「背中をみられている」という意識と積極的に背中を見せること

仕事をしている上で、「背中を見られている」ことは意識しなければいけないと考えています。

DSC03965 1
*ロタ島にて。DSC-RX100M3

「まだまだ・・・」

「まだまだです。」
「未熟者ですから」
という謙虚さは、それはそれで大事だと思います。

「完璧!」
「最高!」
「誰にも負けない!」
と思っていることの方が危ういでしょう。

ただ、「まだまだ・・・」と思いすぎてもいけないのでは?と考えています。

誰かから背中を見られているはず

会社に入社し、2年目になれば、もう1年目の社員から背中を見られます。
1年目の社員も、大学生からは背中を見られているはずです。
そして大学生も・・。
と、人は必ずその背中を見られているのではないでしょうか。
(0歳児以外)

独立すれば独立前の人から。
部下を持てば、部下から。
人を雇えば、従業員から。
子供をもてば、子供から。
と、自分が成長するにつれて、背中を見られることは増えていきます。

だからこそ、少しでもかっこいい背中をみせなければいけません。
私もまだまだ・・と思いますが、そういう事実を意識すると、「もうちょっとやらねば」という行動力がわきあがってきます。

ひょっとすると、誰からも見られてないかもしれませんが、ひとりでも見てくれていれば、その視線は行動力につながるでしょう。

積極的に背中を見せることのススメ

むしろ、積極的に背中を見せることもおすすめします。
行動力が数十倍になるからです。
やっておけば感謝もされますし、やっておいて損はありません。


■スポンサードリンク


こういうブログも、メルマガも書籍やセミナーも、そして、私が独立をサポートする活動をしているのも、その1つです。
これは、人を雇っていなくてもできます。
(現に私は雇っていませんので)

かっこいい背中を見せられるように、ちょっとでも前に進むと自分のためにもなるのでおすすめです。

私も【まだまだ】かっこいい背中を見せられていませんが。。。





【編集後記】

昨日、早朝の便で成田を発ち、グアム経由でロタに到着しました。
明日、11/7(土)がトライアスロン(スイム2.0km、バイク90km、ラン21km)です。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

グアム(乗り継ぎだけ)
ロタ島
ユナイテッド航空

【1日1節】
時間術の本を1日1節書く。12月22日完了予定。
37/84(+1)

■スポンサードリンク

【11/8までに200km】
174.4km(+0)