独立後、サボっていると思われないようにするには

「サボる」というのは、悪しきこととされています。
独立後、サボっていると思われないようにしたいもの。
私がやっていることをまとめてみました。

※金曜日の午後に観た映画 by Nikon Z7Ⅱ+AI 35mmF1.4

サボるからテレワークは禁止?

テレワーク(リモートワーク)は、それほど浸透せず、さらには、緩和、禁止という話も聞きます。
その理由の1つとして挙げられているのは、「サボるから」。

「自宅だと何をやっているかわからない」という声も。
(夢のある製品を出していて、夢のない思考・発言をしてほしくないなぁと。車買うならここと思っていましたがやめようかと)

給料を払っていて、サボられると困るのは事実でしょう。
通勤したとしても、いくらでもサボれますし、サボっている人は多いものです。
(私はサボっていました)

・オフィスの仕事に座っていて仕事をしているフリをする
・自宅で仕事以外のことをする
何が違うのでしょうか。

ま、世のテレワークのことは置いておき、独立後の話を。
独立すると、ある意味いくらでもサボれます。
上司はいませんから。

ただ、お客様に「サボっている」と思われないようにしたいものです。

独立後、サボっていると思われないようにするには

一般的には、目の前で仕事をしていないとサボっていると思われます。
少なくとも、サボっているのではないかという疑われる可能性はあるでしょう。

「サボっている」と思われると、仕事の依頼がなくなる可能性もあります。
・こっちはしんどい思いをしているのに
・こっちは休んでないのに
・こっちはお金を払っているのに
と。

「注文しても、すぐにつくりはじめない」というのは、目の前ならわかりますが、そうでないとわかりません。
かといって、常にお客様の前だけで仕事をするのは、不可能です。
それでは、独立前と変わらなくなります。

サボっていると思われないように、毎日でなくても週に何日か通うのも変な話です。
通わなくても、常に電話対応できるようにしておくということもあるでしょう。
独立当初の私がそうでした。

「サボっていると思われたくない」と、毎日オフィスに通い、9時からの電話は確実にとり、日中も電話に出ることを心がけていたのです。
そんなこと求められていないのに……。

独立後、特に独立直後は、独立前(学校、会社)の呪縛があります。
それを1つずつ外していきましょう。

仮にサボるようなことをしていても、黙っていればいい話です。
・映画に行く
・美術館に行く
・トレーニングする
・家族と遊びに行く
・寝る
・旅行に行く
・買い物に行く
・整体に行く
・病院へ行く
・美容院へ行く
などなど。

お客様に話さず、ネットにも書かず、「サボらず仕事をしている」ていにしておけばいいのです。
独立後はそれができます。
「他のお客様の仕事があって」
「打ち合わせがあって」
「その日は予定がありまして」
などといって、取り繕うことはできます。

ただ、それがいいことかどうか。
「サボらず仕事をしている」になんの価値があるか?
私が仕事をお願いして、サボらずに仕事をしていただいたとしても、納品が遅れたり、期待と違う品質だったりしたら、その「サボってない」という事実には価値を見出しません。

独立後は、サボっていると思われるかどうかが関係なく、その成果を大事にしたいもの。
「サボる」という概念自体もなくなります。

独立後、「サボる」はなくなる

「サボる」とは、しなければいけないことを怠ることだとすれば、しなければいけないことをやっていれば問題ないわけです。
独立後は、週に40時間仕事をしているのが、しなければいけないことではありません。
(独立前だって本当はそうですが)

ご依頼いただいた仕事が「しなければいけないこと」です。
その成果を出せば、どう過ごしても問題ありません。

「毎日オフィスに通い、9時から17時までは座っておくこと」という契約をお客様と結べば別ですが、そういった契約はしていないはずです。

そういった状況で仕事をする独立後。
「サボる」という概念もなくなります。
私はサボっているとは思っていません。
「お休みをいただく」という感覚もそうです。

そのかわり、その日または翌日には返信をしていますし、当然のことながら、ご依頼いただいた仕事は完遂します。
誰かに見られていないからやらない(サボる)というような姿勢では独立後、どっちみち食べていけません。
私は、目の前に誰もいなくても夢中で取り組める仕事だけを受けています。

さらには、お客様にも時間は自由に使っていただきたいのです。
せっかく独立したのですから。
私がお客様を「サボっている」と思うことはありません。

平日にどこかへ行ったという話を聞いたり、投稿を拝見したりすると、うれしく思います。

お互い取り繕う必要はありません。
私はむしろ積極的に日々の行動を発信に含めています。
それで「サボっている」と思われるなら、もうしかたありません。
ご縁がなかったということです。

もし、時間を自由に使いたいのであれば、「サボる」という概念、感覚をなくしましょう。
サボっていないのですから。

 



■編集後記
昨日は、オフ。
娘とプールに行くも、点検で1ヶ月休止とのこと……。
しかたなく公園→イオンへ。
プールは、夕方に別のところへ行きました。

夜は、一緒にポケモンアルセウス。

1日1新Kindle『1日1新』Instagram『1日1新』
忍者屋敷のお面づくり
家族で北野エースのカフェ

■娘(5歳)日記→Kindle『娘日記』・ Kindle『娘日記Ⅱ』
忍者屋敷のコーナーがあり、興味を持ったのは、お面づくり。
白いお面にペンで書くものです。
鬼滅の真菰っぽくしていました。
夕方のプールでは、友達と遭遇。
友達2人と私という組み合わせで、延々遊びました。
鬼ごっこしたり、ゴーグル拾いしたり。