やりたくない・やらない主義の仕事に値段をつけない

やらないと決めた仕事、やりたくない仕事には値段をつけないようにしましょう。
つけると買われてしまいます。
IMG 2767
※東京駅そばの居酒屋にて iPhone 7 Plusで撮影

メニューがあれば、買っていただける

メニューがあり、値段がのっていれば、買っていただける可能性が出てきます。

「こういうことを頼みたいので、5万円払います」
とは言っていただけません。

「こういうことを頼みたいので、いくらくらいになりますか?」
とは聞いてもらえることもあるでしょう。
しかし、多くの場合、それは聞かれないで終わります。
ないメニューを頼むのは勇気がいるのです。

飲食店ならまだしも、サービス業ならなかなか言い出しにくいでしょう。

だからこそ、メニューを出しておかなければいけないのです。

昨日の私の仕事も、メニューがあり、値段をつけているからこそこそ実現したものでした。

値段をつけなければ断ることができる

逆に、メニューへ載せず値段をつけなければ、断ることができます。

・やりたくない仕事
・本当はやりたくない仕事
・やらない主義の仕事
は、値段をつけないようにしましょう。

値段をつけてしまうとブレます。
やらないと決めていても、5万円払うよというとやってしまいがちなのです。

たとえば、私は、レシートを預かってデータ入力する仕事に値段をつけていません。
やらない主義ですし、やりたくないからです。
経理は、自らがやるべきものですし、コツコツやるべきものです。
他人に任せているといつまでたっても解決しません。
経理担当者がいれば任せることもできますが、そうでない場合は自分でやるものであり、経理までが仕事です。
その信念があるので、データ入力の仕事を受けていません。

データ入力、経理は私もめんどくさく自分のも嫌なので、毎日やっていますし、徹底的に効率化しています。
そうやって終わらせているのに、仕事でデータ入力をやらなければいけないのは変な話です。
お金をいただいてもやりません。
税金以外の書類の作成や、登記手続きも値段をつけていないことです。

仕事を紹介することにも値段をつけていません。
紹介料をもらわないということです。
紹介料をもらうようにすると、判断が鈍ります。
保険の紹介をすれば多額の収入が入りますが、独立以来やったことがなくやる気はありません。
他の業種も同じです。
仕事をきちんとやってくれればそれでいいと思っています。

最近も、値段を外したものがありました。
もうやらないと決めたからです。

前提として、メニューにあり値段をつけた仕事をやるようにしなければいけません。
そうしなければ、値段をつけないで(または他のメニューに含めて)、やりたくない仕事、やらない主義の仕事をやってしまいます。
その点に気をつけましょう。

やらないと売上が減るかも・・を捨てる

値段をつけない、メニューの載せないとなると、心配しがちなのは、「売上が減るかも・・・」というもの。
私も最初の頃はそう思っていました。
データ入力も含めたやったほうが仕事はとりやすくなります。
「レシート送ってくださーい」といえばいいので。
ただ、自分には反してしまいます。

売上よりも「自分がやりたくないことをやらない」「自分がやらないことをやらない」ことが大事であり、それらはお金を積まれてもやりたくないこと、やらないことのはずです。
値段をつけていると、いつまでたってもそれをやってしまいます。
そういう私も捨てきれない仕事がありましたが、値段を取り外して捨てることができました。

電話対応に値段をつけていたら、電話対応を値段に含めていたらやらなければいけませんが、私は値段をつけていないので、「やってないんで」ですみます。
FAXもそうです。

すぐになくすことができなければ、徐々に減らしていき、新規にとらないようにしましょう。

ラーメン屋で、うどんに値段がついてたら出さなければいけません。
値段をつけてなければ、出さなくて済みますし、注文もされません。
いくらニーズがあっても、自分がやりたくない・やらないと決めたら、値段をつけないようにすべきです。
その信念は、お客様に伝わります。

 

 


【編集後記】

昨日は友人夫婦とランチ。
楽しみながら近況を報告しあいました。

その後、個別コンサルティング。
ウェブマーケティングに関するもので、面白いコンテンツをお持ちなので、楽しみです。

その後いったん帰宅して、トライアスロンバイクで8km、トライアスロンショップへ。
シーズンに向けてのメンテと新パーツ装着のためです。
しばらく預けておきます。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

とある方の個別コンサルティング
友人夫婦と雅叙園

【昨日の娘日記】

最近、口笛がお気に入りのようです。
泣き止むことも多く、口笛増えるようになっていてよかったと思います。
昔、苦手だったので。