稼ぐなら、「違い」を作らないとダメ

自分の価値、価格を上げるには、「違い」を作らなければいけません。
「同じ」では、価値は変わらないのです。
DSC04492
※表参道にて DSC-RX100M3

「同じ」という呪縛

学校、会社では、「同じ」という価値観を植え付けられます。

・同じようにやる
・同じように考える
と、横並びが求められることが多いです。

それは、チームワークや協調という言葉で彩られます。

ひとりビジネスをやるなら(会社員でも)、その価値観から抜け出さなければいけません。

同じだと、価値はなく、代替されるからです。
ある程度のお金を払っていただけるかもしれませんが、それ以上はありません。

ITやAIにとってかわられることも多いでしょう。

勇気を持って「違い」を作らなければいけません。

「違い」にお金は払われる

たとえば、レストランでいえば、他と同じような料理に、高いお金を払いません。

・おいしい
・サービスがいい
・居心地がいい
・驚きがある
・料理の見た目が美しい
など、何か「違い」があるはずです。


■スポンサードリンク


空腹を満たすだけなら、安くてそこそこのところでもかまいません。

何かしらの「違い」が必要なのです。

この場合の「違い」は、「レベルが高い」だけではありません。
高級感があるわけではなく、ゆったりしていて居心地がいいという違いもあります。

いい食材を使って違いを出すのではなく、ありきたりの素材を見事に料理できるのも違いです。

そもそも「おいしさ」は、人によって違うため、いろいろな違いを出すことができます。
パクチー料理がおいしい店は、パクチーが嫌いな人には「違い」にならなくても、パクチー好きな人には、「違い」なのです。
多少高くても遠くても行く価値があります。

「違い」を作るための3つのポイント

「違い」を作る前に、次のようなことをやっています。

1 逆に行く

世の中と逆、やっている人が少ない方へ行けば、自ずと違いになります。
「違い」を作るなら、少数派を狙いましょう。

私がブログをやっているのも、少数派だからです。

2 時間とお金を作る

違いを作るのは時間とお金が多少なりともかかります。
そのための時間とお金を作らなければいけません。

ちょっと体験するだけでは違いにならず、マニアックなまでに深くのめり込むことが大事です。
時間とお金には限りがありますので、時間とお金を作るには、記録・管理が欠かせません。

3 アウトプットする

その違いをアウトプットしないと意味がありません。
どんなに違いがあっても、知られなければ、違いがないのと同じです。

積極的にアウトプットしましょう。
かといって、「こういう違いがあるんです!」というのは逆効果なので、さらりとHPやブログ、名刺にのせておくのをおすすめします。

違いを作るためには、毎日新しいことをやる、1日1新もおすすめです。

【関連記事】初日は「あかすり」!1日1つは新しいことを体験する「1日1新」 | EX-IT
リンク

【関連記事】「1日1新」、この1年は912。1年は短くなく一生は長くない。 | EX-IT
リンク





【編集後記】

昨日は、新刊『毎日定時で帰っても給料が上がる「時間のつかい方」をお金のプロに聞いてみた!』の出版記念セミナーを開催。
(この模様は、書店購入キャンペーンの特典として配布いたします。キャンペーンは、6/17告知予定です。)
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

編集者さんも参加していただき、コメントもいただき、ありがたいです。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

『毎日定時で帰っても給料が上がる「時間のつかい方」をお金のプロに聞いてみた!』出版記念セミナー

■スポンサードリンク

■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』