やるべきことを忘れないようにするには

やるべきことは、忘れないようにしたいものです。
私がやっている工夫をまとめてみました。

※Google Nest Hub Maxのアラーム by Leica M10

やるべきことを忘れないしくみ

やるべきことは忘れないようにしたいものですが、その「忘れないようにする」のも負担が大きく、ストレスです。

忘れないようにするしくみをなにかしらつくっておきましょう。

私は、基本的に次のようなしくみにしています。
・やるべきことを確実にメモする
・やるべきことを確実に思い出すようにする

まずは、メモすることが欠かせません。
メモしないと忘れてしまうので。
さらには、そのメモを、思い出すしくみが大事です。

参考記事
Evernote→Excelの2Daysタスク管理の流れ。タスク管理は2日でやる。

やるべきことの時刻が決まっているかどうか(〇時にやらなければいけない)によって、しくみを多少変えています。

やるべきことの時刻が決まっていない場合

やるべきことを確実にメモするのは、Evernoteです。
スマホ、Googleアシスタントで、必ずメモしています。

メモしたものは、パソコンのEvernoteで翌朝必ず整理し、タスク管理をしているExcelへ貼り付けます。
このタスク管理は、毎朝必ず目にするものです。
日付を決めていれておけば、その日に必ず見ることができます。

やるべきことの時刻が決まっていない場合や、その時刻以前にできることは、ちょっと早めのタイミングの日付にしておけば、忘れることはありません。

時刻が決まっていることも、早めにやれば、時刻が決まってないものとして扱えます。
そうすれば負担がぐっと減るでしょう。
ギリギリの仕事を続けていたら、やるべきことの時刻が決まってしまうものです。

この方法の欠点としては、
・メモしなかったことは忘れてしまう
・日付を間違って入れていると忘れてしまう
ことですが、このしくみに組み込むことができれば、忘れなくてすみます。

確実にメモするしくみ、そのメモを確実にみるしくみがあれば、この方法でなくても、できるでしょう。
たとえば、パソコンのメモ帳やスマホのメモアプリにメモし、それを毎朝みてチェックする方法や、カレンダーに入れておく方法があります。

カレンダーの場合は、毎朝見るようにしなければいけませんが。

 

 

やるべきことの時刻が決まっている場合

やるべきことの時刻まで決まっていると、さらに工夫が必要です。

もし、先にやってもいいのなら、先にやります。
たとえば、正午までに提出であれば、それ以前にやってもいいわけです。

何かを予約するようなものは、時刻が決まっています。
また、約束、アポも時刻が決まっているものです。

こういったときは、アラームを活用しています。
5分前に、アラームを設定し、忘れないようにするのです。

使っているのは、Google Nest Hub Max。
「OK、Google、アラーム 8:55」と言えば設定できます。
アラームの音量が大きいのもお気に入りです。

自宅でZoomとなると、寝てしまう可能性もあり(幸いこれまで寝てしまって忘れたことはありませんが)、朝のうちに、その日の予定のアラームをかけています。

なにかしら工夫して、やるべきことを忘れないようにしたいものです。

忘れないための予防の大前提として、「やるべきことを極力減らす」ことも欠かせません。
許容量以上にやるべきことがあったら、忘れてしまいがちですので。
(むしろ、忘れたくなるでしょう)

特に、時刻が決まっているやるべきこと(予定)は、極力減らすようにしています。

 



■編集後記
ちょっとずつ進めていたサーバー移転が終わりました。
画像ファイルが多すぎて、移転ツールが使えず、苦戦しましたがなんとか。

「1日1新」
娘と新しい場所を探索
wpX Speedへ移行完了

■娘(3歳7ヶ月)日記
ばぁばに夜電話(LINEビデオ通話)するのが好きで、「今日はどっちにしようかな」と。
ついつい長くなってしまうのが難点ですが。