Apple Watch Series 2 &Suicaは便利!JALカードSuica(View)からの移行方法

Apple Watch Series 2は、Suica(交通系ICカード)を登録できます。
時計をタッチして改札を通れますし、買い物もできるので便利です。

IMG 9339
※改札にて iPhone 7 Plus

Suicaは便利だけど、出し入れが不便

いまやSuica(pasumoなど交通系ICカードも含む)は手放せません。
電車に乗るときや買い物が楽ですし、オートチャージにしておけば、残高を気にする必要もなくなります。
(お金の使い道はきちんとチェックしなければいけませんが)

最初は、カード式のSuica。
ガラケー(携帯電話)時代は、モバイルSuica。
iPhoneに変更した後は、再びカード式のSuica(JALカードとSuicaが一緒になったJALカードSuica。マイルもたまりビューポイントもたまります)。
と使ってきました。

Suicaは便利なのですが、モバイルSuicaの場合も、カード式のSuicaでも、めんどくさいのは出し入れ。
まあ、財布を出して、タッチすれば済む話ですが、荷物がある場合には不便です。

いっそ、腕に内蔵できればいいのに・・・と思ってもいました。

そんな中、Apple Watch Series 2で、腕に内蔵とまでいきませんが、時計にSuicaを内蔵できるようになったのです。

Apple Watch Series 2なら、Suicaが楽に!

iPhone 7 Plus(iPhone7)でも、Suicaが使えます。
ただ、出し入れの問題は解決しません。

私は、Apple Watch Series 2で使っています。

このように、かざすだけで改札を通過できるのです。
Apple Watch Series 2を操作することもなく、時計の盤面を下に向けることも必要ありません。
IMG 9348

残念なのは、時計を左手につけること。
改札は、タッチする部分が右側にあります。
Apple Watch Series 2は、右手につけることもできるので試してみましたが、やはりしっくりきません。

※右手につけるときは、Apple Watch Series 2の設定で変更し、表示が上下逆になります。
IMG 9371

ただ、実際は、Apple Watch Series 2を左手につけてタッチしても、それほど気になりませんでした。
盤面を下にむけてタッチしなければいけないのなら、もっと手を伸ばす必要がありますが、左腕を差し出すくらいなら気になりません。
(体がかたい私でも)

Suicaで買い物をするときは、左側に端末があることが多く、左右の問題はどっちもどっちです。

Apple Watch Series 2には、クレジットカードも登録でき、QuickPay加盟店で使えます。
通常のカード払い(端末に通す)だと、使えません。

改札の場合は、エクスプレスカードという設定をしておけば、何も操作しなくてもSuicaを使えますが、買い物の場合は、Apple Watch Series 2のサイドボタンを2回押して、カードを表示させなければいけません。
2枚以上のカードを登録している場合は、iPhoneのApple Watchアプリの[WalletとApplePay]で[メインカード]をよく使うほうに設定しておくと便利です。
私の場合はSuicaが最初に出てくるようにしています。
IMG 9366

コンビニ(ローソン)や自販機では、盤面を下にしないと反応しませんでした。
IMG 9362

JALカードSuicaから、Apple Watch Series 2&Suicaへ移行

私がこれまで使っていたのは、JALカードSuica、ビューカードの一種です。
IMG 9351

Suicaカードなら、iPhone 7 Plus(iPhone5以降)で登録できますが、クレジットカード機能付Suicaは登録できません。

そこで、
・Suicaを新規発行
・これまでのJALカードSuicaの残高を払い戻す
という方法を選びました。

Suicaの新規発行

Suicaの新規発行といっても、駅に行く必要はなく、iPhoneのSuicaアプリで、発行できます。

Suica

無料
(2016.10.26時点)
posted with ポチレバ

IMG 9330
Suicaの登録時に、チャージに使うクレジットカードを登録する必要があり、その際にJALカードSuica(ビューカード)を設定しておきましょう。

このアプリで、オートチャージの設定も可能です。
(Apple Watch Series 2でもオートチャージの設定、残高確認はできます。)
IMG 9337

iPhoneで登録したSuicaをApple Watch Series 2に追加すれば、Apple Watch Series 2でSuicaが使えるようになります。

ただ、注意しなければいけないのは、iPhoneとApple Watch Series 2で同じSuicaは使えないことです。
どちらか1つでしか使えません。

もう1枚Suicaを発行して、iPhoneとApple Watch Series 2の両方にSuicaを入れておくことはできます。
Apple Watch Series 2でSuicaを使うときに電源がない=電池切れだと使えませんので、いざというときに、iPhoneにも登録しておくといいかもしれません。
(なお、Apple Watch Series 2をiPhoneに接続している必要はありません)

JALカードSuicaの払い戻し

JALカードSuica(ビューカード)から、Suicaの残高を、Apple Watch Series 2のSuicaに移行させることはできないようでした。
(カード式Suicaと、モバイルSuicaも同様にできませんでした)

そこで、Suicaの残高は払い戻すことに。

JRの駅にあるViewアレッテで、払い戻しました。
IMG 9355

払い戻すと、Suicaとして使えなくなります。
(カードのほうではもう使わないので私はかまいませんでしたが)
IMG 9357

クレジットカード自体もApple Watch Series 2に登録できますが、前述したとおり、QuickPay対応店(またはID対応店)でしか、カード払いはできません。
IMG 9368

結局は、これまでどおりJALカードSuicaまたはクレジットカードを持ち歩かなければいけないということになります。。。。

ただ、Suica利用時の利便性は間違いなくあがりますので、Apple Watch Series 2、おすすめです。
(Apple Watch Series 2でのSuica利用にはiPhone5以降が必要です)

Apple Watch Series 2はこんな使い道もあります。

【関連記事】Apple Watchで、Mac(Sierra)のロックを一瞬で解除。設定&実証実験。
リンク

【関連記事】GPS搭載!Apple Watch Series 2はランニングウォッチとして使えるか?
リンク


【編集後記】

宮城県女川村のイベントに登壇します。
ランのほうではなく、経理講座の講師として。
(ランも参加しますが)

女川RunRunランサー 健康×学び×食の1泊2日

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

エクセルシオール 東銀座
ApplePay