Surface Book 2とSurface Laptop。Microsoftの13.5インチPCの比較。

Microsoftには13.5インチディスプレイのPCが2タイプあります。
どちらも使っているので、比較してみました。
Surface Book 2 Surface Laptop
※自宅にて iPhone X

MicrosoftのSurfaceシリーズ

WindowsPCの中でもMicrosoftのSurfaceシリーズが気に入っています。
シンプルで、コスパもいいからです。
新しい要素も取り入れています。

そのSurfaceシリーズには、
・ノート(Surface Pro、Surface Laptop、Surface Book 2)
・デスクトップ(Surface Studio)
があり、今回話題にするのはノートのほうです。

今持っているのは、Surface LaptopとSurface Book 2。
Surface Proは、RT、初代、4を使っていました。

Surface Book 2とSurface Laptopの比較

左がSurface Book 2、右がSurface Laptop。
ディスプレイの大きさは同じ13.5インチです。
キーボード部分は、Surface Book 2がやや大きいもののそれほど変わりません。
IMG 0063

厚みはこれくらい変わります。
IMG 0062

この厚みの理由は、Surface Book 2がタブレットとしても使えるからです。

Surface Book 2の分離・合体・変形

取り外しボタンを押すと、
IMG 0064

ディスプレイ部分が外れ、タブレットとして使えます。
IMG 0065

これだけだと、Surface Proと同じです。
■以前持っていたSurface Pro 4
DSC04007


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


ただ、Surface Proの場合は、ディスプレイが主体でキーボード(カバー)がついてくるというしくみでした。
ディスプレイ部分が重く、膝の上で使う場合には不安定です。
Surface Book 2の場合は、ディスプレイとキーボード部分にパーツが分散されており、バッテリーもそれぞれにあります。
そのため、膝の上でも安定して使えるのです。

このようにディスプレイを逆向きにつけて、
IMG 0066

動画やプレゼンに使うこともできます。
IMG 0067

そのままぺたんと倒すとスタジオモードと呼ばれる形態に。
タブレットのように使えるものです。
キーボード部分と連結しているので、処理能力も上がり、電源供給しながら使えます。
IMG 0068

分離合体変形ができるなんて、ロボットのようで、それだけでワクワクです。

12.9インチのiPadProと比べると、13.5インチのSurface Book 2は一回り大きく、タブレットとしても申し分ありません。
ただ、iPadProのアプリの豊富さと比べると、Microsoftストアのアプリは見劣りするという大きな欠点はあります。
IMG 0069

Surfaceシリーズで選ぶなら・・・Surface Laptop

Surface Book 2の欠点はなんといっても値段。
Surface Laptopとくらべても結構高いです。

Surface

Book 2
(最安値)

Surface

Book 2

Surface Laptop
(最安値)
Surface Laptop
価格 200,664円  336,744円 136,944円  158,544円
重さ 1,534g 1,642g 1,252g  1,283g
バッテリー 17時間  17時間 14.5時間  14.5時間
CPU Core i5
(7世代)
Core i7
(8世代)
Core i5
(7世代)
 Core i5
(7世代)
メモリ 8GB  16GB 4GB  8GB
SSD 256GB  512GB 128GB  256GB
タブレット使用  可 不可  不可
カラー 1色  1色 1色  4色
Windows 10 Pro  10 Pro  10 s  10 s
解像度 3000×2000 3000×2000  2256×1504  2256×1504
端子 USB-A×2、USB-C、SDカード、Surfaceコネクト USB-A×2、USB-C、SDカード、Surfaceコネクト USB-A、MiniDisplayPort,Surfaceコネクト USB-A、MiniDisplayPort,Surfaceコネクト

最安値と私が持っているものとで比較してみました。

■スポンサードリンク

Surface Book 2が33.6万円、Surface Laptopが15.8万円。
ほぼ倍です。
倍ほどのスペックなのですが、それほど差を感じるかというとそうでもなく。

Surface Book 2の最安値でも、20万します。
また、重さは、Surface Laptopの約1.3kgに対して、Surface Book 2は約1.6kg。厚みもありますので、持ち歩くならSurface Laptopのほうがいいでしょう。

Surface Laptopの15.8万円のモデルはカラーバリエーションもあります。
ただし、初期にインストールされているOSがWindows10 sなので、購入後に10へアップグレート(当面無料)しなければいけません。

軽いSurfaceなら、SurfaceProもあり、こちらは、
Core m3 128GB、4GBメモリで、768g、114,264円
Core i5 256GB、8GBメモリで、770g,158,444円。
ただし、キーボードカバーは別売りですので、310g、20,952円が加わります。
ディスプレイは12.3インチで、Surface Book 2やSurface Laptopよりやや小さめです。

13.5インチSurfaceで比べるなら、Surface Laptopかなと。
値段ほどの性能が仕事で必要かどうかによりますが。
Surface Book 2で動画をコンバートしてみたのですが、それほど劇的に速いわけでもなく、高負荷のゲームをやらないのであれば、それほどの性能はいらないのでは?と思っています。

ただ、Surface Book 2には日本未発売の15インチがあり、これが発売されたらその価値がまた出てきます。
15インチで重くはなりますが、タブレットとして使えれば12.9インチのiPadProとはまた違った魅力があるからです。

タブレットを他に持っているかどうかにもよっても、Surface Book 2がいいか、Surface Laptopがいいかは変わるでしょう。

分離・合体・変形は魅力なのですが少々めんどくさかったりします。
PhotoshopやIllustratorといった負荷のかかるソフトを開いていると、終了させないと分離できません。

タブレットとPCはわけて使ったほうが使いやすいというのが現時点の考えです。
ディスプレイのタッチはできたほうがいいですけどね。
(Macはディスプレイのタッチ操作はできません)

13.5インチSurfaceで迷っている方の参考になれば。

先日、Surface LaptopのCore i7、16GBモデルも発売されました。
280,584円しますが。


■スポンサードリンク
【編集後記】

3/11の古河はなももマラソンにエントリーしました。
2015年に一度出たことがあります。
(2016年は応援だけ)
初フルマラソンのメンバーとともに行くので、それも楽しみです。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

サンフレッシュポテトチップス
成城石井カレールー
信玄餅アイス

【昨日の娘日記】
最近はお風呂で洗うのを嫌がります。
お風呂自体は好きなようで、服を脱がせるから風呂場に突入するくらいですが。
洗うのは2人がかりです。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###