手間がかかる・やりたくないメニューは思い切ってなくそう

フリーで仕事をするなら、「大変」「手間がかかる」「あまり得意でない」「できればやりたくない」メニューは減らしていきましょう。
IMG 4041 1
※池袋『たまにはTSUKIでも眺めましょ』にて。iPhone 6s

メニューが多すぎる店に名店なし

飲食店でメニューがあまりに多すぎる店は、どの料理もそこそこであることが多いです。

焼肉もあって、ラーメンもあって、かき氷もだして、お酒もだして、カツ丼もあって、うなぎもあって、モーニング、ランチもあって・・・となると、とてもそれぞれに力を注げません。

大規模チェーン店ならともかく、小規模で1人や2人でやっているならなおさらでしょう。

メニューを増やせば増やすほど、つらくなります。
お客様のニーズにこたえて、次から次へとメニューを増やすのも考えものです。

メニューをなくすと楽になる

「このメニューを減らせば楽になるなぁ」というものがあれば、思い切ってなくすことを考えましょう。

飲食店でたとえるなら、ラーメンをやめれば、麺の仕入れもしなくてすみますし、スープの準備もしなくてよくなり、生ビールをやめれば、その機械はいらなくなります。

自分の仕事の中で、減らせるものはあるはずです。

・その仕事をやるために、特殊なソフトや機械が必要
・その仕事にかなりの時間がかかる
・その仕事にかなりストレスを感じる
・その仕事をやることで信念を曲げることになる
・その仕事をやっても利益はさほど上がらない

自分の仕事で、「やるべきもの」「普通はやる」ものでも、なくせる可能性があります。

私の場合でいうと、税理士が当然やっている個人の確定申告をやっていません。
この仕事は、1月から3月(特に3月)に業務が集中するからです。
個人の確定申告のやり方を教える仕事(コンサルティング)はやっていますが、こちらでレシートを入力して確定申告書を作り、提出する仕事はもうやっていません。
数年前に手放しました。
(法人顧問のお客様に関する確定申告を除く)

これにより、いったん収入は下がりましたが、業務の集中がなくなり、他の仕事が自由にできるようになりました。
結果的に収入は増えています。
さらには、特別なソフトを買わなくてもよくなったのです。

冬でも遊びに行きたいし、マラソンもあるし、トライアスロンのトレーニングもあるし、繁忙期があってもいいことはありません。

その他、当然あるべきメニューでこっそり消しているものは多いです。

「書く」「話す」をメニューに入れよう

メニューを減らしていき、空いた時間には、新たなメニューを入れましょう。

メニューを数が問題なのではなく、どんなメニューをそろえるかが大事で、入れておきたいメニューは、「書く」「話す」です。
自分の仕事で得た知識やスキルを書いたり、話したりして伝えることができれば、それは柱になりえます。

「書く」→記事執筆、出版、ブログ、メルマガ
「話す」→セミナー、コンサルティング、相談

こういったメニューなら増やすべきです。
(ただし「書く」「話す」の中でも、やらないメニューを決めておきましょう。)

冒頭の写真のお店、『たまにはTSUKIでも眺めましょ』の店主、髙坂勝さんも「書く」「話す」というメニューがあります。

土日月が休みであり、肉料理はなし、お酒も厳選されているお店です。
営業日を減らす、メニューを減らすこともネタになり得ます。

どのメニューを減らしたらネタになるか、どのメニューを増やしたらネタになるかを考えて、メニューを整理してみましょう。





【編集後記】
最近、自宅の掃除を1日1カ所やるようにしています。
昨日はベッド周り、今日はクローゼットです。
ちょっとずつ片付いていっています。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

ラーメン 田丸
パン屋『空と麦と』カンパーニュ

【1日1節】
時間術の本を1日1節書く。12月22日完了予定。
11/84


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』