独立後、こどものイベントへ確実に参加するには

独立後はプライベートの予定も立てやすくなります。
ただ、それなりの工夫が必要です 。


※運動会にて by Panasonic G100

子どものイベントをカレンダーに登録する

プライベートの予定、たとえば娘のイベントはぜひとも参加したいものです。
昨日は9時半から10時半まで発表会でした。
独立後は、平日の朝であっても予定はつきやすくなります。
ただその一方で難しい面も。

独立前なら、有給休暇を取り、休みということにすれば、連絡があったり急な予定が入ったりということはないでしょう(そうでもないときもあるでしょうが)。
しかしながら、独立後は完全な休みというわけではなく、完全なオフというものがあるわけではありません。
絶賛営業中なわけで、それなりに工夫は必要です。
「明日は、9時半から10時半まで子どものイベントなので、連絡がつきません」とわざわざ告知するのも変でしょう。

まずは、カレンダーにイベントを登録してしっかりと守りたいものです。
私の場合、自分の予定を公開して(予定が入っている枠のみを公開し、予定の中身はわからない)、空いているところに、予約を入れていただく仕事もしています。

プライベートの予定であろうと仕事の予定であろうと、カレンダーに埋まっていれば守れるわけです。
もちろん、そのプライベートの予定が山ほどあるわけではありませんので、だいたい予約はできる状態にしています。

 

日頃から急な予定が入らないようにする

「急に仕事が入って」
「仕事が入ったから行けなくなった」
「仕事があるから早く切り上げなきゃいけない」
などといったことはよくあるものです。
こういったことがないように、時間管理をしています。

大事なプライベートのイベントのときに、そんなことが起こることもあるでしょう。
「仕事だからしかたない」ということで本当にいいのでしょうか。

仕事とプライベートのどちらかが大事というものではなく、どちらも大事です。
(「仕事と私とどっちが大事?」というのもどちらも大事なわけです。まあ見せ方は大事でしょうが)

お互いそれぞれを尊重し、うまくバランスを取っていきましょう。
もし私が仕事を依頼している方が、私の依頼のせいでプライベートのイベントを犠牲にしていたとしたら……と考えると悲しくなります。

仕事を受ける側も依頼する側もお互いの生き方を尊重し、バランスをとっていきたいものです。

日頃から急な予定が入らないようにしていきましょう。
・期限ギリギリで仕事をしない。
・至急!という仕事の依頼を受けない、そういう方と付き合わない
・お客様と信頼関係を築く
といったことが欠かせません。

もちろんプライベートで急な予定というものも入れないようにします。
「今日は天気がいいから遊びに行こう」と仕事の予定をずらしてまでプライベートの予定を入れるということではありません。
トラブルなどは別として。

 

連絡手段を整えておく

こどものイベントのときに、電話がかかってきてそれに出たがために、大事なこどもの出番を見逃してしまったら……悔やむに悔めません。

前述したとおり、仕事は大事です。
ただ、プライベートも家族も娘も大事。

・そのタイミングに連絡を取る必要があるのかどうか。
・プライベートであれ、仕事であれ、相手の時間を強制中断させてまで連絡する必要があるのか。
そう考えると、常日頃から連絡手段として電話を選ぶ理由はありません。

もちろん直接話したほうがいい場合があるのは事実です。
もし直接話すのであれば、仕事の予定として組み込み、プライベートとともにそれぞれが計画すればいいでしょう。

メールだったら、こどものイベントでも、確認し返信することはできます。
昨日もちょっとした待ち時間にメールを確認しました。
(メールはありませんでした。通知はオフにしているので、こちらから見に行きます)
すぐ返したほうがいいものはもちろん返しますし、そうでないものは後でいいはずです。

9時42分にメールを送って、その返信が9時43分に来る必要があるのかどうか。
その返信がイベントの終わった後の10時32分になったら困るのかどうかということです。

それを強いられるのであれば、その仕事はいりません。
それくらいの覚悟はもっています。
こういう記事を書く時点で依頼がなくなる可能性もありますし。

ここ数年は、時間を尊重していただき、お客様にはほんとうに感謝しています。
昔は電話がガンガンということもありました。

そもそも電話やメールが多すぎること自体も見直したいものです。
・仕事の件数が多すぎる
・仕事のやりとりが多すぎる
ということでもなりますので。

仕事量が多ければ、たとえ1時間だけはこどものイベントに出ることができても、その前後は気が気ではないでしょう。
前日に徹夜や残業をしなければいけないかもしれません。

こどもに限らず、プライベートのイベントに快く参加できるかどうか。
仕事量や時間管理、そしてその仕事自体のバロメーターにもなります。

 



■編集後記
昨日は、紀伊國屋書店新宿店へ。
新刊も無事並んでいました。

「1日1新」
ライカ モノクローム フジフィルムのカメラ テスト
こども会

■娘(3歳8ヶ月)日記
昨日は、保育園のイベント。
劇で、うさぎをうまく演じていました。
ニコニコしていて、よかったなーと思っていたら、先生によると本番前は泣きじゃくって大変だったそうです。
動画もばっちり撮れました。