独立後、穴場を見つけるには

  • URLをコピーしました!

「穴場」を見つけるのが好きで、独立後も「穴場」を探し続けています。
自分の活動する場として。

※穴場のカフェ by Leica M10+35mmF2

穴場のメリット

「穴場」が好きです。
穴場とは、あまり知られていないけど、
・おいしい
・すいている
・ゆっくりできる
というようなところ。

混んでいると、ゆっくりできませんし、時間を無駄にします。
穴場ですいているというだけで、メリットです。

そういった穴場を常に探しています。
「穴場っぽいな」と思ったら、試してみる、行ってみることも多いです。

先日も、穴場のカフェを見つけました。
その前の日、日曜日も。
妻と娘も呼び、娘に「こういうところを穴場っていうんだよ」と話しました。
土日は混む場所でしたが、そのカフェはすいていて、私達だけしかいなかったのです。

各所に穴場のカフェを見つけていますし、穴場の飲食店、穴場のサイト、穴場の公園、穴場のプールなどもあります。
今も病院(骨折の診察)にいて、穴場で待っているところです。
すいているので。

こういった穴場を見つけるために工夫していることがあります。

穴場を見つけるには

わかりにくいところを探す

穴場はしられていない、わかりにくいもの。
わかりにくいので、それなりに探さないと見つかりません。
「わかりやすい」ものを探していると、見つからないでしょう。

わかりにくいものでも挑戦するというスタンスも大事です。
リスクを負わないと、穴場は見つかりません。
多くの方が知っていると穴場にはなりませんので。

足で稼ぐ

その穴場を探すには、足で稼ぐことが欠かせません。
ネットや本の情報だけでは穴場は見つからないのです。
穴場は、人に知らせたくないものですから。
まあ、私が発信してもそうそう広まらないでしょうけど。

複数の穴場をみつける

穴場はいつまでも穴場とは限りません。
次第に知られてきて、穴場じゃなくなることもあります。
そのリスクに備えて、複数の穴場をおさえておきたいところです。

 

こういった穴場探しを、独立後のポジションでもやっています。

 

独立後の穴場を見つけるには

独立後も穴場を見つけたいもの。
同業が知らない穴場を見つければ、それが強みになります。
自分自身の強みとともに、ポジショニング(どこにいるか)で勝負するのです。

わかりにくいところを探す

わかりやすい場、多くの方がいる場ではなく、一見わかりにくいところを探さないと穴場は見つかりません。
同業の多くがいる場所は、わかりやすいもの。
そういったところは穴場になりえません。

自分がリスクを負って、先に飛び込むくらいでないと穴場を見つけることはできないでしょう。
二番煎じ、後手となり先行者利益もとれません。

足で稼ぐ

どんなポジション(場)があるか、足で稼ぐ、つまりひたすら研究する必要があります。
徹底した同業研究が欠かせません。
同業がいる場とは違うところが穴場となるものです。

穴場をみつけて、そのポジションをとれるメリットを考えると、穴場探しにそれなりの時間を費やしても損はありません。

複数の穴場をみつける

自分のポジションをずっと穴場にできるとは限りません。
複数の穴場をみつけておきたいものです。
常に穴場を探しているくらいがちょうどいいもの。

そうしているうちに、穴場の嗅覚が研ぎ澄まされていきます。
「これは穴場っぽいな」と。
さらには、「これは穴場だ」と確信を持つこともできるようになります。

穴場をみつけるスキルは、独立後の武器をなりうるものです。
まずは、穴場の◯◯をみつけるクセをつけてみていただければ。

 

 



■編集後記
昨日は、YouTube、週刊メルマガ執筆、本の原稿チェックなど。
YouTubeはまとめ撮りをしました。

1日1新Kindle『1日1新』Instagram『1日1新』
竹芝 珈琲館
Canon Extender RF2x

■娘(5歳)日記→Kindle『娘日記』・ Kindle『娘日記Ⅱ』
ダンス教室で、「◯ちゃんみたいに、終わったら迎えに来てほしい」と。
いつも見学しているのですが(写真撮りつつ)、ひとりで参加して迎えに来てもらうというのがやりたいとのことでした。
そうしてみたのですが、外で普通に待っているだけですし、見学できないし、「うーん」という感じです。
カフェにいて、終わったらそこに来てくれるならいいんですけど。

 

過去記事一覧(直近365)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!