IT化・PC活用は、無理にやらなくてもいい。必要なければ。

「IT化」「PC活用」は、仕事に欠かせないものなのでしょうか。
必要がなければ、無理に(嫌々)やらなくてもいいものです。
IMG 4059
*新宿ゴントランカフェにて。iPhone 6s

IT化は必須ではない

IT化、PC活用は必須のものではありません。
こういったものを一切使わずに仕事をすることは不可能ではありませんし、それでも食べていくことはできます。

仮に、IT化、PC活用が必須ならば、食べられなくなる人が山ほど出てくるはずです。

IT化やPC活用が苦手で嫌いなら、無理にやらなくても問題ありません。
ただし、必要性がないならです。

こういう場合にITは役立つ

私はIT化、PC活用の必要性をこう感じています。

・PCで文章を打てば,手書きよりも高速で文字も乱れないし、一元管理できる(スマホならどこでもメモできる)
・PCで情報を管理すれば、編集も簡単にできる
・PCでデータを管理すれば、検索もでき、バックアップもとれ、編集も楽
・メールなら、相手の状況を気にせずに送ることができ、ファイルも添付できる
・PC上のデータならメールで瞬時に送ることができる
・スマホで電子書籍を買えば、場所もとらずどこでも読書できる
・手書きで仕事をするよりも、圧倒的に速く処理ができる(やり方にもよります)
・デジタルでカレンダーを管理すれば、追加・削除・修正も簡単で、履歴も残る
・ネットバンクを使えば、銀行にいかなくていい
・ネットの検索を活用すれば、いろんなことがわかる。人にきかなくてもいい。コストもかからない。
・ブログを書けば、多くの方へ思いや情報を届けることができる

まとめると、IT化、PC活用は、
・仕事のスピードが上がり、時間を作ってくれる
・コストを下げることができる(人件費、高額なソフト代など)
という時間・お金のメリットがあるものです。

今の時間の使い方・お金の使い方でいいのならば、IT化・PC活用の必要はありません。
しかし、そうでないならば(私もそうです)、ITやPCを必死に勉強する価値はあります。

IT化・PC活用の必要性を判断する前にやっておきたいこと

PC・ITを使わない方法をアナログ、PC・ITを使う方法をデジタルとするなら、その両方を使ってみるのをオススメします。
どちらがいいというわけでもありません。

デジタルを使っている人はアナログも経験しています。
(物心ついたころからデジタルが多い世代も、多少は手書きを経験しているはずです)
アナログだけを使っている人は、デジタルを経験していません(又は経験が少ないです)。

必要であるかどうかは、デジタルを経験してからでも遅くないはずです。
「手書きがはやい」と思っていても、実はそれを圧倒的に凌駕するスピードがデジタルにあるかもしれません。

両方を経験しないと判断はできないはずです。
その結果、アナログがいいならアナログでいいですし、デジタルがいいならデジタルを選びましょう。

私はアナログとデジタルを両方経験し、徹底的に比べた上で、デジタルを選び、IT化・PC活用の情報を、ブログや書籍、セミナーで提供しています。

ただ、無理にはすすめません。

興味がある方のみに届けばいいと思っています。人を変える力なんてありませんから。
(このスタンスはブログに書くことすべてにいえることです)

「PCを使えないと食べられなくなる」
「これからはIT」
といわれ続けて、もう長い月日がたっていますが、「PC・IT=食べられるかどうか」ともいえませんし、今後10年はそうそう変わらないかと思います。
ITやPCをやるかどうかは、自分がやりたいか、必要性を感じるかです。

【関連記事】今年こそPC・ITに強くなりたい!という方におすすめする3つの秘訣 |EX-IT
リンク

【関連記事】PC苦手を克服したいけど、何から手をつけたらいいかわからない方へ。優先すべき3つのスキル |EX-IT
リンク

【関連記事】PCに強くなるためには、無料のネット情報に加えて書籍への投資がおすすめ |EX-IT
リンク





【編集後記】
マラソンシーズンに向けて、ランの距離を増やしておきたいので、11/3までに200km走ることにしました。
まだまだ27km。。1日走らないと厳しい目標ですが、ひとまず目指していきます。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

フジテレビオンデマンド
新宿西口ドトール
新宿から帰宅ラン

【1日1節】
時間術の本を1日1節書く。12月22日完了予定。
13/84

■スポンサードリンク

【11/3までに200km】
27km