au iPhone 5(16GB)からiPhone 5s(16GB)へ変更する場合の各社料金比較。機種変かMNPか。

現在、auのiPhone 5(16GB)を使っています。
iPhone 5s(16Gb)に変更する予定ですので、各社の料金体系を比較してみました。
IPhone 5s

前提条件

私の前提条件は次のとおりです。
・携帯メールアドレスをいっさい使っていないので、キャリア(通信会社)変更に影響はない
・au iPhone5(16GB)を1年間使っている
・通話はほとんどしない
・iPhone 5s(16GB)に変更予定
・旧iPhone5は売却予定

auの前はソフトバンクを使っていて、自宅マンション、自宅近くその他でつながらないこともありましたが、auになってからつながるようになりました。
ただ、auは、いわゆる「○」状態(通信状況を示すアンテナが「○」の表示になり、つながりにくくなる)がときどきあります。

今回、ドコモも参入したこと、auにそれほど執着がないことから、キャリア変更も考えているという状況です。

3社の違い

料金以前に3社を比較すると、次のような違いがあります。
他にも通話に関するサービス、キャリアメールの違いがあるのでしょうが、通話、携帯メールを使わないので考慮していません。

・プラチナバンドへの参入時期
より通信状況がよいといわれるプラチナバンド。ソフトバンクのみ来年対応予定です。
ソフトバンクは「イー・モバイルの回線も使える」という宣伝をしていますが、同様に「ソフトバンクとイー・モバイルが使える」というWi-Fiルーターを使っている限りでは、それほど期待できません。
最適な回線をその都度選んでいるという感じはないからです。

各社の人口カバー率についても、auの1件(カバー率の表記がおかしかった)もあり、なんともいえないでしょう。

・PCでWi-Fiが利用できるか
auだと、au Wi-Fiという無線LANサービスを無料で使え、PCでも利用できます。
これが非常に便利なのです。
ソフトバンクも同様のサービスがありますが、PCはつなげません。
ドコモは同様のサービスでPCをつなげるようです。

料金比較

携帯電話の料金プランは、本当にわかりにくいです。
あちこちから情報を集めてみました。

■スポンサードリンク

au iPhone5(16GB)からiPhone 5s(16GB)に変更する場合の比較です。

スクリーンショット 2013 09 15 11 00 52

結論は、
・ドコモに変えるとちょっと高くなる
・MNPの手数料はバカにならない
・2年間、iPhone 5sを使うと考えるとどれを選んでもそう変わらない
というものです。

それぞれについてみていきます。

現状

現状のau(iPhone 5)は、月額5,775円です。
本体価格分割代金相当の割引の他に、ソフトバンクからMNPをしたことによる月額980円の割引が2年間あります。
本体価格は、すでに全額支払い済です。

ドコモのワナ 本体価格

ドコモは本体価格が高いです。
iPhone 5s(16Gb)だと95,760円。auとソフトバンクは68,040円です。
2年間継続契約すると本体価格相当の割引を受けることができます(3,570円×24回)が、1年で解約すると、残りを払わなければいけません。
私の場合は、1年後にまた買い替える可能性が高いので、割高なのです。

ドコモのワナ その2 MNP割引

ドコモは基本料780円。MNP契約なら780円の割引で、実質0円です。
しかし、これは1年限り(正確には契約月と12ヶ月で13ヶ月)となっています。
2年目は月額利用料が増えるのです。

機種変更だと月額が高くなる

auでそのまま機種変更すると、月額の割引額が低くなります。
端末分割代金2,835円に対し、2,245円の割引です。
結果、月額利用料は7,345円になってしまうのです。
MNPをすると、月額利用料は安くなります。

MNPの手数料はバカにならない

MNP(番号をそのままでキャリアを変更)すると、手数料がかかります。
一般的には、MNP元に2,100円のMNP転出料、MNP先に支払う3,150円の契約事務手数料です。
さらに2年以内のキャリア解約には9,975円が発生します。

2年で考えると結局どれを選んでも変わらない

・機種変更だと高くなる
・MNPでも手数料がかかる
となると、2年間で考えれば、結局、どれを選んでも変わらないということになります。
表で見ると2年間の支払総額(オプション、通話料は考慮外)は、
・auで機種変更 178,380円
・ドコモにMNP 181,125円
・ソフトバンクにMNP 177,345円
です。

もちろん、32GB、64GBでは、その差額は大きくなります。
(この差額を大きくせずに選択肢を増やすというのも16GBを選んでいる理由の1つです。)

下取りはどうなのか?

各社iPhone5を下取りしていますが、いろいろと複雑です。
ドコモ、ソフトバンクは、下取り総額を月額から差し引くので1年解約だと損になります。
しかもドコモのiPhone 5(16GB)の下取り価格は16,000円で、auの24,000円よりかなり低いです。

ショップに聞いたところ、auはiPhone 5s本体価格にあてることができるとのことでした。
もうちょっと調べてみる必要はありますが、もしそうなら、下取りもありでしょう。
ただし、下取り対応のauショップで購入・下取りの必要があるそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
※追記 再度細かく確認したところ、やはり月額料金への補填という形です。2年契約するなら下取金額全額のメリットがありますが、1年で契約解除又は機種変更するとその半額しかメリットはありません。来年も機種変する可能性があるため、下取りはしません。

なお、auの下取りは、ケーブル、箱なしで本体のみでいいとのこと。

※再追記 9/20 再度確認したら、本体代金に充当できるとのこと。auで下取りしてもらいました。
同じショップの店員さんなんだけど、得したからまあよしとします^_^;

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
こういう記事を書きましたが、価格、Wi-Fi、プラチナバンド対応の件もあるので5s、ゴールド、16Gbはゆるがず、auで機種変更になりそうです。
iPhone 5s ゴールド 16GB ドコモにします!ーiPhone4s、iPhone5から買い替えるべき?ー | EX-IT

《ソフトバンク iPhone4S》から《au iPhone5》へのMNPの収支 | EX-IT

iPhone5はやっぱり16GBで十分だった | EX-IT





【編集後記】
昨日は、午前中に新聞社の経理責任者向けセミナーの講師を務めました。
テーマは経理業務効率化です。
別途レポートします。

■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』