16GBのiPhone 6s。動画、写真、ゲーム、音楽、Kindleの使い方次第ではこれで十分

今回のiPhone、iPhone 6sも容量が最も小さく16GBを選びました。
動画、写真、ゲーム、音楽、Kindleの使い方によっては、16GBで十分な方も多いかと思います。
DSC03237 1
※オフィスにて。Sony α7

iPhoneで16GBを選んではいけない人

これまでiPhone4、iPhone4s、iPhone5、iPhone5s、iPhone6と使ってきました。
最初のiPhone4のみ32GBで、あとは、ずっと16GBです。
iPhone 6sも16GBを選びました。

過去にこういった記事も書いています。
私が16GBを選んだ理由を書き、注意点も書きました。
【関連記事】iPhone 6 Plusも一番安い16GBを選ぶ理由 |EX-IT
リンク

iPhone 6sで16GBを選んだのも、「16GBで問題ない」からです。
ただし、注意すべき点はあります。
前述の記事にも書きましたが、再度まとめてみました。

次のような方は、16GBではなく、64GB、128GBを選びましょう。
・動画をよく撮る人(動画は容量が大きいです)
・写真をiPhoneに保存したい人(動画ほどではありませんが、写真も容量が大きいです)
・音楽を大量にiPhoneへ入れておきたい人
・アプリを大量にiPhoneへ入れておきたい人、容量の大きいアプリ(ゲームなど)を使っている人
・容量の大きいiPhoneとの差額が気にならない人
・いろいろと考えたくない人

iPhoneでは、毎回、最大容量(今は128GB)がもっとも人気のようです。

お金の問題ではない

iPhoneは容量によって値段が変わります。

iPhone 6s
EX IT SS 1

iPhone 6s Plus
EX IT SS 2

毎日使うこと、長い期間(1年から2年)使うことを考えると、正直たいした金額の差ではありません。
容量について悩まなくてすむならむしろ安いでしょう。

ただ、「必要ない」のであれば、追加で払うことはありません。

お金は、
・必要ないもの
・払いたくないもの
に使わないのが原則です。

・動画をよく撮るのか(デジカメやビデオカメラで代用できないか)
・写真をiPhone本体へ保存する必要があるか(クラウド上に保存する方法があります)
・音楽を大量に入れておく必要があるか(入れていても聞かない曲がやまほどあるはずです)
・使わないアプリを入れておく必要があるか
・必要ないものにお金を払ってもいいのか
などを考えてみましょう。

そして、何よりも大事なのは、

「自分がiPhoneの容量をどれだけ使っているか」
「自分の使い方だと、どのくらい容量を使っているか」

を把握しておくことです。

16GBの使い道

iPhoneの容量は、iOS9なら、[設定]→[一般]→[ストレージとiCloudの使用状況]→[ストレージ]の[ストレージの管理]でみることができます。
私の場合は、今こんな感じです。
16GB中、4.4GBはシステム等に使っているので、実質使えるのは、11.6GB。
このうち、4GBが使っていない状況です。

IMG 4052

容量が大きくなりがちな、写真、音楽、Kindleについて、このように使っています。

写真

iPhoneで撮った写真は、Macに取り込んで保存し、取り込んだときにiPhoneから削除します。
(動画も同様です)

フォトストリームという機能をオンにすれば、Wi-FiにつなげたときにiPhoneで撮った写真とPC内の写真(他のデジカメ、スマホで撮った写真)がネット(クラウド)にアップされ、iPhoneでみることができます。
IMG 4053

iPhoneの[写真]アプリの[マイフォトストリーム]で直近1000枚まで見ることができるので、誰かに見せたり自分で見たりするには十分なはずです。
1000枚あって、容量は755MB(1GB=1000MBなので、0.755GB)なので、それほど容量を使いません。
IMG 4055

また、[Googleフォト]をiPhone、Mac(PC)に入れれば、Google上に無料で無制限に写真をアップできます。
(解像度は落ちますが、見た目は変わりません)

iPhoneの[Googleフォト]アプリでみれば、これまで撮った写真をすべて見ることができるのです。
(ネット環境により読込に時間がかかることはありますが)
IMG 4046

このGoogleフォトにアップした分はiPhoneの容量を使いません。

音楽

音楽をiPhoneに入れると容量を使います。
AppleMusicであれば、ネット経由で音楽を聴くことができるので容量を使いません。
(通信量は増えてしまいますので、通信プランには要注意です)

また、iCloudミュージックという機能をオンにすれば、iTunesに入れた曲をネット経由で聴くことができます。
iPhoneの容量は使いません。
(アップするのに時間がかかりますし、アップする曲は選べずすべての曲がアップされるのは難点ですが・・)

IMG 4045

ただし、ネットにつなげないときは音楽を聴けなくなるので、ある程度の曲はiPhone自体に入れています。
今入っているのは、162曲で622MBです。
これだけあれば、別に飽きません。

Kindle

Kindleにどんどん書籍をダウンロードしていくと容量を使ってしまいます。
しかし、そんなに書籍を入れておく必要があるでしょうか。
読みたい本を数冊入れておけば十分なはずです。

読み終わった本のアイコンを長押しして、[端末から削除]すれば、iPhoneからは消えますが、クラウド上には残り、
IMG 4047

また読みたくなったらダウンロードすれば読めるようになります。
IMG 4048

今、私のiPhoneには、17冊(多い方ですが)で、295MBしか使っていません。
Kindleは書籍と異なり場所を取らないのでついつい買ってしまい、読まないままの本の増えがちです。
iPhone(又はiPad)にダウンロードしておいておけるくらいしか買わないと決めています。

iPhoneにしろ、PCにしろ、容量は目に見えません。
アナログの世界だと、場所を取る、狭くなる、積み重なるなどとわかりやすいのですが、デジタルの世界はそれがわかりにくいのです。
どのくらいの容量を使っていると、何をやると容量が増え、何をやると容量が減るかなどを意識してみましょう。
この意識をもっておかないとITに翻弄され、無駄なコストを払うことにもなります。

しくみがわかった上で「いろいろ気にせずに使いたい」という方は、128GBを選ぶのも手です。

※iOSのアップデート(iOS8からiOS9といった年1回の大きなもの)の際に容量を5GB以上使うことがあります。
容量を使うのは、
・OS自体のダウンロードするとき
・インストールするとき
です。

OS自体のダウンロードは、PCにつなぎ、iTunesでOSをダウンロードすれば問題ありません。(iPhoneの容量は使わない)
インストールは、一時的にフォトストリームをオフにする、Kindleアプリを削除するといった方法を使えますし、iOS9から一時的にアプリを消してインストール時に復活させる機能がつきました。





【編集後記】

昨日は、東京マラソンでフルマラソンデビューの友人を交えて皇居ラン。
2周、10km。
私なりの経験も伝授しました。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

東京マラソンデビューの友人と皇居ラン
有楽町ガード下の店
ラフィネランニングスタイル日比谷

■スポンサードリンク

【1日1節】
時間術の本を1日1節書く。12月22日完了予定。
12/84