iPhoneの電池持ちをよくするには? cheero Power Plus DANBOARD version -mini-(ダンボー ミニ)レポート

iPhoneをはじめスマートフォンは、高性能なかわりに、電池の持ちがよくありません。
電池持ちをよくする、電池を消耗させないようにする工夫は必須です。IMG 0352

iPhoneの電池持ちをよくする工夫

電池持ちをよくするのに、一番効果的なのは、明るさでしょう。
明るいままにしておくと、みるみる電池が減ります。
これはPCも同じです。こまめに明るさを調整しましょう。
PCのキーボードライトもオフにしておくべきです。かっこいんですけどね。

iOS7になって、明るさが調整しやすくなりました。
IMG 0740

さらに、明るさの自動調節もオフにしています。過剰に明るくしている感じもあるからです。
IMG 0746

次に電池を消耗するのは通信でしょう。
明るさと同様にWi-Fiもこまめにオフにしています。
自宅や会社でWi-Fiに、そのまま外出するとオンになっていることも多いです。

効果のほどはわかりませんが、通知センターも必要最低限にしています。
電池の持ちをよくする以外にも、気が散るため、通知は細かく設定しましょう。
アプリを入れると、たいてい、通知がオンで設定されるため注意が必要です。
IMG 0741

位置情報サービスも常時通信を行って電池を消耗させている可能性があります。
必要なもの以外はオフにしておきましょう。
IMG 0742

思ったよりデカい!愛着わく「ダンボー ミニ」を買ってみました

予備電池として、充電池を持ち歩くのも有効です。
が、持ち歩くのが結構めんどくさく、今まではあまり持ち歩いていませんでした。

・・・と思っていたら、気になる一品があったのです。
cheero Power Plus DANBOARD version 、通称「ダンボー」です。
Amazonで販売され、一時期品薄で入手困難でした。

私も買いそびれていたのですが、先日、その「ダンボー」のミニバージョンが発売されたのです。
こんな充電池で、目が光ります(^^)
IMG 0352

並べるとこんな感じ。思ったよりも大きいです。
IMG 0354

充電中も、このように目が光ります。
IMG 0355

かわいい袋付きです。
めんどくさがりやの私も、これなら持ち運べるかなぁと思っています。
IMG 0357

iPhoneだけでなく、他のスマホ(MicroUSB対応)、iPadにも対応しています。

通常のダンボーとの比較

ダンボーミニを通常のダンボーと比較してみました。
値段は500円差、小さい軽いのですが、充電回数は当然減ります。

スクリーンショット 2013 12 08 6 44 39

サイズを比較するとこんな感じです。
赤字が通常のダンボー。
縦と横は大きいのですが、
スクリーンショット 2013 12 08 6 43 10
高さ(厚み)はダンボーミニの方があります。
平べったいダンボーの方が持ち運びしやすいという考え方もできるでしょうね。
スクリーンショット 2013 12 08 6 43 00

「500円差だから大きい方を買う」
「持ち運ぶからできるだけ軽い方を」
といった考え方もできるでしょう。

メカ好きとしては、目が光るところがお気に入りです(^^)





【編集後記】
引き続き宮崎。

■スポンサードリンク

両親と隠れ家カフェへ食事に行き、マラソンの受付をすませ、準備をしつつ自宅でおとなしくしていました。