感情のコントロールが効率化には欠かせない『できる人は感情の整理がうまい!: ラクに成果が出るビジネス心理学』

感情のコントロールは、仕事を効率的にすすめる上で、欠かせないものだと以前から思っています。
ぴったりの本がありました。
DSC00586

感情の浮き沈みは仕事に影響する

たとえば、いらいらしていたら、仕事は思ったようにすすみません。
落ち込んでいても、仕事どころではないでしょう。

ましてや、仕事で生まれる感情であれば、余計にストレスです。

仕事を効率的にやる上で、上司、同僚、部下、人にまつわる感情は、うまくコントロールしなければいけません。
特に上司に対するストレスは大きいでしょう。

今や上司はいない身ですが(その分責任とプレッシャーは大きいです)、私が勤務していたときに気をつけていたことは次の3つです。
・上司は完璧(仕事も人間性も)ではない。自立する力をつける(あまり頼らない)。
・仕事の全体像、やるべき範囲を探る(さりげなく聞く)
・上司に勝つくらいのスキルをこっそり磨く

部下にいたら嫌なタイプでしょうが、こうやらないと感情、特に「怒」に押しつぶされます。
(つとめる場所によって違うでしょうけどね)

自分を喜ばせることがパフォーマンスを上げる

そして自分に対する感情もコントロールの対象です。

「うまくできない・・・」「時間に追われている・・・」「やることがいっぱいだ・・・」と自分を責めすぎるとストレスの種になります。

『できる人は感情の整理がうまい!: ラクに成果が出るビジネス心理学』には、


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


がんばってもできないライン

を設定しましょうと書いてありました。

仕事量が多過ぎると、どんなに効率化しても、どんなにスキルがあってもこなせません。
物理的に無理な仕事量もあるはずです。

仕事の全体量を知り、1つのタスクに、どのくらい時間がかかるかをざっくりとでも把握しておくと「がんばってもできないライン」がわかります。


我流 TaskChuteのしくみ。時間を味方につけるタスク管理ソフト。 | EX-IT

ストレスから逃げる

感情のストレスから逃げることも大事です。
私も結構逃げています。

本書には、

できるだけうまく逃げる

という項目がありました。

なんでもかんでも依頼を受けていては、ストレスがたまるので、うまく逃げましょうということです。

■スポンサードリンク

「理由をつけて」逃げる
グズグズ渋る
予定を明らかにする

という方法が紹介されています。

確かに、なんでもかんでもうけていると時間は足りなくなりますし、仕事量は増えて続けるでしょう。
結局は感情をコントロールできなくなるのです。

本書には感情の整理、コントロールに関するノウハウが書かれています。
ストレスを解決するために、ぜひ一読を。
(ストレスは解消するものではなく、解決するものだと思っています。)





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日は早朝から友人とラン→読書会→今日のフルマラソンのための買い出し→甥っ子宅へ誕生日のプレゼント届けという1日。
読書会は興味深く、今後もいってみたいと思えるものでした。
9歳の甥っ子の誕生日プレゼントはレゴ。
その場で作り上げてました(^_^)

【1日1新】
※詳細は→「1日1新」

渋谷のやさいピストロ
ドゥリエールのクレープオムレツ
ちょっと高級な焼きそば麺で焼きそばを作った
カフェミヤマ目黒
友人の読書会に参加




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###