・固定費をチェックしましょう

「固定費削減」という言葉はよく聞きますが、意外に見落としている固定費は多いものです。
ときどき、見直しが必要だと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
・固定費をチェックしましょう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

固定費とは

そもそも固定費とはどういったものでしょう。
一般的には、「売上高」「収入」に応じて変動しない支出(経費)をいいます。
例えば、このように収入と支出があったとします。
EX-IT|
もし、収入が激減又は0になった場合にも減らないものがあれば、それが固定費です。
仮に1ヶ月間、家でごろごろしていても出て行くものと言えるでしょう。
EX-IT|
固定費には、金額が完全に同額のものと、多少変動するものがあります。
前者は、サービスの利用料(プロバイダや手数料)、後者は、水道光熱費、電話代、食費(外食を除く)です。
これらをリストアップし、月にいくらの固定費がかかっているかを把握しておくことが重要です。
ビジネスをされている方は、ビジネス、プライベートの両方のチェックが必要となります。
固定費のチェックポイント
リストアップすると、次のようなポイントでチェックしてみましょう。
・使っていないものがないか?

・明細が不明なものがないか?

・年に1回支払っているものも月割りで確認

・使ってないもの、不明なもので、やめることができるものはないか?

・カードで決済されているものはないか?
特にカードの利用明細、預金は要チェックです。
私も先ほどチェックすると、最近使ってないものがありました(^_^;)
ダウンロードして聴く教材です。
聴くかやめるか決めないといけないですね・・・。
売上や収入を上げるのは難しくても、経費(支出)、特に固定費を減らすのは簡単な場合があります。
自分自身が決定して行動すればいいからです。
固定費を月1万円下げれば、月1万円収入が増えたのと同じ効果があります。
ぜひ定期的にチェックしてみましょう。
=========================
【編集後記】
地道に作っていたExcelの給与計算システム。
ようやくクライアントに提供できました。
テストしながら、改善していきます。
給与計算ソフトを買えばいいんですけど、各社に買っていただくのも・・・と思い、作ってみました。
一度作れば、メンテしつつずっと使えますしね。

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』