少数派を「あえて」選ぶ。「あえて」をつけて自信をもつ。

違いをつくるためには、少数派を「あえて」選ぶのがおすすめです。
「あえて」には不思議な効果があります。
IMG 0699
※お台場海浜公園にて iPhone 7 Plus

「同じ」ほうが楽

周りの人と同じように考え、同じように行動したほうが楽です。

それは、
・同じ人から学べる、前例がある
・安心できる
・波風をたてなくてすむ
といった理由からでしょう。

ただ、「同じ」では、「違い」を作れません。

同じ道で「違い」を作るには、競争に勝たなければいけなくなります。
もちろん、その道で勝てればいいのですが、かんたんなことではありません。

私は同じ道で真っ向から競争して勝つ自信はなく、「違う」道を選ぶようにしています。

違う道とは、少数派です。

少数派を選ぶ

その少数派を選ぶようにしています。
違いをつくるためです。

独立して、人を雇うのが多数派、人を雇わないのが少数派ですが、あえてその少数派を選んでいます。
Windowsが多数派だとすれば、Macは少数派。
トライアスロンをやっているというのも少数派。
Excelマクロをやっているのも少数派。
ドローンをもっているのも少数派。
ブログをやっているのも少数派です。

多数派がどうというわけではありませんし、私もすべてが少数派というわけではありません。(どの属性で多数派か少数派かを考えるかで変わってくるでしょう)


■スポンサードリンク


ただ、少数派を選ぶことで、少なからず違いを作れている部分があります。

「ひとりしごと」では、
・大企業
・中小企業
・経験を積んでいる人(ただしきちんと)
と同じことをやっていたら違いを作れません。

多数派の中にいたら埋もれてしまいます。

「あえて」をつけると不安がなくなる

ただ、少数派は不安なものです。

・これでいいのか
・失敗するかも
・なんでこんなつらいことをやらなきゃいけないのか
・前例がないからわからないことが多い
・多数派に何か言われたら、馬鹿にされたらどうしよう
など、不安は募ります。

望まぬ方向へ、ついつい流されてしまうこともあるでしょう。

そんなとき、私は、「あえて」という言葉を使っています。

少数派を「あえて」選んでいるのです。

「あえて」独立した
ひとりを「あえて」選んでいる
トライアスロンを「あえて」やっている
ブログを「あえて」やっている
早起きを「あえて」やっている
時間管理を「あえて」やっている
お金管理を「あえて」やっている
ドローンを「あえて」買っている
Macを「あえて」使っている
1日1新を「あえて」やっている
やらないことリストを「あえて」やっている
「あえて」自宅兼オフィス
「あえて」やめた
「あえて」やっていない
「あえて」断る

つまりは、
・やっていることを「選んでいる」と定義する
・選ぶ理由がある
・自分で納得している
ということを大事にしています。

自分が選んだ道が少数派で、自分の道に不安があったら、「あえて」をつけてみましょう。
「なんとなく」だと不安になってしまいます。

明確な自信がなくても、とにかく「あえて」をつける。
そうすれば、自信や行動はついてきます。


【編集後記】

昨日はWordPressブログ入門セミナーを開催。
北海道、大阪からもご参加いただきました。
年内にいいスタートを切っていただければと思っています。
次回は、1/6に開催予定です。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

ファミマ ネットプリント
ブログセミナー資料 新形式
GoProサイトで注文

■スポンサードリンク

■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』