14,800円+税のAndroidスマホ、フリーテルPriori 4。最新iPhoneとの比較。

14,800円+税(税込15,980円)のAndroidスマホ、フリーテルのPriori 4を買ってみました。
1週間使ってみた結果をレポートします。
IMG 1274
※川治にて iPhone 7 Plus

14,800円+税のスマホ、Priori 4は使えるのか?

フリーテルのPriori 4は、15,980円(14,800円+税)
通話料込なら、月1980円+税から使えます。
が、月1,980円だと月100MBしか使えないので、実質的には月3,000円程度かかり、初期費用3,000円もかかります。
(現在5,000円キャッシュバックキャンペーン中です)
途中解約の違約金はかかりませんが、2年分割で払う端末代金の残りを解約時に払わなければいけません。

私は一括で買いました。

通常、5万から10万円するスマホ。
1万円台のスマホは使えるのか、試してみました。

Android搭載

Priori 4はAndroidのスマホです。
バージョンは6.0。
最新版の7.0へのアップデートも予定されています。
Screenshot 20170206 075118

スペック

サイズは、高さ144.8mm、幅71.5mm、厚さ9.5mmでディスプレイは5.0インチ。
ちょうどいい大きさです。

容量は16GB。必要最低限と言えるでしょう。
価格をおさえるためには増やせません。
ゲームや動画を多く入れると足りなくなります。

重さは、167g。
そこそこの重さで軽いとはいえません。
これも軽量化にはコストがかかること、後述する大容量バッテリーのためです。

機能

デザリングはできます。

通常のスマホでできて、Priori 4にできないのは、
・Suica(おサイフケータイ)
・防水がない
・指紋認証がない
といったところです。

ジャイロセンサーはついているので、ポケモンGOはできます。

6色のカバーを変更可能

Priori 4の面白い特徴として、6色のカバーがついてくることが挙げられます。

IMG 1213

この6色です。私は赤を選んでいます。
IMG 1405

取り外しもかんたんなので、その日によって色を変えることも可能です。
IMG 1406

19日?持つバッテリー

Priori 4の宣伝文句は、「19日持つバッテリー」。
Screenshot 20170201 161604

こういったのは多少割り引いて考えなければいけませんが、とても19日は持ちません。
買ってからこの1週間でなんども充電しました。

Wi-Fi、テザリングなどを使うと、電池はやはり減ります。
それでも、4時から翌日18時までの31時間は持ったので、バッテリーは持つ方です。
Screenshot 20170203 164722
この間、
・テザリング 30分程度
・ネット閲覧 30分程度
・Wi-Fi 1時間程度
・Kindle 2時間程度
といった使用状況です。

・明るさは暗め
・[設定]→[電池]→[スタンバイ低消費電力モード]をオン
・[設定]→[Wi-Fi]→[詳細設定]→[スリープ時にWi-Fi接続を維持]を[接続しない]に
といった設定もやっています。

普通に使うと、19日ではなく、19時間かなという感じです。
サポートに「19日持つらしいのですが」と聞いても、「恐れ入りますが、19日ではなく19時間です」と返ってきたほどで。。。
(その後に訂正がありました。サイトの表記は19日ですし)

サポートとやりとりしながら、私の利用状況と使用時間を伝えたところ、バッテリーの持ちはそんなものらしいです。

最新iPhoneとの比較。カメラ・音はいまいち。

メインで使っている最新のiPhone、iPhone 7 Plusと使い勝手を比べてみました。
iOSとAndroidの違いは度外視しています。

ディスプレイのきれいさ

安いからディスプレイが粗い、見にくいといったことはありません。
むしろ鮮やかに見えるほど。
ディスプレイの大きさの違いはあれど、遜色ありません。
IMG 1409

Kindleも普通に読めます。
が、ディスプレイの大きさ、解像度の違いから、表示される部分は少ないです。
IMG 1408

タッチのスムーズさ

タッチのスムーズさは、当然iPhone 7 Plusです。
Priori 4は多少ひっかかりがある=反応が遅れる場合もあります。
「ちぃ!僕の動きについてこれないのか」というアムロの心境です。

文字入力時の遅れはないのですが、タッチの精度の問題か、私がなれていないのか、誤入力がたまにあります。
「か」を打とうとして、その下の「な」が出てきたり。
私の精度の問題かもしれませんが。。

タッチのスムーズさはやはりiPhoneに軍配が上がります。

処理速度

アプリ立ち上げ時に一瞬待つこともあります。
GPSの補足、地図を見るときにも若干タイムラグがあるので、やはり値段なりです。

通信スピード

通信スピートは同じSIMで試してみたところ、遜色ありません。

音はダメダメです。
iPhoneの音もそれほどいいものではありませんが、それよりもさらに落ちます。
音が軽い感じです。

カメラ

Priori 4のカメラのスペック的は、iPhone 7 Plusよりも格段に落ち、iPhone 7 Plusのほうが、明るく、きれいに撮れます。

ただ、遠くの写真だとそれほど差は感じません。

iPhone 7 Plus
IMG 1350

Priori 4
IMG 20170203 152041

iPhone 7 Plus
IMG 1297

Priori 4
IMG 20170202 170359

室内だと暗く写ります。
写真を撮るときに工夫したり、加工したりすれば、それほど差は気にならなくはなります。

iPhone 7 Plus
IMG 1298

Priori 4
IMG 20170202 173028

Priori 4はちょっとぼやっとしています。

iPhone 7 Plus
IMG 1303

Priori 4
IMG 20170202 174926

Priori 4でいいんじゃね?

この1週間、iPhone 7 PlusからPriori 4へSIMを入れ替えて使っています。
アプリも同じようなものを入れ使っていると、「Priori 4でもいいんじゃね?」という感じです。
(Androidの研究も楽しいですし)

価格は、
・iPhone 7 Plus  92,664円(32GB 消費税込)
・Priori 4     15,980円(16GBのみ 消費税込)

この価格差ほどの価値があるかどうか。

不便に感じるのは、次のような点です。
・指紋認証がないこと
Screenshot 20170206 075110

・音が悪いこと=iPhone 7 Plusで聞いています。
・カメラの性能が落ちること=iPhone 7 Plusやデジカメ、GoPro HERO5 BLACKで撮っています。

SuicaはApple Watch Series 2で使っているので問題ありません。
使いみちの1つであり、テザリング(PCをスマホを使ってネットにつなぐ)も普通にできます。

写真と音楽にどこまでこだわるかで、格安スマホ+デジカメ+ウォークマンという使いみちもいいでしょうね。

持ち物を減らし、性能のバランスをとるなら、iPhone 7 Plusでしょうけど。

スマホデビューにおすすめ!ただし格安SIMに注意

Priori 4は
・Androidも使ってみたい
・スマホデビューをしたい
というかたにオススメです。

ただし、格安SIMには注意しましょう。

格安SIMとは

Priori 4は、ドコモ、au、ソフトバンクとの契約では使えません。
格安SIMといわれるSIMカードが必要です。
Priori 4のフリーテルは端末もSIMも販売しています。
コミコミプランの場合は、フリーテルのSIMがついてくるということです。

他のSIM、楽天、DMMなども使えます。

私は、iPhone 7 Plusで、フリーテルのSIMを使っていました。
Amazon経由で買えば、初期費用は293円(さらにdocomoSIM発行手数料426円がかかります)

ただ、こっちの場合は、フリーテルの割引がききません。

フリーテルで直接買えば、初期費用は3,240円かかりますが、1年間通信料の割引があります。

まとめると、
・Amazon →293円+docomoSIM発行手数料426円。毎月の割引なし。
・フリーテル →初期費用3,240円+docomoSIM発行手数料426円+毎月299円の割引。
です。

格安SIMの通信料

格安SIMは本当に安いのか。
私の場合、1月は、2,148円でした。
データ+SMSプランで、使った分だけ払うプランに入っています。
1月はデータを8GB使って、この値段。
12月はちょっと多く10GB使って、2,600円ほどでした。

Priori 4なら、本体15,980円で、毎月2,000円ほどで使えます。
(電話は一応050PLUSというアプリを使っていますが、ほとんど使いません)

ただし、上記の価格はデータ専用のSIMの場合ですので、音声通話をつけるなら少し高くなります。
8GBだと2,840円、10GBだと3,170円です。

コミコミプランとの損得はなんともいえません。
月々が安くても端末を一括で買わなければいけないからです。

それでも、今回のように、iPhone 7 Plusで使っていたSIMをPriori 4に入れ替えて試してみることができたり、SIM自体を変更することもできる自由度があります。

格安SIMの注意点

格安SIMは音声通話もできますし、ナンバーポータビリティ(電話番号をそのままにする)もできます。
ただ、docomo、au、ソフトバンクといった携帯メールアドレスは使えません。

むしろ、もう携帯メールアドレスなんて捨てるべきです。
やり取りしている人には、連絡すればすみます。
ITに強くなりたいなら、スマホを使ってみたいなら、なおさら捨てましょう。

格安SIMにするからこそ選択肢が増える時代です。


【編集後記】

昨日はお客様宅へ。
確定申告コンサルティングの方です。
年に1回、うかがい、毎年お互いの近況、おもしろいことを話すのも楽しみにしています。
お腹の中にいたころから毎年会っている娘さんも、もう小学校です。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

高島屋でとある買い物
新宿 WHARF