Philips HueとGoogleHomeで照明を声でコントロール。照明を便利に・楽しく。

自宅(仕事部屋含む)の照明を声でコントロールできるようにしました。
Philips HueとGoogleHomeがあれば、照明も便利にでき、かつ、楽しめます。

IMG 7088

※自宅にて iPhone 7 Plus

スマホ照明Philips Hue(フィリップス ヒュー)

Philips Hue(フィリップス ヒュー)は、スマホでコントロールできる照明です。

見た目は、普通にLED電球。
IMG 7067

セットになっている機器(ブリッジ)を、ルーターへ有線でつなぐと、スマホのアプリ(Hue)でコントロールできるようになります。
IMG 7029

従来の照明も、リモコンでコントロールできるようなものは多いのですが、そのリモコンを使うのがめんどうで、結局変えないままでした。
スマホでコントロールできると手軽に変更できるのでうれしいです。

明るさや
IMG 7005

色を変えることができ、
IMG 7027

選べる色は、1677万色です。
IMG 7025


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

Hueのランプには、1677万色のシングルランプと白系のみのホワイトグラデーションランプがあります。
カラーが多い方は、7,200円、ホワイトは4,000円ほど。
私は、ホワイトを選びました。
カラーで楽しむのは最初だけだろうなと思いましたので。

その分、据え置き型のHueGO(9,600円ほど)を買ってみました。
手のひらサイズの間接照明です。
IMG 7022

このように色を変えることができます。
IMG 7024

IMG 7023

これらの複数のランプをそれぞれコントロールもできますし、一括して点ける、消すということもできるのは便利です。

Hueは声でのコントロールにも対応しており、iPhoneだとHOMEアプリを入れれば、Siriで明るさをコントロールできます。

IMG 7007

Apple Watch でも、同様にタッチで操作、声(Siri)で操作が可能です。
IMG 7008

IMG 7009

その他、自分の位置を把握してくれ、自動で、
・外出すると電気を消す
・帰宅すると電気をつける
ということもできます。
ただ、自分だけで判定されるので、「外出時に仕事部屋のライトを消す」と設定しているだけです。
「帰宅時に仕事部屋のライトつける」と設定しても、必ずしもそこに行くわけではありません。
一人暮らしだったら、さらに便利に使えるかもです。

外出先から、電気をつけたり消したりもでき、朝起きる時間に、自動的に電気をつけることもできます。
これも私だけ早く起きるので、設定はできませんが。

コマンドとしてはこういったものが使えました。
「白にして」
「明るくして」
「25%にして」
「ちょっと暗くして」
「全部消して」
「全部つけて」
「ライト2をつけて」
「書斎をつけて」
「リビングをけして」

このHueだけでも十分便利なのですが、Google Homeだとさらに便利です。

Google HomeとPhilips Hueの組み合わせ

Google Homeのメリット

iPhoneやApple Watchでも便利なのですが、iPhoneやApple Watchが手元にないと操作はできません。
Apple Watchは常につけていることが多いとはいえ、そうでないこともあります。

Google Homeだと、身につける必要はありませんので、いつでも操作できるというのがメリットです。

また、AppleのSiriよりも、Google Homeのほうが、声の認識の精度が高く、反応も早く感じます。
手に何も持たずに、照明をコントロールできるほうがやはり便利です。

iPhoneでもApple Watchでも操作できるのですが、ほとんどの場合、Google Homeで操作しています。

リビングへの導入

Hueの存在は以前から知っていましたが、買おうと決めたのはGoogle Homeが出たからです。
iPhoneやApple Watchを使っても便利なのですが、やはり何ももたずに使わずに操作できるのは、便利かつ楽しく、未来を感じさせます。

当初、Hueを寝室と仕事部屋に導入しましたが、リビングへも入れようと決意しました。
これまで使っていたのはLEDのシーリングライト。
IMG 7039

電球であるHueを使うには、これでは使えません。
そこで、IKEAで買ってきたのは、このようなLED電球を3つ使うタイプ。
IMG 7061
HueはE26口金。E17やE10のタイプは使えません(変換器はありますが)。

さらにHueは800ルーメンという明るさ。
やや暗いのは否めません。
IMG 7077 1
IMG 7082

間接照明を使ったほうがいい場合も多いでしょう。
うちの場合はリビング(11畳ちょっと)にもう1つ照明をつけることができるのでそれで補っています。

Google HomeとHueはこういう配置です。
ルーターはリビングにあります。
EX IT

Google Homeのデメリット

ただ、Google Homeも欠点があり、持ち運ぶものではなく、電波が届かないところでは操作できません。
うちの場合だと仕事部屋とリビングは、Google Homeの範囲ですが、寝室は範囲外。
範囲外のところでは、iPhoneやApple Watchを使っています。
Google HomeまたはGoogle Home Mini(10/23発売)を買えば、解決するので、Miniを買うかもしれません。
(ビックカメラでは、15,120円のGoogle Homeを2台買うと、21,600円というキャンペーンをやっています。2台買うのもありでしたね。。)

照明を便利に・楽しく

照明を白にするか、オレンジ色にするかで、仕事や読書、くつろぐときと雰囲気を変えることができます。
寝室では、娘が寝る時間になると照明をちょっとずつ落としていくので、そういったときも便利です。

そのほか、照明を工夫すると、便利に楽しく過ごせます。

便利な照明

玄関には、人感センサー付きの電球を使っています。
EX IT 1

人がいると反応し、電気がつき、しばらくすると消えるタイプのものです。
荷物を持っているときに便利ですし、電気を消すことを気にしなくてもよくなります。
IMG 7013

アイリスオーヤマ LED電球 人感センサー付 小形電球 斜め取付タイプ 電球色相当 LDA3LHE17SH 口金直径17mm
by カエレバ

大きさ(17か26か)、どちら向きにセンサーが必要かを確認しましょう。

倉庫(のようなスペース)もセンサーライトです。

IMG 7017
ここは蛍光灯なので、電球タイプはつかえず、こういったものを使っています。

IMG 7019

ムサシ RITEX 「自由に曲がる三脚で様々な場所に取付可能! 」 LEDどこでもセンサーライト ASL-090
by カエレバ

楽しい照明

インテリアとして照明を楽しむ方法もあります。
といっても、それほどこっているわけではなく。。
ただ、以前、ひとめぼれで照明を買ったことがあり、今も使っています。

IMG 7065

リビング用の照明を探しに行ったら、この改良型があり、思わず購入。
カッパーとシルバーがあり、素材も変わり購入感が増しています。
IKEAの商品なので、組み立てなければいけませんが、その組立も楽しみです。
IMG 7064

組み立てて、旧型とくらべてみたところ。
(今は、同じ大きさのものと、大きめのものがあります)
IMG 7066

仕事部屋につけたところ。
無駄に大きいのですが、ま、アリかなと。
IMG 7069

ついているひもで開き加減を調整できます。
IMG 7075

閉じたところは、さながらデス・スター(スターウォーズ)。
商品説明にも「SF映画にインスピレーション」と書いてあります。
IMG 7074

開きながら輝くところは、IMG 7071
ユニコーンガンダムを彷彿させます。

スターウォーズ、ガンダム好きとしては買わずにはいられませんでした。

IMG 0303

もちろん、Hueを使い、Google Homeで使っています。

お気に入りの照明があれば、Hueに変えてみるのもおすすめです。

Hueで私が買ったのはこちら。ホワイトランプ2つ、ブリッジ、スイッチがついて、14,000円ほど。
色は白・オレンジ系のみです。

Philips Hue(ヒュー) ホワイトグラデーション スターターセット
by カエレバ

カラーランプがついているのは、こちらのセット。
カラーランプが3つ、ブリッジが1つで、28,000円ほど。

Philips Hue(ヒュー) スターターセット v2 929001156101
by カエレバ

単品のホワイトランプは、4000円ほど。これを3つ追加で買いました。

Philips Hue(ヒュー) ホワイトグラデーション シングルランプ
by カエレバ

単品のカラーランプは、7,200円ほど。

Philips Hue(ヒュー) シングルランプ 800 lm 929001156102
by カエレバ

電球単体では使えず、このブリッジ(8,300円)が必要です。
ホワイトグラデーションセット(14,000円)はホワイトランプ(4,000円)×2+ブリッジ(8,300円)+スイッチ(2,800円)=19,100円なので、お得になっています。
カラーのセット(28,000円)は、カラーランプ(7,200円)×3+ブリッジ(8,300円)=29,900円で若干お得です。

Philips Hue(ヒュー) ブリッジ 929001180614
by カエレバ

据え置き型のgoは、9,600円ほど。

Philips Hue(ヒュー) Go 915005240801
by カエレバ

IKEAのペンダントランプは公式サイトで売っています。
大きいのは14,990円、通常のは7,999円、旧型は4,999円です。
http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/70304913/

送料が最低でも3,900円ほどかかるので、店頭で買うほうがいいでしょうね(交通費・手間と天秤にかけつつ)


【編集後記】

先日、富山で開催したひとりしごとマーケティングセミナー。
朝日新聞富山支社の方が取材にきていて、新聞に写真付きで取り上げられていました。
ありがたいことです。

富山は、母方の祖母の故郷でもあり、今も母のいとこがいるというゆかりのある場所でもあります。

【10/31までに300kmラン】
+6.9km 116.6Km

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

フェルヴェール 富山駅店のプリン
SHURE RMCE-BT1
IKEAに娘と2人で

■スポンサードリンク

【昨日の娘日記】
娘と二人旅で、IKEA Tokyo-Bay(南船橋)へ。
照明を仕入れに。
娘用にトンネルも買ってみました。
大喜びです。

■スポンサードリンク



■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

■1日1新 Instagram
@1day1new
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』