1日は24時間ではない。[時計式ToDo管理付せん]で時間を配分しよう。

1日は24時間。
朝、この配分を考えてみましょう。
[時計式ToDo管理付せん]を使うのもオススメです。
IMG 5404
※自宅にて iPhone 6s

24ー(睡眠+食事)=

1日は24時間であり、25時間になることはありません。
しかしながら、自由に使える時間と考えると、もっと少なくなります。

睡眠に7時間、食事(朝食、昼食、夕食)+支度・風呂などに3時間と考えると、

24ー(7+3)=14時間

しかないのです。

これをどう使うかを考えなければいけません。

睡眠や食事の時間は人により異なりますので、どのくらいの時間がかかっているかを把握しておきましょう。

時間を配分する

この14時間をどう配分するかを朝考え、常にチェックすべきです。
時間は、流れます。
何も考えずにスタートすると、いつのまにか過ぎ去ってしまいますし、朝、配分しても日中にチェックしなければやはり流されてしまうでしょう。

私は、
・朝、時間を配分する
・日中も常にチェックする
を日々続けています。

今朝の配分時の状況です。
今日は4:49に仕事スタートでした。
EX IT SS


■スポンサードリンク


このしくみは、taskchuteというExcelベースのソフトを参考に、自分なりにカスタマイズしたものです。
【関連記事】我流 TaskChuteのしくみ。時間を味方につけるタスク管理ソフト。 | EX-IT
リンク

タスク管理、TODOリストといったものよりも、「時間を配分する」という感覚でやっています。

[時計式ToDo管理付せん]を使ってみよう

この配分をPCを使わず手軽にやる方法があります。
[時計式ToDo管理付せん]です。

文具コンサルタント土橋正さん考案のこのふせん。
24時間が12時間ずつの2つの円で表現され、時間を配分できます。
IMG 5405

今日はこのように配分しました。
Excelでは細かく配分していますが、[時計式ToDo管理付せん]では、目で確認でき、俯瞰できます。
IMG 5400

午前中の12時間(左の円)は、睡眠ですでに時間を使っており、午前中は残り7時間ちょっとです。

その7時間を、こう配分します。
4:49〜6:00 朝のタスク(経理、タスク管理、情報整理など)・ブログ (すでに過ぎていますが・・)
6:00〜9:00 朝食やA社の仕事
9:00〜11:00 新刊の執筆
11:00〜12:00 ランチや支度

午後の12時間(右の円)は、睡眠で2時間、プライベート(夕食や風呂、休息など)で3時間を使っているので、あと7時間。
12:00〜13:00 新刊執筆など
13:00〜15:00 S様個別コンサルティング
15:00〜16:30 新刊執筆など
16:30〜17:30 M様打ち合わせ
17:30〜19:00 新刊執筆など
という予定です。

新刊は2/17が1つの締め切りなのでちょっと多めになっています。
疲れ具合で、プールに行くかランに行くかもしれません。

注意すべきはスケジュール(アポ)。
よくもわるくも時間が固定されるからです。
スケジュールを入れすぎると仕事をこなせません。
「仕事が多すぎる」のは「スケジュールが多すぎる」「単価が低すぎる」のです。

ざっくりでもこのように俯瞰できると、すっきりします。
さらには、すっきりとともにプレッシャーも感じるのです。

仕事の時間を塗ると、このくらいしかありません。
EX IT SS 2

やるべきことをきっちりやっていかないと、すぐに過ぎ去ってしまいます。
・日々、効率化を実践
・整理整頓でロスをなくす
・スケジュールをコントロールする
・パフォーマンスを発揮できるように、体調や心理状態を整える
・邪魔を排除する
などを常に考え、時間の使い方をトレーニングするしかありません。

付箋は、このように、50枚綴りで、
IMG 5402
はがして貼ることもできます。
IMG 5401

1セット(50枚)540円です。
買えるところが限られているのが残念ですが、使ってみていただければ。
ネットだと楽天に売っています。

実店舗だと、表参道の文房具カフェが買いやすいです。
私はここで買いました。

この[時計式ToDo管理付せん]も載っている土橋さんの本はこちらです。





【編集後記】
昨日のランは、自宅から汐留まで6kmくらい、汐留で仕事して東銀座まで1kmくらい。
最近のストレッチ、ヨガの効果が出てきたのか、「お!」と思えるくらいのいいフォームで走れました。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

汐留日テレプラザ
エクセルシオール 日テレプラザ店
WordPressハミングバードのトップ画面カスタマイズ