増やしていいのは「時間当たりの利益」だけ。売上でもお客様の数でもない。

ひとりしごとで、増やしていいのは「時間当たりの利益」だけと考えており、ここを最大化するようにしています。

IMG_5621

※横浜にて iPhone X

誰がために拡大するのか

「ひとり」というのは少数派です。
今の時代でも、

・お客様を増やそう
・売上を増やそう

が主流となっています。

オフィス(家賃)、人件費があれば、拡大せざるを得ません。
そうではない、ひとりしごとなら、無理に拡大する必要はないのですが、主流である拡大が、それを強いるわけです。

主流ではないとしても、自分の業界が遅れていて、「増やそう」となっている場合もあるので注意しなければいけません。

ひとりでやると決めたなら、

・自分の中にある、拡大という誘惑

■スポンサードリンク

はもちろん、

・周りからくる、拡大という誘惑

に打ち勝つ必要があります。

売上がもし増えたとしても、

2018-06-24_09h13_12

利益が残らず、時間もめいっぱい使っていては、何のために仕事をしているかわかりません。
業者にはちやほやされますけど、いらんです。

2018-06-24_09h05_51

売上ー経費=利益でいうと、「経費」の行く先のために、売上拡大をやらされている場合もあります。
それが、コンサルタントでもあり、ソフト会社、システム会社でもあり、広告会社でもあるわけです。

業者(「業者」という言葉は嫌いですが、悪しきものという意味で使います)のために仕事をしているわけではありませんし、そんな余裕もありません。

お客様と自分&家族のために仕事をしているはずです。

やらされ感は、独立したら払しょくしなければいけないことの1つでもあります。

その担当者がいい人かどうかは切り離しましょう。
その先にある組織という集合体、誰の意思でもないものにやらされている場合も多いものです。
これに気づくのに、いくら使ってしまったか…。

「利益」で語られない理由

「売上」で語ったほうがわかりやすく、誰にでも把握できます。

そして、何よりも金額が大きいので、うれしくなるものです。

世の中、利益で語られないのは、

・経理をしていないと経費がいくらかかっているかわからず、利益がわからない

(決算や税務申告の時期になってはじめてわかる)

・金額が小さい。ときにはマイナス

という理由があります。

売上1000万円!となったほうが、わかりやすくうれしいものですが、その利益が10万円となると、しょぼんとしてしまいがちです。

さらには休みなし、日々働きづくめ動きづくめだと、こうなってしまうでしょう。
売上と時間は増やせばいいというものではなく、時間は限りがあります。

増やしていいのは、「時間当たりの利益」

このように、利益が少なく、時間が多いのであれば、

2018-06-24_09h05_51

売上が少なくなっても、利益が増え、使う時間が減ったほうが楽です。
増やしていいのは、この「時間当たりの利益」、いわゆる生産性。
ここだけを考えていきましょう。

2018-06-24_09h12_30

時間当たりの利益を増やすために、次のようなことをやってみましょう。

1 利益を把握する

売上だけではなく、経費も記録しましょう。
その記録、経理をやらなければ、利益を把握できません。

・売上はよかったけど、経費がかかっているのか

・売上はそれほどではなかったけど、経費がかかっていないか

を把握しつつ、どのくらいの時間がかかっているかもあわせて考えましょう。

そうすれば、

・その仕事を続けるべきか

・今度そのような仕事がきたらやるべきか

が判断できます。

そうやって軌道修正していかないと、拡大の渦に巻き込まれてしまうでしょう。

2 徹底して効率化する

効率化。かかる時間を減らすことは徹底して継続してやるべきです。
目の前の効率化に時間がかかっても、その先の効率化につながるならば、やりましょう。

油断すればすぐに時間はなくなってしまいます。
効率化するための時間も必要で、その時間をつくるために仕事=売上を減らすという選択も有効です。

3 効率化してできた時間を利益アップのために使う

効率化してできた時間を

・売上を増やすため

・お客様の数、仕事の数を増やすため

に使わないようにしましょう。

私の場合、今の仕事量の2倍以上をこなす余力はあります。
ただ、それをやらないのは意味がないからです。
その2倍をこなすのに、時間を使ってしまいますし、新しいことや鍛錬ができなくなります。(ブログも書けませんし遊べませんし)

それでいて、売上が2倍になるかというとそうでもありません。
せいぜい、1.5倍でしょう。

時間をかけた分だけ売上を増やすのはなかなか難しいものです。
売上を2倍にするなら、仕事量・時間を2.5倍、ときには3倍にしなければいけない場合もあるでしょう。

だからこそ、効率化してできた時間を利益アップのために使っています。
具体的には、
・鍛錬して腕を上げて、仕事量を増やさず単価を上げられるようにする
・自分でできることを増やして経費を減らす
・はやく、深く、新しいことをやる時間に使う
ということです。

不労所得があれば、もっと楽に時間当たり利益を増やせるのでしょうが、私にそれはありません。
不労所得は、まとまったお金があってこそのものでもあるので、難しいものです。

ひとりしごとなら、不労所得よりも売上が爆発的に増えることを期待するよりも、時間当たり利益を増やすことを考えるのが現実的かと。

「ひとりの戦闘力=売上高」ではなく、「ひとりの戦闘力=時間当たり利益」と考えて、ここだけを増やすようにしてみましょう。


【編集後記】

近所のカフェに行きつつ、急に雨が降ってきたので、「どうしたもんか」と。
傘を買うのもあれだし、走るか‥‥と思っていたところ、目に入ってきたのは100均。
「あ、そうだ」とカッパを買い、それで帰りました。
これなら108円ですし、処分も楽です。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

お台場 クアアイナ店内
クアアイナ パインバーガー

【昨日の娘日記】
歩くのが楽しいようで、「あっち」と外に行こうとします。
いまや、エレベーターに乗り込み、マンションのエントランスを出ていくのもすいすいです。
まあ、疲れるのか飽きるのか、だっこをせがんできますが。

■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』