断りにくい仕事を断れる魔法のフレーズ「お役に立てないと思いますので」

ひとりしごとでは、仕事を受けるという決断も自分次第。
仕事を断るという苦渋の決断もしなければいけません。
そんなときに使っているキラーフレーズがあります。

DSCN0298
※お台場にて Nikon COOLPIX P900

断るときには軸で断る

仕事を断るというのは、なかなか難しいものです。

・お世話になった方からの仕事
・親しい方からの仕事
・できないこともない仕事

などは悩みます。

仕事の依頼をいただくことは本当にありがたいことであり、その仕事を受けるのが大前提ではあるのですが、すべての仕事を受けることができないのも事実であり、嫌な仕事ならやりたくないのも事実です。
そんなときは断らざるを得ません。

ただし、断るときに、次のような断り方をしないようにしています。

・高い値段を提示して断る
→高い値段にすれば、断ってくれるだろうと思って、提示しないようにしています。
もし、それが通れば仕事を断れないからです。
独立当初にその失敗をしました。

・条件が合わないという理由で断る
→日程や納期などの条件を変更しても受けたい仕事なら、条件の調整はやるべきですが、そうではなく、条件が変わっても受けたくない仕事は、条件調整をしないようにしています。
調整ができてしまったら受けざるを得ないからです。

・今、時間がないからといって断る
→時間がないという理由で断ると、それ以外のときならいいということになってしまいます。
そうではなく、断りたい仕事なら、それを理由に挙げないようにしたほうがお互いのためです。


■スポンサードリンク

断るときには、軸で断るようにしています。
自分の軸に合わないなら、絶対に断るべきです。
(そのときの仕事の状況、財政状況にもよりますが)

「お役に立てないと思いますので」

ただ、断るときに、いろいろと理由をつけるのもカドがたつので、シンプルに断るようにしています。
(理由をつけたほうがいいときはつけています)

そのときのフレーズは、
「お役に立てないと思いますので」。

あくまで、こちらがお役に立てないという理由です。

・やりたくないので・・
・怪しげなので・・
・やらないと決めているので・・
・リスクがあるので・・
・安すぎるので・・
・誰でもよさそうな仕事なので・・
・自分じゃなくてもできるような仕事なので・・
などといった事情はあるかもしれませんが、多くを語らず、
「お役に立てないと思いますので辞退させてください」
ときっぱりと断ってみましょう。

もちろん、その後の取引もあるのなら、
「お役に立てることがあれば、お声掛けください」
と付け加えてもいいかと思います。

もし、一度断ったことで、その後に仕事が来ないのなら、もうそれはしかたないことです。
本当にこちらのことを思ってくれるなら、やりたくない仕事・条件に合わない仕事は断ってほしいはずですから。
逆の立場で、人に仕事を紹介するとき、その人が断りたい仕事なら受けてほしくありません。

断る仕事が来るのは自分のせい

とはいえ、仕事をガンガン断っているかというとそうでもありません。
今年、お断りしたのは、5件。
依頼があった時点でお断りしたものもあれば、やり取りの末、内容を調整しつつお断りしたものもあります。

特に問題なのは依頼があった時点で断らざるを得ないものです。
一見して断りたいと思う仕事が来るのは、バリア(壁)が足りないことでもあります。

「ネットからの仕事はいいものがない」とよく言われますが、ネットでの打ち出し方が悪ければ、それはいい仕事は来ません。
・誰でもウェルカム
・お気軽にご相談ください
・24時間365日受け付けています
とあれば、どんな仕事も来てしまいます。

断らなければいけない仕事がくるのは自分のせいなのです。
むしろ、そう考えたほうが改善ができます。
今年、そういった案件もありましたので、「お役に立てないと思いますので」の後に、改善しました。
「ちゃんと読んでないだろ!」と他責にするよりも、「ちゃんと書いてないだろ!」と自責にしましょう。

ネットに自分の軸を打ち出しておけばおくほど、バリアにもなりますし、自分の軸が磨かれます。
今年お断りした5件も、ブログを毎日書いていなかったら断れなかったでしょう。
受けてさらっとやってしまえばお金は入ってくるわけですが、それ以上に「軸がブレる」という損失があります。
軸がブレないようにコツコツと毎日書いていたとしても、その1つの仕事(と報酬)で、一気にブレてしまうわけです。
仕事を受けたあとに、「やっぱりやらなきゃよかった」「受けなきゃよかった」と後悔するとなおさらダメージは広がります。

断るときはきっぱりと断る、その前提として自分の軸を磨く・ネットに書いておくということをやっていきましょう。
(こういった記事を書くことで、伝えることもできますし、自分の断り力も強くなります)

軸をつくるには、やらないことリストをつくって日々見ておくことも効果的です。


【編集後記】

昨日は、宮崎の実家にて家族でドライブ。
青島でのランチは、刺身定食。
やっぱり新鮮です。
その後、「こどもの国」というところへ。
私が子供の頃は遊園地でしたが、今はいっさい遊び道具はなく公園のようなところになっています。
唯一ある微妙なスワンボートは1,000円・・。
芝生にシートを広げたり肩車したりして遊んでました。

帰りに、日曜日の青島太平洋マラソンの受付へ。
いよいよ今年のメインレース(マラソン部門)です。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

家族でこどもの国(宮崎)
宮崎 港あおしま

【昨日の娘日記】

宮崎の実家に来てから2日目。
こっちでは、ひとりで機嫌よく遊ぶことが多いです。
うちのおもちゃに飽きてるのか、せまいから遊びたいのか、うちでは甘えがちなのか、謎ですが。


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』