扉を抜けて逆側を経験するー売る側、教える側、作る側ー

世の中、扉をくぐりぬけて逆側を経験すると、非常におもしろく、他者の役に立て、自分の成長にも役立ちます。
IMG 0521

やる側を経験

AからBへモノやサービスが提供されると考えると、通常、生活や仕事をしている場合、Bの側にいることが多いでしょう。
スクリーンショット 2013 11 17 8 24 05

このA(提供側、やる側)とB(提供される側、見る・楽しむ側)の間には大きな壁があります。

スクリーンショット 2013 11 17 8 24 40

しかし、決して越えられない「壁」ではありません。
むしろ「扉」といえるものでしょう。
開けることができ、通り抜けることができるものです。

時代の変化、ITの進化により、この扉をくぐり抜けることも簡単になりました。

たとえば、次のようなものがあります。
情報提供を受ける側から、情報提供する側へ。
本を読む側から、本を書く側へ。
セミナーに参加する側から、セミナーで話す側へ。
教わる側から教える側へ。

この扉をくぐり抜けることで得ることができるものは大きいです。
Aの立場は、より多く、他者へ貢献できる側といえます。

「教えること、提供することが一番の勉強」とよくいわれるとおり、自分の成長にもつながるのです。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


そして、何よりも、Aの立場はおもしろく、Bの立場としても楽しめます。
たとえば、情報発信すると、情報を得るスキルも上がり、楽しみも増えます。
本を書くようになってから、読書がますます楽しくなりました。

プライベートだと、長年の趣味である料理。

料理を作ると、食べるのも楽しくなります。

Aの側、つまり「やる側」を経験すると、闇の部分も見えてきます。
これは、Bの立場の時にも役に立つのです。

最も強烈だったのは「売る側」になったとき

私が経験したB→Aの変化で、最も強烈だったのは、「売る側」になったとき、つまり、独立したときです。
今までは買うだけだったのが、自分に値段をつけて売らなければいけなくなりました。

学ぶことも非常に多く、今でも学び続けています。
売る側を経験することで、買うこともうまくなりました。

自分が売る側をつきつめて考えれば考えるほど、買う側のときにいろいろ見えてくるのです。
売る側が何を考えているか、どのくらいの思い入れで売っているか、本当にいいものを売っているかなどがわかります。


そして、税理士という仕事、サービスを提供するには、この売る側を経験しないと、正直まったく意味がないとさえ感じます。

お客様は、「売る側」をとっくに経験しているわけですからね。
だからこそ、私は税理士独立を目指す方をサポートする仕事やサービス(メルマガ、セミナー、コンサルなど)をやっています。

一般的には、この「売る側」というのは、何も独立・起業しなくても経験できることです。
もちろん営業という仕事はありますが、自分を売る、サービスを作って売る経験だと、勉強会を開く、コンサルをするなど、会社員の立場でできることもあります。
ブログの広告収入でもいいでしょう。給料以外の収入を得ることであれば、なんでもかまいません。
(副業禁止だとNGですが、副業禁止という考え方自体がナンセンスで、今後もなくなっていくと思います)

■スポンサードリンク

ぜひ、売る側、直接お金をいただく側を経験していただきたいものです。
売る側を経験しようと考えると、自ずと売るもの、買っていただくものが必要となります。
必然的に、
・情報を発信する側
・文章を書く側
・人前で話す側
・人に教える側
になっていくはずです。
こういったことを経験したい方は、「売る側」を意識しておくべきでしょう。

ランニングを教える側に挑戦

私は、ここ数年、ブログを継続しつつ、「教える」ことを続け、「教えられること」を増やしてきました。
これも、貢献できるものを増やす、自分を成長させる過程でやっていることです。
今月は、WordPressブログ入門セミナーという新しいセミナーを立ち上げます。

プライベートでは、ランチームを作り、メンバーを集め、立場的には情報提供する側にいます。
先月の湘南でのフルマラソンでは、メンバー全員完走し、次の挑戦も決まりました。
ただ、もっと的確な情報提供ができていれば、もっと楽に完走でき、タイムも上がったのではないかと思うのです。

同時に、私もメンバーに負けないようにタイムをさらにあげたいという気持ちがありますが、最近はタイムも伸び悩んでいます。
マンツーマンレッスンや体のケア、トレーニングを続けつつ、ランニングでも扉をくぐり抜けようと決意したのです。
そこで、2月に、ジョギングインストラクターという講座に参加し、認定を目指します。

教える側をもっとつきつめることで、サポートの幅を広げ、かつ、自分の成長につなげるつもりです。

仕事全般でも、新しい動きをはじめています。
これも1つの扉をくぐり抜けるものです。
未知数の部分も多く、まだマル秘ですが、徐々にブログで書いていきます。

教える側、やる側を経験するのは、本当におすすめです!
「まだまだできない」「いつかは」と考えずに、一歩だけでも踏み出しましょう。

最近の記事で、こういった記事も参考にしていただければ幸いです。
(WordPressセミナーは残席2名となっています)
ブログで読み手から書き手になるー11/30(土)WordPress入門セミナー開催ー | EX-IT

5年で127回セミナーをやってきて感じた「これからセミナーをやる方へ送る15のポイント」 | EX-IT

Excel、IT、税金からマラソンまで。守破離の「守」を教える | EX-IT

極めてなくても自分の体験を伝えることー湘南国際マラソン、デビュー組6名を含むチーム12名で完走ー | EX-IT

はじめて講師を頼まれたら読む本

大谷 由里子 中経出版 2009-09-01
売り上げランキング : 15382





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日は、「世界こどもの日」チャリティランへ参加。
皇居を2周する10kmマラソンです。
ランチームの友人2人と参加し、全員全力疾走、3人とも目標をクリアしました(^_^)
私は自己ベスト、45分41秒。
トライアスロンのラン10kmのベストが46分9秒なので、単体で走るならもうちょっと縮めたいものです。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###