AI・ロボットができる仕事を人は手放せるか。変なホテルのフロントは恐竜型ロボット。

「AI・ロボットが仕事を奪う」といわれていますが、もし、そういう仕事があるなら、先に手放しておくべきだと思うのです。
どっちみち奪われるなら。
IMG 3413
※変なホテル 舞浜東京ベイにて iPhone X

AI・ロボットが仕事を奪う

AIやロボットの進化により
・人間の仕事がなくなる
・ホワイトカラーのピンチ
・資格業はあやうい
などといわれています。

現実にそれは起こっており、今後さらに広がっていくのは間違いないでしょう。
特別なAIやロボットが出てこなくても、普通のITの進化により、仕事はなくなってきています。

会計ソフトが普及し、ネットバンクの連動もできるようになった今、税理士に依頼する必要性はさらに減りました。
一部では価格破壊も起こっているところです。

そんな危機的な状況の中、ロボットが人の代わりをしているところを体験してきました。

人がいない、変なホテルのフロント

「変なホテル」というホテルでは、恐竜型のロボットがフロントです。
もちろん、しゃべりますし、動きます。
IMG 3453

画面をタッチすると、
IMG 3415

名前を音声入力にするか手入力にするかを選べるので、音声入力にしてみました。
IMG 3416

フルネームで話す、「です」はつけないといったルールがあります。
IMG 3417

が、私の声ではなかなか認識せずに、他の名前「ヤ○○ ア○ミ」が出ることも。。
同日の宿泊者から検索しているはずです。

■スポンサードリンク

妻に変わってもらうと、あっさり認識しました。
滑舌なのか、低い声に反応しないのか。。
IMG 3421

情報が表示され、確認した後、署名します。
IMG 3422

これでチェックイン完了です。
この間、人間は見ていません。
(チェックインのトラブルがあり、一度だけ見ました)
人を見ずにチェックインを済ませるというのも、面白い体験でした。
IMG 3423

隣りにある端末で、ルームキー(カード)を受け取ります。
枚数を指定できるのが便利でした。
IMG 3425

利用した感想としては、人がホテルのフロントである必要性はないなというものです。
たしかに、丁寧な対応、臨機応変な対応はないでしょうが、通常ならそういったものは求めず、スピーディーに手続きが終わったほうがありがたく感じます。
感じ方は人にもよるのでしょうが、ロボットだと過度な期待感をいただかないため、利用側も心穏やかです。
人がやるかどうかは、フロントも含めてサービスと考えるかどうか、ホテルのグレードにもよるでしょう。

フロントをあとにして、部屋へ。
掃除機ロボットが置いてあります。
IMG 3447

部屋には、音声認識のロボット、タピアがいました。
IMG 3428

電気をオン・オフ、テレビをオン・オフ、音量調整、エアコンの調整、天気、ニュースなどといったコマンドがあります。
GoogleHome、AmazonEchoと比べると、音声認識はいまいちという印象です。
スリープモードになると、タッチにしに行かなければいけないのも不便でした。
IMG 3435

一晩明けて、チェックアウト。
わくわくしていましたが、この端末にルームキーを入れるだけです。
IMG 3450

「ご利用ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。」と深々としたおじぎはありました。
EX IT

AI・ロボットができる仕事を手放せるか

ホテルのフロントをロボットがやる時代はもう来ています。

AIにしろロボットにしろ、それなりにコストがかかるでしょうから、すぐにとってかわるというわけではないでしょう。
しかし、「外でネットするなんてお金がかかる」といった時代もあったころから考えると、予想以上に早くどこでもネットをできる環境は整っています。
AI・ロボットのコストの問題も直に解消されるのではないでしょうか。
恐竜型のロボットのように目に見える形ではなく、RPA(Robotic Process Automation)というソフトウェア上のロボットも導入されています。

なんでもかんでもAIというわけではなく、今回の恐竜ロボットのフロントは、自律して動くという意味ではAIとはいえません。
AIでなくても、これまでのテクノロジーの進化によって、人が必要なくなることもあるわけです。

大きな課題は、人が仕事を手放せるかでしょう。
AI・ロボットでもできる仕事を、いざ人が手放せるかどうか。
「ホテルのフロントはやっぱり人がやらなきゃ」
「なにかあったら困るから人がやる」
「ロボットなんて信用できない」
と仕事に固執していると、手遅れになる可能性もあります。
その手放すタイミングが遅れると、「AI・ロボットに仕事が奪われる」という状態になるのではないでしょうか。

AI・ロボットを導入するかどうかにかからず、人がやらなくてもいい仕事なら率先して手放していきましょう。
私はすでに手放している仕事がいくつかあります。

「AI・ロボットに仕事を奪われる」という受け身よりも、
「仕事を手放してAI・ロボットに仕事を任せる」
「AI・ロボットができる仕事ならやらない」
といった攻めの姿勢でいたいものです。


【編集後記】

昨日はディズニーシーへ。
平日でもそれなりの混みようでした。
(土日はもっと混むのかもしれませんが)

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

ディズニーシー
スマホで入園

【昨日の娘日記】

ディズニーシーでは、ピクサーのショー、船に世論でいました。
これまでは嫌がっていたカチューシャも気に入っているようで。
電池で光るミニー型のペンダントも買ってみました。

■スポンサードリンク
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』