売上2倍よりも、時間1/2。1日4時間を「目の前」に、4時間を「未来」に。

売上を増やしたいと思ったら、時間を減らすことを考えてみましょう。
以前、売上2倍にしたいと思ったときに、時間を1/2(1日4時間)にしようと思い、行動したことが、最も効果があるものでした。
IMG 4134
※大阪にて iPhone 7 Plus

時間を2倍にすれば、売上が2倍になるかも

売上をもっと増やしたい
お金をためたい
と考えたときに、その方法として考えられるのはもっと働くこと。

8時間働いていれば、16時間働けば売上は2倍になるかもしれません。
ただ、それをやっていたら、体も心も持ちませんし、続かないでしょう。
それでいて、「2倍になるかどうか」は不確かです。

時間を仕事だけに費やすことで、失うものもあるでしょう。

「売上を2倍にするために、時間を2倍にする」
というのは、好ましい解決策ではありません。

時間を1/2にすれば、すべて解決する

私も、独立して3年目の2010年に、これからどうするか?を突き詰めて考えました。
売上を2倍にするために、時間を2倍にすることも考えましたが、前述のとおり、やりたくありません。

そこで注目したのが時間です。

仮に売上が1,000万円で、2倍の2,000万円にするために、働く時間8時間が16時間になっては意味がありません。
ましてや10時間、12時間働いていたら2倍にすらできないでしょう。
寝る時間、食事する時間もなくなります。

じゃあ、売上1,000万円を今の半分の時間で生み出せれば?と考えました。
売上1,000万円を8時間で生み出していたら、4時間でそれを生み出すように工夫するわけです。

8時間で1,000万円

4時間で1,000万円
とすれば、実質2倍の売上になるなと考え、実践したのが、2010年の秋です。
売上を増やすため、時間を増やすために、人を雇うという選択肢をもたない、「ひとりしごと」でしたので、別の方法を考えなければいけません。


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

考えつつ、仕事をしている時間を測り、4時間になったら仕事をやめていました。
ここでいう「仕事」とは、お金を直接生み出しているもの。
依頼を受けてやっている仕事や、セミナー(当時も多少やっていましたので)などを含みます。

未来への投資、インプットやアウトプットは考慮外です。
お金に直接つながると考えられるものを1日4時間におさめるようにしました。

もちろん、未来への投資を含めて1日4時間であとは遊ぶというのならもっといいのでしょうが、そうもいかず、あれから7年弱たった今も、なんだかんだ日々仕事はしています。
遊ぶことも未来への投資と考えており、この2010年からトライアスロンをはじめました。

食べていくためのお金につながる仕事に1日8時間、ときには8時間以上かけていては、遅かれ早かれ限界はきますし、売上を上げることはもちろん、維持することもできないかもしれません。

時間を1/2にし負荷をかけても食べていけるくらいを目指してみましょう。
独立後にしかできない必殺技です。

結果どうなったかというと、まあ、売上は増えました。
2倍以上に。
負荷をかけることによって、
・さらなる効率化を図った
・やりたい仕事、やりたくない仕事が見えてきた
・未来への投資の効果がでた
・時間単価をより考えるようになった
・新しいメニューをつくった
といった効果があったからです。

売上を2倍にしようとすると、
・時間を無駄に使ってしまう
・無理に拡大してしまう
・広告宣伝費やセミナー代を増やしてしまう
というように、「売上だけ」が増えてしまいがちですので、気をつけましょう。
売上が2倍になったって、お金は残らず、いい仕事もできず、疲れ果てて、プライベートも楽しめず・・となったら意味はありません。

時間を1/2にするための工夫

時間を1/2にするために、当時から今もやっているのは次のようなことです。

カウントする

「1/2にする」なら、カウントしないと、そうなっているかどうかわかりません。
当時は、こういったアプリを使っていました。
仕事スタートで押し、仕事以外なら停止し、またはじめたらスタートさせ、4時間を図るわけです。

aTimeLogger

無料
(2017.10.14時点)
posted with ポチレバ

最初はめちゃくちゃつらいですし、4時間で到底終わりませんが、それを乗り越えないと1/2などにできません。

今は、Excelで自作してカウントしています。
4時間の内訳、その他の活動も含めてすべて記録するしくみです。

忘れてはいけないのは、売上・お金も日々管理すること。
そうしないと、時間を1/2にはできません。
物事の判断は、時間とお金の両面があり、どちらか一方だと、判断を間違えるからです。

時間不採算・未来不採算・自分不採算部門を切り離す

不採算部門を切り離すことも大事です。
そうしないと時間を無駄に使ってしまいます。

まとまった売上がたつ仕事も、時間がかかりすぎるなら、時間不採算部門。
その仕事でお金が入ってきても、自分の腕が上がらない、やりがいがないものなら、未来不採算部門。
そして、何よりも自分が好きではなく、ストレスがたまるなら、自分不採算部門。

こういった不採算部門は、切り離すことも考えましょう。
効率化の第一歩は、0にすること。

0にすることなしで、時間を1/2にはできません。
当時でも今でも、私は仕事のリストをひたすら見るようにしています。
不採算部門がないかチェックするためです。

ただ、不採算部門を切り離すには、お金を把握していないとできません。

お金を把握しない

判断できない

不安で時間を使ってしまう

という悪循環になるわけです。

効率を上げる

時間を短縮するなら、効率アップが欠かせません。
ITスキルを上げるのは必須です。

・性能のいいPCを使う
・タイピングスキルを磨く
・操作性のいいマウスを使う
・情報収集の効率を上げる
・ソフト、サービスを使いこなす
などは当然必要なのですが、順番としては3番目です。

時間とお金のカウント、不採算部門の切り離しのほうが効果はあります。
その上で、いわゆる効率化を目指しましょう。
効率を上げるなら、好きな仕事、好きなお客様のために仕事をするのが一番です。

幾度となく書いてきた内容ではありますが、先日のコンサルティングでも話題に上がったので、改めて記事にしてみました。
1/2というのはなかなか難しく、今でも1/2ではない日がありますが、それでも多少なりとも時間を圧縮できているのは、「1/2」を意識しているからです。
売上2倍と、時間1/2。
私は時間1/2のほうが合っています。

時間1/2、むちゃぶりですが、時間・お金・仕事・生き方を見直すきっかけにもなりますので、現状を変えたいならおすすめです。


【編集後記】
昨日は引き続き富山。
雨予報でしたが、雨がやんでくれたので朝食後にあわててラン。
前回来たときもトライアスロンの翌日は雨だったので、ようやく走れました。
その後10時の新幹線で東京へ。
東京駅で妻と娘とちょっとだけ会い、午後は個別コンサルティングでした。

【10/31までに300kmラン】
+4km 109.7km

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

富山 環水公園ラン
富山 上サス昆布じめ
富山 ポテトチップス白えび
東京駅 つきじ喜代村
東京駅 小岩井農場

【昨日の娘日記】

■スポンサードリンク

昼に東京駅で再会、ランチしてソフトクリーム食べました(私達だけですが)
ソフトクリームにはかぶりつきそうにしてましたが。

■スポンサードリンク



■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

■1日1新 Instagram
@1day1new
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』