのリンクをクリックし、次のような画面になりますが、はじめての場合は、何も起きませんので、[Zoomをダウンロードして実行]をクリックしましょう。

EX-IT

Zoomアプリがダウンロードされますので、ダブルクリックしてインストールしましょう。

EX-IT 1

EX-IT 2

このようにZoomアプリが立ち上がります。
ここで、[ミーティングに参加]を選んで、IDとパスワードで参加することもできますが、

EX-IT 3

リンクに戻って、クリックするほうがおすすめです。

EX-IT 4

 

リンクをクリックすると、次のような画面になり、[Zoom.usを開く」で、EX-IT 5

 

自分の名前の表示を設定して、

EX-IT 6

ビデオを確認して、

EX-IT 7

[コンピューターオーディオに参加する]で、参加できます。

EX-IT 8

 

 

 

iPhone

iPhoneでリンクをクリックすると、このようにエラーが出ます。

image

その画面で、[AppStoreからダウンロード]をタップし、

 

image

Zoomアプリをダウンロードしましょう。

image

ダウンロード後、アプリを開くとこのような画面になります。
image

ミーディングIDが分かっていれば、ここからも参加できますが、いったんリンクに戻り、

 

image

 

 

image

 

リンクをクリックしたほうが楽です。

image

 

リンクをクリックした後、次のようなメッセージが出るので、[開く]をクリックしましょう。

image

名前を入力して、

image

プレビューを確認し、カメラへのアクセスを許可し、

image

マイクへのアクセスを許可し、

image

通知はお好みで許可し、

image

[インターネットを使用した通話]をタップして、

image

Zoomに参加できます。

image

iPad

iPadでリンクをクリックすると、このようなエラーになるので、

IMG_0101

Zoomアプリをダウンロードしましょう。

IMG_0102

再度、リンクをクリックし、次の画面で[開く]をタップし、

IMG_0104

名前を入力して、IMG_0105

 

カメラへのアクセスを許可すると、IMG_0106

参加できます。IMG_0107

 

ブラウザから参加できる場合

ホストが事前に設定していれば、パソコンで[ブラウザから参加]という表示が出ます。
これをクリックし、

image

ミーティングパスワードを入れれば、

EX-IT 10

ブラウザからも参加できるのです。EX-IT 11

 

アプリをダウンロードできない場合(Windows 10 Sの場合もダウンロードできません)、これを使うしかありませんが、ホスト側で設定しなければいけません。

 

Zoomウェビナーの場合

Zoomのウェビナーという機能をホストが使う場合(メルマガの3/8のオンラインセミナーはこのパターンです)、リンクをクリックし、

Screenshot_26

メールアドレスと名前を入力し(Windowsの画面)、[Webセミナーに参加]をクリックすれば、

Screenshot_28

セミナーに参加できます。
通常のミーティングと違い、こちらのビデオ、マイクは使えません。
その分、セミナーに集中できます。
他の参加者も見えません。

Screenshot_29

Macだとこういった画面、

iPhoneだとこういった画面が出ます。

image

 

 

アプリをダウンロードしておくのがおすすめ

 

Zoomはリンクをクリックするだけで参加できますが、前述のとおり、はじめてのときは、アプリのダウンロードが必要です。
もちろん、そのときにやってもいいのですが、事前にアプリをダウンロードしておくメリットもあります。
事前にテストができるのです。

Zoomがはじめてだからこそ、テストしておくといいでしょう。

それぞれ次のリンクからZoomアプリをダウンロードできます。

Screenshot_31

 

パソコン版

iPhone、iPad(iOS)版

Android版

 

Windowsでは、アプリ(Start Zoom)を立ち上げると、次のような画面になり、はじめてなら、[無料でサインアップ]をクリックし、Zoomに登録しましょう。

サインアップは、サービスへの登録、サインインは、サービスに登録後、ログインすることです。

Screenshot_2

サインアップ(登録)後、サインインすると、ブラウザで次のような画面が開き、[Zoomを開く]で

Screenshot_3

メニューが立ち上がります。

ここで、[新規ミーティング]をクリックすれば、自分だけでテストできます。

はじめてだからこそテストが必要と。

Screenshot_4

マイクやスピーカーを設定したり、

Screenshot_5

カメラを設定したり。

Screenshot_6

[オーディオ設定]や[ビデオ設定]で、

 

image

さらに細かい設定やスピーカーテスト、マイクテストができます。

Screenshot_7

ビデオでは、[HDを有効にする]にチェックを入れておきましょう。
[外見を補正する]は効果のほどが見えませんが、一応チェックしておくといいかと。

image

[バーチャル背景]では自分好みの背景にすることができ、自分の写真やフリー画像も使えます。
ただし、自分の背景がグリーンでないと、不自然にはなる点に注意しなければいけません。
なお、Macではパソコンの性能次第で使えないことがあります。

image

グリーンスクリーンとはこういったものです。

Screenshot_10

私はこれを使っています。

しわがあったり、照明の明るさにムラがあると、うまくいきませんので、気を付けましょう。

Zoomの注意点

その他Zoomでの注意点をまとめてみました。

ネット環境

Zoomは、通信量が少ないのが特徴なのですが、ある程度のネット環境は必要です。
4G・LTE(通常のスマホの回線)でも利用できますが、通信料金がかかってしまう可能性もあります。
(一定までは固定料金でしょうが)

Wi-Fiを利用し、無線で接続しておきましょう。
YouTubeの動画をストレスなく(カクカクしたり止まったり)再生できれば、問題ありません。

スピーカー

参加者の声が聞こえるようにスピーカーの設定を見直しましょう。
まずは、パソコンやスマホの音量を上げます。
普段は、音量ゼロにしていることのほうが多いでしょうから。

また、イヤホン、ヘッドホンをパソコンやスマホにつなげているときは要注意です。
パソコンのスピーカーから音が出ない場合は、パソコンがどれにつながっているかをZoomで確認しましょう。

image

パソコンのスピーカーの音量が小さいときや聞こえにくいときは、別途スピーカーやイヤホンを準備したほうがいいでしょう。
私は、Bluetoothのスピーカーにつなげています。
パソコンのスピーカーでも十分ですが。

 

マイク

マイクは、パソコンにより性能が違うので、聞こえにくいようなら別途マイクが必要です。

私は、パソコンのマイクでもいいのですが、このマイクを別途使っています。

1つの方向しか音を拾わない(単一指向性)ので、パソコンのファンの音や冷暖房の音などを拾いにくい、つまり雑音を減らせるのです。

セミナーに参加するときは、ホストがマイクをミュート(音量ゼロ)にしていることが多いでしょうが、自分でミュートにしておきましょう。
周りが騒がしいときはなおさらです。

image

また、ヘッドセット(頭につけるマイク、イヤホン)は、口元にマイクが近いため、口の音(食べる、飲む、唾をのむなど)を拾いやすくなるので注意しましょう。
せんべいを食べる音がバリバリ鳴り響いていたことも……。

ヘッドセットを使うなら、イヤホンにだけ使い、マイクはパソコンや別途準備したほうがいいでしょうね。

カメラ

カメラもパソコンによって差があります。
これがVAIO SX14(パソコン付属のカメラ)。
粗い画像です。

Screenshot_11

これが、ロジクールのWebカメラでもっとも安いもの(2000円ほど)。

パソコンよりはきれいな気がします。

Screenshot_14

これが、デジカメ(Panasonic GH5)。

デジカメだと、ホワイトバランスや明るさなどの調整もできます。
ただ、デジカメ、ビデオカメラをパソコンに取り込むためのキャプチャーが必要です。

もやっとしていたほうが、しわとか目立ちませんが……。

 

見やすくするならZoomをやる部屋の明かりを調整する方法もあります。
(このような調整できるものなら)

IMG_1971

これが通常の明るさ(パソコン付属のカメラ)。

最大限

ちょっと暗くして、色味を暖かめにするとこんな感じです。

多くの場合、Zoomには明るすぎて白くなることが多いので、少し調整してみていただければ。

暗め

補助のライトを使うのもおすすめですが、近すぎるとやはり白くなります。

Screenshot_17

ライトをちょっと離して置いて、かつ、直接当てないようにするとちょうどよくなります。
ライトに薄い布か何かをかぶせてもいいでしょうし。

遠目関節

上の写真は、このくらいの距離で、ライト自体は斜め前を向いています。

IMG_1969

 

普通に参加する分には、画質は問題ないでしょうけど。

そして、ビデオを使う場合(セミナーは使わないので問題ありません)、背景もうつってしまいますので、可能であれば、壁やドアを背にしておくといいでしょうね。
(バーチャル、仮想背景が使えるなら使っておく)
ただ、気にしすぎる必要はありません。

服装は、普通に人と会うときの基準でいいかと。
(下は映りませんので、手を抜けます)

Zoomに誘われたときに参考にしていただければ。

 



■編集後記
昨日は個別コンサルティングをZoomで。
freeeを使った確定申告で、無事提出できました。

■昨日の1日1新
※詳細は→「1日1新」

ズマリット50㎜F1.5
PSVR ライアンマークス体験版

 

■昨日の娘日記

ディズニーの動画配信で、ナンシー・クランシーという作品を気に入っています。
元気な女の子の話で、こういったのを見ていると、ますます元気というよりおてんばになるのは、いいのかわるいのか……。
バランスとるために、物静かな女の子のストーリーはないものかと。
観ていてつまんないかもですが。