Apple Watch×ポモドーロ(フォーカス・タイマー)。25分仕事→5分休憩を常に意識

25分仕事→5分休憩→25分仕事をタイマーでコントロールするポモドーロテクニック。
Apple Watchを使えば、さらに効果的です。
IMG 3406
※オフィスにて iPhone 7 Plusで撮影

ポモドーロテクニックのメリット

ポモドーロテクニックとは、タイマーを使った時間管理テクニックです。
『アジャイルな時間管理術 ポモドーロテクニック入門』を2011年に読んで以来、もう6年使っています。

ポモドーロとはトマト。
トマト型のタイマーを使い、25分仕事をして、5分休憩、25分仕事をして・・を繰り返すものです。
時間を意識し、25分間集中して仕事ができ、なんとなく時間を過ごす、あっという間に時間がなくなる、いつの間にかこんな時間?ということをなくせます。

誰よりもポモドーロを愛し、実践し、成果を出してきました。

成果といっても、大層なものではありませんが、私が多少なりとも時間をコントロールできているのは、このポモドーロテクニックのおかげです。
仕事に終わられず、日々のブログや習慣、趣味のトライアスロン(膨大な時間がかかる)ができています。
2017年3月に娘が生まれ、その前後から今に至るまで、より集中して仕事をするようになり、さらにポモドーロテクニックを活用するようになりました。

※ポモドーロと、このタスク管理を組み合わせています。

Apple Watchアプリ「フォーカス」でポモドーロ

このポモドーロテクニックの肝はタイマーです。
当初、本と同じように、トマト型のキッチンタイマーを買ってみましたが、25分にセットしてタイマーがなって、5分にセットして・・とするのがめんどくさくすぐ挫折。

アプリやソフトを探し、2014年に書いたのがこの記事です。
今も、MacではTimerを使っています。

このTimer、地味です。
こんな感じで、バーに常駐し、時間がきたら音とポップアップで知らせてくれます。


■スポンサードリンク


ポモドーロタイマーなので、トマト型か、せめて赤であってほしいのですが、そういったものは使い勝手が悪いのです。
25分たってタイマーがなり、次は5分たってからタイマーがなり、その次は25分・・・と自動的に繰り返してくれるタイマーがポモドーロとしてふさわしいといえます。
また、タイマーが鳴ったときにわかりやすいことも重要です。

PCやiPhone(スマホ)の音を常に出せるわけではなく、マナーモードにしていてiPhoneの振動だと気づかないこともあります。
PCでタイマーを起動していても、PCを閉じて本を読んだり、PCがスクリーンセーバー状態になると、タイマーに気づきません。

そこで、今はApple Watchを使っています。
Apple Watchなら腕につけているので振動に気づきますし、小さい音を出すこともできるのです。

実は、ずっとApple Watch用のポモドーロアプリを探していましたが、
・自動的にタイマーを繰り返す
というものがなく、ようやく今使っているアプリに出会えました。

フォーカス・タイマーというアプリです。

フォーカス・タイマー

無料
(2017.05.17時点)
posted with ポチレバ

iPhone・Apple Watch双方で使えます。

タイマーをスタートさせると、
IMG 3443

25分の仕事がはじまり、
IMG 3444

5分の休憩となります。
この表示をみることはなく、[次へ]をタップする必要もありません。
IMG 3410

5分たてば、また25分の仕事のためのタイマーがスタートします。
ここが重要なのです。
IMG 3411

iPhone側で、細かい設定ができます。
設定できるのは、仕事の時間、休憩の時間、そして長時間の休憩などです。
「長時間の休憩」とは、25分→5分を4回繰り返したら、30分休憩ということもできますが、私は使っていません。
IMG 3457

iPhoneのフォーカス・タイマーの通知をオンにして、iPhoneのApple Watchアプリで、フォーカス・タイマーの通知を[iPhoneの通知を反映]としておけば、Apple Watchでタイマーのスタートが振動でわかります。
IMG 3458

さらに、Apple Watchの[設定]→[サウンドと触覚]で振動を強めに、かつ、[はっきりとした触覚」にしておき、他の通知(振動)を消しておきましょう。

IMG 3459

私は、日中ずっとポモドーロタイマーを動かしています。
もちろん、常に25分→5分→25分ができるわけではありませんが、常に時間を意識するためです。
これができるのもApple Watchの利点といえます。
ずっと腕につけていますので。

ポモドーロのコツは、「休憩→仕事」ではなく、「仕事→休憩」

ポモドーロテクニックのコツは、5分休憩のあとに25分仕事をするという切替ではなく、25分仕事のあとに5分休憩するという切替です。

ついつい休憩しちゃった場合は、次の25分仕事の時間が少なくなるので、ゆくゆくは自分が困ります。
難しいのは、どちらかといえば、仕事を切り上げるタイミングです。

・もうちょっとやりたいのに
・もうちょっとで終わるのに
・今、休みたくない
と思っても、仕事を切り上げて休憩することに集中します。

そうしなければ時間を意識できません。
いわゆるフロー(集中しすぎている状態)から、はっと現実に戻り、
・この仕事にこれだけ時間をかけていいのか
・今日はこの仕事にこんなに時間を使っていいのか
・そもそもこの仕事受けてよかったのか
ということを考えるべきなのです。

仕事に夢中で、ご飯を食べてないなんてやってはいけません。
ひとりで仕事をしていれば、ついついそういうことになりがちですので気をつけましょう。

25分間集中するために、25分間でやめることが大事です。

ブログを書き終わり、あとはアップするだけでタイマーがなれば私は休憩します。
25分→5分→25分→5分→25分の85分でブログをアップするのが目標です。

ポモドーロのためにApple Watchを買うべきかというとなんともいえませんが、その価値はあります。
他にも使いみちはありますので。
Suicaが使えるのも便利です。

もちろん、PCやiPhoneアプリでもポモドーロはできますので、挑戦してみていただければ。

ポモドーロ合わないな〜という方は、こんな記事もあります。
ポモドーロ・テクニックがうまくいかない?なら「ダッシュ法」を試してみよう!(気分にムラのある方向き集中術) | 100メガ


【編集後記】

昨日は、終日お客様先で、打ち合わせ・決算。
すばらしい着地点だったことに加え、4月もいいスタートでした(3月決算)。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

Abobe PremierePro
いきなりステーキ 亀戸店
3COINS 汐留店

【昨日の娘日記】

■スポンサードリンク

私が抱っこしても寝ることはほぼないです。
抱き方がよくないのかもしれませんが、泣き止んだり機嫌がよくなったりはするので、遊び相手と思われているのかもしれません。

■スポンサードリンク



■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』