制約が苦手だけど、制約が多い「出版」という仕事をやっている理由

制約が苦手な私が、制約のある仕事をやっていることもあります。
それなりの理由があるからです。

※徳之島の宿にて 著書『ひとり税理士の仕事術』電子版の目次 iPhone X

苦手な仕事から逃げてもいい

雇われ時代、不安だったのは、「苦手な仕事をさせられたらどうしよう」というものでした。
たとえば、営業、モノを売るなんて考えられなかったので、営業に回されたらどうしようと思っていました。
とはいえ、就職浪人し、たどりついたのは公務員。

営業という仕事からは逃れられましたが、
・しがらみが多い仕事
・残業(待機)せざるを得ない仕事
・面白いと思えない仕事
など、苦手とするものはやらざる得ませんでした。

税理士事務所に入ってからも、苦手な仕事は多数。
流れ着いた独立では、苦手な仕事から逃げています。

もちろん、最初からそうできたわけではありませんが、ちょっとずつ変えてきて、逃げてきました。
その逃げてきた(逃げている)仕事の1つは、制約が多い仕事。
自分でコントロールできない要素が多い仕事は選ばないようにしています。

例外として、制約が多くてもやっているのは、「出版」という仕事です。

「出版」は制約が多い仕事

「出版」は思った以上に制約が多い仕事です。

自分だけではできない

まず、自分だけではできません。
自分だけで書いて出版する方法もありますが、通常は、出版社の編集者の方から声がかからないとできない仕事です。


■スポンサードリンク

原稿や企画を持ち込む方法や伝手を頼る方法もあるのでしょうが、確率は低くなります。

好きに書けないことも

書く内容も、自分の好きなようなものが書けるとは限りません。

それでも、自分なりに本につながるような工夫をしていますし、書く内容も、「これはゆずれない」というポイントは譲れないですし、自分がお役に立てないと思えばお断りしています。
カウントすると、

・これまで書いた本 10冊(+監修1冊)
・お断りした本 13冊
です。

お断りしたタイミングにはいろいろあります。

タイトル、表紙、価格、部数

ほぼコントロールできないのは、

・本のタイトル
・表紙
・価格
・部数
です。

こういうタイトルがいい!デザインがいい!というのは、意見を多少いうことはできても、基本的には、プロに任せるべきものです。
少なくてもいいから高めで、安く多く売りたいということもプロにお任せとなります。

発売時期

これは多少コントロールがききますが、どうしてもこの時期に!というものもあるにはあります。

売上

そして売上。
これはコントロールできません。
これくらいかかったからこれくらいの売上が欲しいと思っても、売れなければそれまでです。
売上が未知数なのは制約があるといえるでしょう。

制約があっても「出版」をやる理由

こういった制約があっても、「出版」をやっている、またおすすめするには理由があります。

プロの手を借りることができるから

出版は自分ひとりではできません。
だからいいのです。

自分の企画、考え、書き方などをプロのアドバイスを受けながら、共同で仕上げていくのが出版。
見出しの付け方、表現の仕方、出版の事情、売り方、視点などを学べます。
他の仕事にはないメリットです。

自分のレベルアップにもなるから

本を書くのはめちゃくちゃ大変です。
プレッシャーもありますし、今でも慣れません。
ただ、ピンチをくぐり抜ければ抜けるほど、強くなるのは世の常、ドラゴンボールの常識。

書くたびにレベルアップしています。
逆にいえば、レベルアップにつながらない本は書きません。

出版だから知ってもらえることもあるから

ブログをそれなりに書いていても、限界があります。
体系的にまとまった本だからこそ、伝わることもありますし、知っていただくことも多いものです。

「本で知りました」という方が多く、「本を読んで独立しました」「本を読んでやってみました」という声も多くいただいております。

もちろん、ブログにもその効果はありますが、その流通経路は、また違うものです。
チャネル(販売経路)の1つとして、出版を考えています。

受け取る金額と、価格の特殊性があるから

ひとりで仕事をすると、原則として、5万円を払っていただき、5万円を受け取ります。
出版は、2,000円を払っていただき、たとえば30万円を受け取るという特殊性があるのです。
この出版があれば、自分のノウハウを2,000円で広める道が開けます。

無料のもの、2000円前後、1万円前後、2万円前後・・・と様々な価格帯をそろえることは、売上の分散にもなりますし、必要な方へ自分のサービスを届けるためにおすすめです。

「違い」になるから

出版している人のほうが少ない以上、出しておくとそれは「違い」になります。
もちろん、出せばいいものでもありませんが、自分がお役に立てるものであれば、積極的に出していきましょう。

そして、出版を考えているなら、積極的に狙うべきです。
・窓口、依頼フォームを整える
・ネットで書く(検索してもらう、どういう文章を書くかみていただく)
・出したい分野の本は、日々徹底して研究する

などといったことがやっていきましょう。

決して楽ではない仕事ですが、おすすめしているのは、これらの理由があるからです。

動画 ひとりしごと出版セミナー – 株式会社タイムコンサルティング

〇Amazonの著書一覧

Amazon 井ノ上陽一の著書

『ひとり税理士の仕事術』『ひとり税理士のIT仕事術』の電子書籍はこちらのBookLiveのみです。
監修本『十人十色の「ひとり税理士」という生き方』も近日発売されます。

BookLive「ひとり税理士」で検索


【編集後記】
昨日は、鹿児島経由で、徳之島へ。
トライアスロンのためです。
台風が近づいているとのことで、スイムの中止は決定。。。
ラン5.8㎞→バイク75㎞→ラン21㎞になる予定です。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

徳之島
鹿児島空港
徳之島 マルーン
徳之島 Airbnb

【昨日の娘日記】

LINE電話、ちょっとわかるようになってきたのか、通話が終わると泣くようです。

電話中は真顔なんですが。


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』