ExcelでフリガナをふるPHONETIC関数&フリガナが表示されないときのマクロ

Excelでフリガナをふるときには、関数を使うと便利です。

フリガナがないデータもありますので、そのときには、マクロを使います。

IMG_5663

※品川のカフェにて iPhone 7 Plus

ExcelでフリガナをふるPHONETIC関数

こういった名簿があったときに、フリガナをふって、あいうえお順に並べられると便利です。

EX-IT_No-00

最近も活用しました。
私は、この方法で、セミナーやオフ会の名簿を作っています。

Evernoteに貼り付け、iPhoneのCheckEverで開けば、iPhone上でチェックができるのです。
ただ、人数が多いと、すばやくチェックできません。
あいうえお順に並べておくと、便利です。

Excelでフリガナを表示して確認したいなら、範囲を指定してAlt→H→G→Enter(Alt、H、G、Enterと1つ押す)でこのように表示できます。

EX-IT_No-01
フリガナを修正するなら、そのセルでAlt+Shift+↑(AltとShiftと↑を同時に押す)で、編集できるようになります。


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


EX-IT_No-07

別のセルにフリガナを表示して並べ替えたいときは、関数を使いましょう。
フリガナが正しくふられていないときにも修正ができます。
使うのはPHONETIC関数です。

セルB1に入力して、セルの右下をダブルクリックすれば、

EX-IT_No-02

すべてのデータにふりがなが表示されます。

このフリガナを修正して並べ替えるようにすれば確実です。

EX-IT_No-03

フリガナがないデータ

ただ、Excelのデータで、フリガナがない場合もあります。

その場合は、フリガナを表示する操作をしても何も出てきませんし、

EX-IT_No-08

PHONETIC関数を使っても、漢字がそのまま表示されるだけです。
EX-IT_No-04

「別のソフトからデータをコピーしてきた場合」
にこういったことが起こります。

たとえば、
・Googleフォームで登録したデータ
・その他フォームで入力してもらったデータ
・サイトからダウンロードしたデータ
などは、フリガナが入っていないことがあるので注意しましょう。

もちろん、自分でフォームを作るなら、フォーム入力時にフリガナを入力してもらう手もあります。
(私はできるだけ必要最低限の入力項目にしたいので、フリガナ入力欄を作っていません)

フリガナをふるマクロ

Alt+Shift+↑でフリガナをふることはできますが、1つずつ操作しなければいけません。

フリガナを一括してふるには、マクロが必要です。

最もシンプルなのは、このマクロ。
選択した部分にフリガナをふります。

Sub sethurigana()

Selection.SetPhonetic
End Sub

Selectionが選択した部分
SetPhoneticがフリガナをふるという意味です。
なんとなく、前述したPHONETIC関数と似ています。

EX-IT_No-06

※もっとシンプルにやるなら、
Excelでフリガナをふる範囲を選択

ExcelでAlt+F11を押し、VBE(マクロを書くソフト)を表示し、

VBEでCtrl+Gでイミディエイトウィンドウを開く

イミディエイトウィンドウに    Selection.SetPhoneticと入れてEnter

で実行できます。

ただ、これらの場合、A列にフリガナをふるだけですので、B列に表示させるには、ExcelでPHONETIC関数を入れなければいけません。

マクロでPHONETIC関数を入れる方法もありますが、よりスムーズにやるなら、こういったプログラムを書きます。

Application.GetPhoneticがフリガナをふるという意味で、B列にA列のフリガナをふるという命令を1行目から11行目まで繰り返すという意味です。

Sub gethurigana()

Dim i
For i = 1 To 11
Range("b" & i).Value = Application.GetPhonetic(Range("a" & i).Value)
Next
End Sub

より実践的に書くなら、こうすると、Range(“a” & Rows.Count).End(xlUp).Rowで、データの数を数えて、その分だけ指示を繰り返してくれます。

Sub gethurigana2()

Dim i
For i = 1 To Range("a" & Rows.Count).End(xlUp).Row
Range("b" & i).Value = Application.GetPhonetic(Range("a" & i).Value)
Next
End Sub

Excelでフリガナをふりたいとき、フリガナがふれないときに活用していただければ。
マクロについては、こちらの記事に使い方をまとめています。


【編集後記】

昨日は木更津トライアスロン(スイム1.5 バイク40 ラン10㎞)。

去年に続いて2度目の参加です。

両国駅からサイクルトレインという特別列車が出ており、トライアスロンバイクを積んで日帰りで行けます。

スイムは調子よかったのですが、暑さにやられたのか、バイクのラスト5㎞でペースダウン、ランも今一つでした。

今シーズンは次の10/1東扇島(川崎)でラストです。

【昨日の1日1新】

※詳細は→「1日1新」

木更津トライアスロンにサイクルトレインで参加

木更津 宮の湯

自宅から両国までトライアスロンバイクで

【昨日の娘日記】

トライアスロン後、帰ってきてお風呂に間に合いました。

(遅くとも20時までに入れるようにしています)

■スポンサードリンク

風呂の後は、お互い撃沈。

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』