独立時に持つべき自信と持てない自信

「独立するときに自信はありましたか?」「やっていける確信はありましたか?」と聞かれることが多いです。
独立と自信について書いてみます。
IMG 2955

独立時はやるしかなかった

約8年前の独立時は、自信がある・自信がないということを考える余裕はありませんでした。
急に独立することになったからです。
年内に独立できれば・・と思っていたら、7/9の朝に、「(独立を考えているなら)今月やめていいよ」と当時のボスにいわれました。
(突然すぎましたが、今考えるといいきっかけでしたので、感謝しています)

自信があったか、なかったかというと、半分はあって、半分はなかったといえます。

腕に自信がなければ独立すべきじゃない

自信があった半分とは、知識やスキル。
いわゆる腕です。

商品を売るサービスなら、商品のよさになるでしょう。
これに自信がなければ、独立すべきではないです。

もちろん、「独立時の」知識やスキルという意味です。

その後、知識やスキルは磨き続けるわけですから、そのときが頂点ではありません。
今考えると、当時の知識やスキルは心許なく、今は持っていて、当時持っていないものもあります。

それでも、少なくとも独立時には、「これで食べていく」という武器・腕に自信がなければいけません。

なぜなら、独立後は、直接お金をいただくからです。
会社員のときも当然、腕は必要ですが、「会社」というフィルターもかかります。

ひとりでビジネスをすることを想定すれば、独立後は、その腕で食べていかなければいけません。

独立時、食べていく自信がないのは当然

ただ、腕だけでは、知識・スキルだけでは食べていけません。
そこに、自信があっても、食べていけないのです。

「仕事さえくれば、誰にも負けないものを提供できる」
「まかせてくれれば、(他と)違いがあることがわかるのに」
と、独立時に思っていましたが、それは間違いでした。

独立して食べていくには、「仕事をとる」「仕事を得る」ことが欠かせないからです。

それは、腕に自信があっても解決しません。
多くの場合、独立前は、仕事がすでにあってそれをこなせばよかったので、腕に自信があればやっていけました。
独立後はそうもいきません。

いわゆる「自信がない」というのは、仕事をとっていく自信、つまり食べていく自信です。
この自信は、独立後でないと身につきません。
(独立前に仕事をとっていれば別ですが)
自信とは、自らの行動を信じることだと思っています。
やってみないと(行動しないと)自信にはなりえませんし、もしやったことがないことに自信を持つとしたらそれは過信です。

独立時、腕に自信があるのは、自分がやってきたからであり、食べていくことに自信がないのは、自分がやったことがないことだからではないでしょうか。
自信がないのは当然なのです。

腕に自信があって、独立したいなら、独立すべきでしょう。

その後はつらく苦しい日々が続きますが、腕を磨くこと・仕事をとる力をつけることの双方のバランスをとるべきです。
これは、独立後8年たった今も続けています。
継続も自信の糧になり、このブログもその1つです。

100%自信なんざ、今もありません。
むしろ自信を持たない工夫、自分に甘んじない工夫が必要です。

独立前に100%の自信がなくても問題ありません。
どっちみち、もがいて成長し続けないと食べていけないのですから。





【編集後記】

昨日は走ろうと思いつつ、雨がやまず断念。
今日は走れそうです。
今週末は、実家宮崎でのシーガイアトライアスロン。
台風が気になりますが、楽しみです。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

WiiUでバーチャルコンソール