「手数を打ち、当たったらとことん攻める」が食べていく道

ひとりしごとで、どうやって食べていくか。
考えているだけではなく行動し、手数を打っていきましょう。
IMG 3451
※自宅にて iPhone 7 Plusで撮影

どうやって食べていくか

独立して自由になった。
その後が大事であり、大変であり、楽しみでもあります。

どうやって食べていくかを考えていかなければいけません。
食べるということは、自分が提供するモノ・サービスとお金を交換していただくこと。
そうそう簡単なことではありません。

私も、独立前にサービスを売ったことがなく、苦労し、そして苦労し続けています。
今でも、毎日、「どうやって食べていくか」を考え、行動しているのです。
今日は食べていけるとしても、1年後はどうかわかりません。
1年後どころか、半年後、1ヶ月後、ときには1日後だって大きな変化がある可能性があります。
だからこそ、毎日、行動することが大事なのです。

手数を打つ
そして、
当たったらとことん攻める
を繰り返しています。

何が当たるか、つまりニーズがあるかわからないですし、そのニーズは、刻一刻と変わるものです。
ちょっとしたことで、ウケる場合もありますし、今ヒットしているものが1年後もヒットしているかはわかりません。

最近、娘が喜ぶものをいろいろ試しています。
・iPhoneのアプリ
・いろんな音
・いろんなだっこ
・面白い顔
・話しかける角度
・話しかける音程
・0歳児からのおもちゃ
・明るいところ暗いところ
・抱っこの仕方
・クッション
・寝転ぶ場所
・さわる場所
・口笛
などを試すうち、当たったのがこれです。

アンパンマンとバイキンマンが当たったわけではなく、このマラカスの音が当たりました。
気に入ってくれて、泣き止んだり、笑ったりします。
IMG 3451

この兆候は以前ありました。
友人からもらったこれをふると、鈴がなります。
この音に反応していたので、「ふると音が鳴るものがいいのでは」と、探したのでした。
IMG 3462


■スポンサードリンク


このオーボールもふると音が鳴りますし、
IMG 3448

『お米のマラカス』(お米でできていてなめても平気だそうで)も音が鳴り、好評です。
オーボールは音が小さめで、反応イマイチですが。
IMG 3461

こんな感じで、手数を打って、当たったら(ちょっとでも)さらにそこを攻めるというのを、食べていく上でもやっています。
口笛も大ヒットなので、毎日口笛ふくようになりました。
(曲は関係ないようなので、自分の好きな曲をふいています)

手数を打つ

まず、「手数を打つ」。

この手数が少ないことがほとんどです。
手数自体が少ないこともあれば、その頻度が少ないこともあります。
一時期だけやって、あとはその遺産で食べていこうというのも難しい話です。
目の前の仕事だけで手数を打っていかないと、先細りになるでしょう。

仕事を1つ断ってでも手数を打つ時間をつくるべきです。
独立当初ならなおさら手数は欠かせません。

食べていくことに関して、独立当初は、
・HPを作る
・ブログを書く
・はがきを出す
・ネットで情報を得る
・DMを出す
・ちらしを出す
・金融機関に挨拶に行く
・交流会に出る
・紹介してくれそうな人に会う
・経営者、フリーランスがいるところに行く
・セミナーに参加する
・本を読む
・コンサルティングを受ける
・パンプレットをつくる
・メールを出す
・料金プランを考え、変える
・名刺を工夫する
・連絡手段を工夫する
・申込方法を工夫する
・値段を工夫する
などをやっていました。

交流会やセミナー、本もいろんなものを試していますし、パンフレットも商談のたびに変えていました。

やらないと決めたこと以外は、手を変え品を変え数多くやっています。
やらないと決めたことは、
・税理士紹介会社を使わない(税理士が多額の紹介料を払う)
・保険代理店はやらない(多額の紹介報酬が入る)
・テレアポ(電話嫌いなので)
ということです。

この手数のうち、今も続けているものの1つはブログ。
そのブログがまさに手数でもあります。
毎日、手を変え品を変え、どういったことがお役に立てるか考え、続けているのです。

今はこのブログを主体に、
・HPをメンテする
・ネットで情報を得る
・経営者、フリーランスがいるところに行く
・セミナーに参加する
・本を読む
・コンサルティングを受ける
・パンプレット(セルフマガジン)をつくり無料配布する
・メールを出す
・料金プランを考え、変える
・本を読む
・メルマガを出す
・Twitterをやる
・セミナー
・動画教材
・メールコンサルティング
・個別コンサルティング
・書籍を出す
・記事を書く
・講演の依頼を受ける
・取材を受ける
・料金プランを考え、変える
・連絡手段を工夫する
・申込方法を工夫する
・値段を工夫する
・新しいメニューをつくる、試す
・新しいセミナーをつくる、試す
・新しいサービスをつくる、試す
などといったことをやっています。

ブログも含めると、1日2〜5時間は、手数を打っているつもりです。
ここで大事なのは、手数を打つ、つまり行動すること。
考えているだけでは売上ゼロですが、行動している以上、手数を打ちつつ売上にすることができます。
「考える」と「行動する」の大きな違いです。

昨日も新しい仕込みを複数やりました。
(ブログ、メルマガ以外に)
手数の多さ(今も累積も)は自信になります。そうそう負ける気はしません。
強みがない、自信がない、武器がないなら、手数が少なすぎる可能性が高いです。

当たったらとことん攻める

これらの手数を打ちつつ、当たったらとことん攻めています。
ブログもその1つです。

「当たる」というのは、相手にも自分にも当たる必要があります。

お客様からいくらニーズがあっても、自分が乗り気でない、やりたくないものは続きませんし、やってはいけません。
前述したマラカス。めちゃくちゃ重くて振るのが大変だったり、私がアンパンマン大嫌いだったり、マラカスの音が嫌いだったら、いくらウケるとしても続けられませんし、娘も喜ばないでしょう。
仕事だとこういうことがありえます。
お金になるけどやりたくないものをどう排除できるかも大事です。
その排除のためにも手数は欠かせません。

当たるかどうかはわかりませんし、狙って当てられるものでもない以上、数を打つしかないのです。
そして、当たったら攻めなければいけません。
せっかく当たったのに、動かなければ当たらないのと同じ、数を打っていないのと同じです。

すぐ動かないと、タイミングを逃すこともありますし、自分の熱が冷めることもあります。

私の手数で、意外だったのがExcelやIT。
これがネタになるとは気づいてませんでした。
自分が好きで、自分のためにやっていたことに過ぎなかったからです。
ブログで書いて、反応があり、「じゃあ」と、さらにブログで書き、セミナーやコンサルティングをやるようになりました。
ニーズもあり、自分もやっていて楽しい分野の1つです。

個別コンサルティングも、ちょっとだけ相談したい、継続ではなく単発で頼みたいというニーズがあり、それを形にしたものでした。

もちろん、外した手数は無数にあります。
100の手数を打って、3つ当たればそれで食べていけるはずです。
(あくまで「今」だけで、手数は打ち続ける必要があります)

手数を打つ

当たったらとことん攻める

正確には、

手数を打つ

当たったことに気づく

当たったらとことん攻める

をやっていきましょう。

当たることが増えてくると、手数の精度も上がってきます。


【編集後記】

大一番のレース前、自宅近くのプールが27日まで休みなので、田町のプールに通っています。
5,000円分チャージ(5,500円使える)して。
昨日も練習。
いろんな泳ぎ方を試して、負担なく速いところを探しています。
以前出せていた50m55秒が出せず、今のところ60秒です。。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

SmartHRでチャット、書類作成
芝浦三丁目から自宅へバス

【昨日の娘日記】

■スポンサードリンク

直にだっこするときがいい日(とき)と、だっこひもがいいときがあるようで。
昨日は、だっこひもで散歩したら、よく寝てくれました。

■スポンサードリンク



■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』