Excel2003ユーザーのためのExcel2010入門その1[あのメニューはどこに?]

Excel2003とExcel2007・2010には大きな違いがあります。
その違いを連載で改めてまとめてみます。

スクリーンショット 2012 07 20 7 02 12

見た目の違い

次の画像は、上が2003,下が2010です。
画面上部のメニューが大きく違います。
スクリーンショット 2012 07 20 7 03 49

2007以降のリボンは、慣れるのが大変ですが、慣れると使いやすくなります。
こちらも記事も参考にしてください。
Excelのリボン嫌いを克服する方法 » EX-IT | EX-IT

あのメニューはどこへ?

リボンで最も多い質問が、「2003のあのメニューはどこにある?」というものです。
マイクロソフトのサイトにも対応表があります。

Excel 2010: メニュー/リボン リファレンス ブック – テンプレート – Office.com

ダウンロードすると、次のようなファイルで対応を見ることができます。

スクリーンショット 2012 07 20 7 42 57

2003と2010のメニューは次のようになっています。
2003→ ファイル、編集、表示、挿入、書式、ツール、データ、ウィンドウ、ヘルプ
2010→ファイル、ホーム、挿入、ページレイアウト、数式、データ、校閲、表示、開発(オプションで表示)

スクリーンショット 2012 07 20 7 44 31

イメージとして、次のように対応しています。

スクリーンショット 2012 07 20 8 13 00

リボンの[ホーム]タブに、いろんな機能が集約されているのです。

その分、使いやすくなっています。

対応がわかりにくいのは次の5つです。

・2003の[表示]と2010の[表示]

同じ名称の[表示]という項目がありますが、中身は違います。
2010の[表示]には、主に2003の[ウィンドウ]にあったメニューがあります。

2003

スクリーンショット 2012 07 20 8 16 48

2010
スクリーンショット 2012 07 20 8 16 35

ウィンドウ枠の固定はよく使いますね。

・表示

2003の[表示]は、

スクリーンショット 2012 07 20 8 22 44

2010では、ほとんどが右下のアイコンになりました。

(コメントは[校閲]へ)
ドラッグで倍率を変えることができたり、改ページプレビューへ変更ができるので便利です。

スクリーンショット 2012 07 20 7 03 57

・グラフ

2003では、アイコンや[挿入]にありましたが、。

スクリーンショット 2012 07 20 8 19 12
2010では[挿入]のみにあります
スクリーンショット 2012 07 20 8 19 49

・ピボットテーブル

2003では、[データ]にありましたが、

スクリーンショット 2012 07 20 8 20 48
2010では[挿入]にあります。
スクリーンショット 2012 07 20 8 20 40

・オプション

2003では、[ツール]にありましたが、

スクリーンショット 2012 07 20 8 23 45

2010では[ファイル]にあります。
スクリーンショット 2012 07 20 8 23 32

必要なときに出てくるリボン

リボンには「クリックしたときのみに表示される」ものもあります。
たとえば、グラフをクリックすると、リボンに[グラフツール]が表示されます。

スクリーンショット 2012 07 20 8 38 08

ここでデザインを変えたり、設定を変えたりすることができます。

スクリーンショット 2012 07 20 8 38 14
2003だとこのように表示されていました。

スクリーンショット 2012 07 20 7 24 32

次回は、2010で便利になったポイントをご紹介します。





【編集後記】

■スポンサードリンク

昨日の朝、新しいランニングシューズを試してみました。
5本指シューズです。
裸足とおなじような感覚で、足がどうやって地面に着地するかがよくわかります。
単純に走っていて楽しいです(^^)