何がひっかかるかわからない。フリーランスのチャンスを増やすプロフィール

フリーランスなら、ネット上に詳しいプロフィールを書いておくことをおすすめします。
プロフィールがきっかけで仕事がくることは多いです。
DSC01732

「プロフィールが赤裸々でおもしろい」

Twitterで、こんなコメントいただきました。

いつも面白いブログの井ノ上陽一さん、詳細プロフィールを初めて読んだけど赤裸々で面白い。

ブログをよく引用していただいたり、コメントしていただいてたりしている方です。
(けいさんありがとうございます!)

プロフィールは、あえて、赤裸々にしています。
「こんなに明かして大丈夫なの?」
ときかれることもありますが、これでも結構な部分は書いていません。

書く必要のないことは書かなくていいからです。
今日で41年とちょっと、15,257日目を生きていますが、これを言語化してプロフィールにすると、これくらいの量ではすまないでしょう。
出してもかまわないものだけでも、このくらいの量はあるはずです。

私のプロフィールでも、今住んでいる場所など意図的に書いていないことはあります。

履歴書みたいなプロフィールはいらない

ネット上のプロフィールだと、よく見かけるのが履歴書型ではないでしょうか。
これだと、読んでいてもあまりおもしろくありません。

昭和○年○月 宮崎市立江南小学校卒業
昭和○年○月 宮崎私立大塚中学校卒業



趣味 読書、映画鑑賞

という感じです。
もっとおもしろおかしく書いてもいいじゃないかなぁと思っています。

顔写真もかしこまったものではなく、適当なものにしています。
(今はアイアンマンのゴール後の写真)
HP、マーケティングの専門家からは怒られるでしょうね・・・。

業務内容より想い・個性

プロフィールを出せば出すほど、事前に自分を知っていただけます。

仕事の依頼を検討している方の迷いをふっきれるのです。
それは、「頼まない」という選択肢も含みます。
会ってみなければわからないと、実際に会ってみたら全然違っていた・・というケースは多いものです。
会うにもお互いの時間を使います。
事前に「頼まない」「こういう人はダメだな」「アイアンマンなんて嫌だ」などという判断が下せるのはお互いにとっていいことでしょう。

仕事をいただくためには、腕や業務内容ももちろん大事ですが、それよりも想いやパーソナルな部分、性格や考え方も大事です。
右から左へ流すだけの仕事なら、安ければ安いほどいいですし、パーソナルな部分は必要ありません。
深い仕事をする、成果にコミットすればするほど、人の相性が大事になってきます。
だからこそ、プロフィールを細かく書くのです。
もちろん、ブログを読んでいただいても、よくもわるくも個性が出るようにしています。

ネット上にプロフィールがあるということは、常に自分を知ってもらえるチャンスがあるということです。
これまでもいろんなチャンスをいただきました。
・誕生日が一緒
・生まれが一緒
・育ちが一緒
・住んでいるところが一緒
・趣味(トライアスロン)が一緒
・方向性が一緒
・考え方に共感
などなど、プロフィールからも生まれたチャンスは多いです。

細かいプロフィールを書くことは、自分の棚卸しにもなり一石二鳥といえます。
フリーランスの方、個を前面に出すべき仕事の方は、プロフィールをぜひ充実させましょう。

更新をさぼってましたが、今朝見直しました。
私のプロフィールはこちらです。
http://www.ex-it-blog.com/profile/





【編集後記】
BOSE QuietComfort25というノイズキャンセリングヘッドフォンが気になり、昨日ヨドバシカメラへ。
今はShureのイヤホンを愛用しています。
比べてみると、うーんな感じ。店員さんにきいてみても私の使い方だと、Shureの方がいいようです。
人の声を遮断したいなら、Shure、飛行機内、電車内を快適に過ごしたいならノイズキャンセリングという感じでしょうね。
Shureは耳栓のような形なので、飛行機内、電車内も快適です。
SHURE SE215 2年9,000円の投資で集中力アップ! | EX-IT

[10/17までに200kmチャレンジ]
昨日5km 累計 60.5km

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

千駄ヶ谷ユーハイム ランチ
東京体育館 陸上競技場 改装後初
自宅から千駄ヶ谷までバス
BOSE QuietComfort試聴(買わず)
栗の渋皮煮のケーキ


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』